旅先にて・・・・

早春の下賀茂 その弐

Dsc02322

その壱 で迎えた早春の下賀茂の朝は信じられないくらい暖か

Dsc02360
囲炉裏茶屋ですいとんのサービスがあるというので
貸し切り風呂で朝湯を済ませた後立ち寄った
囲炉裏端でおばあさんがすいとんをよそってくれる
Dsc02361
白菜人参大根。。。やさしい味で胃袋がハッキリと目覚める
いけないぞ!温泉旅館の朝食はそれでなくともすすんでしまうのに・・・

Dsc02365
朝から竈は活躍中
Dsc02373
竈の裏は水路になっていてちょろちょろ流れる水音が朝の空気に
響いて清々しい
Dsc02371
いたるところに配される赤肌の陶器はいったい何個あるんだろう

この下は果実酒のディスプレイの数々の画像
とても素敵な設えだったので参考に・・・

Dsc02325

Dsc02326

階段の踊り場・・・ライトアップされて果実酒の色が綺麗
Dsc02333
道祖神のようにならんだ瓶達
蓋に和紙を巻いてあるけれど、埃除けとプラスチックの蓋をカバーして
統一感が出るので真似したい
Dsc02348
貸し切り風呂に通じる廊下の正面
漬けこんだ実が美しいものはこんな風にライト当てると効果的
Dsc02363
とにかく温泉の湯量が豊富で、
一泊では入りきれないくらい多数のお風呂があって贅沢

久しぶりにのんびりできた
今度は桜の花のさかりに訪ねることができたらいいわね・・・

ま、元気でまた旅行いけるようにお仕事がんばりましょう!!

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早春の下賀茂 その壱

二週間前に訪ねたみなみの桜に前から気になっていたお宿がある
花のおもてなし南楽 というみなみの桜の道の駅のすぐお隣

久しく相方との旅もお預けだったので、なんとか予約が取れたので
一泊ででかけた
桜はもう、葉桜になってしまっていたけれど
「据え膳上げ膳温泉」の三せんが主婦の私には一番の楽しみ

Dsc02354
お宿は外観は近代的なつくりだけれど
一歩、中にはいると、囲炉裏の炭の燃える臭いと
仄暗い黒光りのする構造物でなんだかホッとする

Dsc02319

チェックインのロビーはなく、郷土色あふれる喫茶コーナーで
手続きをする
Dsc02368
おっとおぉ・・・相方の目が果実酒の瓶に・・・
Dsc02370
奥に階段箪笥・・・
今は廃業していまった松崎の大沢温泉ホテルを思いだす
館内をいろいろ散策
Dsc02335先ほど入ってきた入口には温泉が絶え間なく流れる井戸があって
飲泉を味わえるとか・・・ショッパイ・・・
Dsc02336
懐かしい陶製の湯たんぽ・・・

Dsc02338
格子窓の上には何やら古びたお祭りの飾り
村のお庄屋さんみたい・・

Dsc02332
大釜を炊く竈がある   餅花が可愛い

Dsc02327
現役の竈 なんでも温泉を長時間焚いて塩を採るらしい
温泉塩として売店でも売られていた

Dsc02351
松崎の母は岩手の出身なので、こんな雰囲気が大好き
郷土チックなホンワカする設えが好きだから・・・

至るところに時代箪笥が置かれていてそれを見ていても面白い

夕餉は食事処に会してだったのがちょっと残念
囲まれ感が全くないので落ち着かなかった

せめてパーティションなどで仕切ってくれていたらよかったかな

お料理は撮影しなかったけれど
暖かい物は熱々で供されて丁寧なお料理で好感が持てたわ

九時に部屋でマッサージを予約して久々に相方と同時に
温泉マッサージを受ける
ん~ん極楽極楽♪

その弐に続く.。o○

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母子旅@修善寺 二日目

娘に誘われて一泊の修善寺旅行
昨日に引き続き、好天の二日目

今日は、娘の提案で吉奈温泉の東府や リゾート&スパ の
Bakery&Table に美味しいパンを求めて・・・

足湯しながら美味しいカフェメニューをいただける人気スポット
素晴らしい藤棚に花が咲く季節は特におすすめ

Img_bakery01

Img_bakery03Img_bakery02

Dsc01917

あいにく、足湯は満席、オマケにタイツの娘は入湯は無理なので
テラス席で早めのランチ

もう、選びきれない美味そうな大人のパンのオンパレードで
土産にいっぱい買いこんで・・・・・・

Dsc01915

実は、ホテルの朝食をガッツリ頂いたので
あまりお腹も空いていなくて・・・竹炭のサンドイッチを・・・

Dsc01928
腹ごなしにホテルの敷地内を散策

大正館 芳泉で噂のソフトクリームを頂こうと開店を待ち・・・
レトロな趣の和と洋の不思議な雰囲気の館
Dsc01930

Dsc01933
カフェの中はこれまたレトロ・・・

Dsc01935
テーブルも椅子もいろいろな物が・・・
好きな席を選ぶ楽しみ
Dsc01936

Dsc01937

Dsc01938
二階への階段は、予約のゲストしか入れないようで・・・見たかったな・・・

Dsc01939
もと、旅館だった建物をリノベーションしているので
不思議な雰囲気の館内
小窓の目隠しもトワルジョイのカーテンが・・・

Dsc01940
ネオンサイン・・・懐かしくて何だかタイムスリップしたみたい

Dsc01932
これがラングドシャのコーン(というのかな)にミルク濃厚なソフトクリーム
こっくり、甘くておいしゅうございました(ボケボケ画像(^^ゞ)

大正館芳泉の前身だった「芳泉荘」というお宿が
みょうに心に引っかかり、ちょっと調べてみた

かわいい骨董の土産話と芳泉荘についての詳細は後日・・・

早春の伊豆の旅はあっという間の楽しい二日間
娘よ、こんな企画ならいつでも付き合うわよ!

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母子旅@修善寺


娘が職場の福利厚生費の残を使ってご近所トリップに誘ってくれた

とってもいい天気!!
絶対綺麗な景色だろうから、絶対寄ろう!と
伊豆の国パノラマパーク(昔は葛城山ロープウェイという呼び名で馴染んでいた)
自宅を出て、ものの30分でご到着

私は数十年ぶり(最後乗ったのはなんと小学生の頃)
Dsc01870

みかん畑の上を、かなりの急こう配で登ってゆく
冬枯れの木立をかすめるように、いや、引っかかりそうに登ってゆく

Dsc01876
終点は葛城山の頂上
パノラマを冠してるだけに本当にパノラマ!!

駿河湾越しの富士山、かわいい淡島も見えるよぉ

遥か向こうには南アルプス連峰

雲一つない、風もない、絶好のお日和だわ!
Dsc01880
このアングル見たことあるぅ!!
桜咲いたら美しいだろうねぇぇ
Dsc01878

葛城神社に参拝

Dsc01882
下りのロープウェイがこれまたスリル満点!!
「きゃぁきゃぁ」女子2人で盛り上がるポイント!

再び車で、これまた、ものの20分で修善寺温泉に到着
まずは修禅寺(曹洞宗の寺院)で合掌
Dsc01888

Dsc01891
ここ修禅寺の手水は温泉なのよ(湯気が写ってなくて残念)

Dsc01895
本殿屋根の上のお獅子(寺院だから狛犬ではないよね?)が
逆立ちしているようにみえるのよ
前足でガシっと立って尻尾でバランスとってる体操内村さん風?

Dsc01896

温泉地を蕎麦探してぷらぷらぁぁぁ
オフシーズンだからか、目指していた蕎麦屋が二軒とも休業
それでも慌てません
温泉地って蕎麦屋さん多いし、伊豆はワサビの産地だから
絶対、旨い蕎麦屋が一軒くらい開いてるはず

で、、、たどり着いた「独鈷そば 大戸」
調子に乗って、銚子を一本
地の酒のあらばしりを 蕎麦かりんとうポリポリしながらクピクピ.。o○
(運転の娘はお酒はお預け、、、ごめんよ母だけいい気分)

Dsc01897

ほどなく、蕎麦が・・・
生山葵を鮫皮のおろし器でスリスリ

ズズッと美味しい ^^

ホンワカいい気分

Dsc01900

噂の「竹林の小径」
奥に見える丸い竹のベンチに大の字になって寝そべって
撮った一枚

Dsc01902

天窓のように抜ける青空

Dsc01908

桂橋の脇の新井旅館 
横山大観や芥川龍之介の馴染みの老舗旅館
今や、この桂橋を含め、修善寺恋の橋めぐりといって
カップルで橋を渡って散策する企画もあるそうな

Dsc01913

散歩の途中で一息
ビーフシチュウが売りのお店に併設されたタピオカとアイスクリームの
お休み処
山葵ソフトとホットタピオカ
キッチュなお店の雰囲気が可愛かった

Ikumura
最後に蕎麦屋さんで聞き込みした骨董のお店を訪ねることに・・・
歩いて数分の「生村民芸館」にお邪魔して
本当にお手頃の骨董を購入

その詳細は後ほど記そう

早めにホテルにチェックインして早々に岩窟風呂を楽しんだ

近くにこんなに楽しめるところがあるから、ここに住んでいると
「いつでも行ける」って思っちゃって
結局、出不精になってしまうのよね静岡東部は・・・

富士山と伊豆が目と鼻の先なんだもん

元気なうちにいろいろ行きたいなぁぁぁ

Dsc01887

修禅寺の境内に桃色の花・・・
河津桜?枝垂れているから違うかしら?紅梅?

春はもうそこまできている・・・ウララカナ伊豆の旅

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊豆 水生の庄で年明け

               一日前の大晦日は、水生の庄の一室で
            紅白歌合戦を布団の中でごろごろしながら見て

Img_0045               
           伊豆八丈島の麦焼酎を一本空にした私たち・・・
  
                 一夜明けて、2012年の夜明け・・・
                 残念ながら初日の出は雲の中・・・

           今年は、平穏無事に過ごせたら・・・そう思う元旦であった        

Photo_2

                宿を発つ前 新年の縁起飾りの前で・・・・・・
               一泊旅行なので、着物、帯は前日と同じ

              正月恒例の堀一の招福動物の長羽織を・・・
         羽織紐は、銀座アンティークモールで出逢った 古いお多福さん       

Photo_15

             池田重子さんの梅花刺繍のショールとお多福の袋物で
                     一応お目出度尽くしfuji

                来年の元旦は、どこで年越ししているかな・・・・・・
       できるだけ長く、相方と元気で、仲良く、新年を迎えたいと思うのであった

                      にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
                     にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊豆 壬生の庄で年越し

          約一か月の時差で自分の過去にさかのぼっている私の日記

                    日記とはいえないし・・・・・・

                 あぁぁ 覚書としたほうが良いな・・・・・・

            って、ことで、昨年末、恒例の相方と年越し旅情???

                       今年で5年目?・・・

          今年、相方がセレクトしたのは、稲取の山の中腹・・壬生の庄

      ゴルフ場にでも行きつくような山道を上って 宿の他、何もない・・・・・

           眼下に稲取港を見下ろし、相模湾と、下田の爪木崎も下に観る
           露天風呂付の宿にこだわって、今年念願の宿に予約がとれて
                  私より、相方がえらくお楽しみ・・・・・・

              控えの間や衣裳部屋まである贅沢な造り・・・・・
      広々とした月見台や居ながらにして森林浴気分が味わえる緑の庭も・・・・・・

                 ふたりじゃもったいない位で・・・・・

Img_0040Img_0043Img_0050

             東伊豆、稲取の名物、金目鯛の煮付け・・・おいしかった

                      お造りも品良く・・・・・
              他にもいろいろ供されてすべて残さず頂いた
                大晦日なので、〆はにしんの茶蕎麦

              事前予約したエステで年末の疲れをほぐし・・・

               紅白歌合戦を八丈島の焼酎をちびちびしながら見・・・

              非日常の極楽の中、2012年を迎えたわけで・・・・・

           今年は、とても、気が抜けない一年になりそうな気配・・・・・

            ただ、皆が、平々凡々、幸せに暮らせたらと願うばかり・・・

                 さて、この日の着物の覚書・・・・・            

                基本、温泉旅行は着物は避けていたけれど、
            今期、あまりに着物の出番が少ないので、頑張って着物!


Photo_2

Photo

             着物は干支のかわいい動物が染められた小紋
             今年の干支、龍は、この着物はタツノオトシゴ!

             帯は、野庵 の メンバーさんのキモノけもの道の月夜さんから
             お譲り頂いた、龍と鼓の帯note

             大好きな色合いのお気に入り
            画像ではわかりにくいが、龍の鱗や鼓の紐に刺繍を施してあったり

           雲竜の柄を苔色の匹田絞りで表したりと・・・凝った帯なのだ             

Oto_02

Img_0033            
           お正月らしく、目出度尽くしで、半衿も「福ちゃん」に・・・
           京都、縄手通りの今昔西村さんで求めた古裂地なのだ

                      帯留は、彫金の龍
            昔、池田重子先生の目黒のお店で見つけたもの
          刀の小柄のような雄姿あふれる龍が彫られているもの・・・

              帯締めは得意技の二分紐の二重使い
                   山吹色と紫のものを使った

Img_0036           
       今年も、五十肩に負けずに、着物着ようと決意する年頭であったfuji

                     にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
                    にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都 西陣を訪ねて・・・お買いもの♪

              一泊二日の京都旅行・・・駆け足の最終行程
          帰りの新幹線の時間までのわずかな時間を使って買い物へ・・・

           錦市場の中ほどで一時解散して各自目的の場所へ・・・

           ひとつだけ購入の予定のある私は目的を果たすべく
           二、三本通りを上がった三条に向かって歩くことに・・・

           「何を買うの?」と聞かれ・・・「防虫香を買い替えに・・・」と
           答えると、なぜか、ぞろりぞろりと私についてくる方々・・・

            にほい袋のイメージしかなかったようで、、部屋香や
            衣装の虫除けもあるのだと説明したら皆、興味津々・・・

                   目的の 石黒香舗へ・・・・・

              わたしの愛用の防虫香を、皆さんツラレテご購入・・・

             道すがらようじや三条店で、季節限定の柚子リップと
             ハンドクリームを土産に購入・・・
             民家の庭先で手作りの帯地バッグを販売している露店で
             一同おススメのバッグを購入(¥3,000)

         にぎやかな通りは町屋をうまく使ったいい感じのお店も増え・・・        

Img_0331
          お店で使う食材を、八百屋さんのように並べてディスプレイ
        個人旅行ならちょっと寄ってもみるんだけど。。。何せ時間が・・sweat01

Img_0333
             写真を撮らせていただき、大急ぎで集合場所に移動
           目前の懐石 近又でちりめん山椒を・・・(これが旨いのよ)
            買い物の目標物は、とりあえずおさえたので満足smile

Img_0335
            駆け足の京都一泊二日は内容の濃いものだった
            個人的には、もっと行きたいところもあったが
             逆に、個人では体験できないことも味あわせていただき
             企画、案内いただいた呉服店の若女将さんには感謝感謝
             ご一緒いただいたお仲間さん達にも感謝!!

             楽しかった~

             で、、、次の休日、早速、防虫香の交換を・・・・
             色薄紙に包まれたのが防虫香として販売しているもので
             そのまま箪笥に入れることができて便利・・・・・・

           10個入りの袋を3セット購入、、こちらは紬系や襦袢、小物に       

Img_0337

             
  Img_0336
               こちらはグラム売りのちょっと上等な香
                 端切れで作った布袋に詰める

          古くなった香をほじくり出して、新しいものを詰める作業は
               ほのかに甘い香に包まれて楽しい作業
          取り出した古い香は、上の画像の桃色のサシェに詰めたり、
      壺に直接入れて、玄関の隅に忍ばせておくと残り香がちょうどいい感じ

           いよいよ香がなくなったら、庭に撒いてお役目ご苦労・・となる
   
                        これで安心・・・・・・

          京都から帰ると、女子力がほんの少し上がるものよ
        物腰がゆったりになり、古いものを愛でる気持ちも強くなる

               また、紅葉の京都、相方と訪ねたいと思う         

                       にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
                      にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都 西陣を訪ねて・・・紅葉燃ゆる延暦寺

               またまた、日記さぼってしまったcoldsweats01
               去年の晩秋のことなのに・・・
              でも、貴重な経験だったから、記しておこう・・・
               
          京都旅行の2日目、いよいよ初めての比叡山に向かう
         九十九折の山道、、、ここはもう延暦寺の中なのだとか・・・

          やはり、標高が高い分、気温も低く、寒い・・・snow

    京都の紅葉は、ピンクに見えると聞いてきたがほんとうにそう見える・・・・・

          美しい紅葉の中に厳かに寺社の荘厳な屋根の重さが
           一層重厚に浮かび上がって威圧感すら感じる    
 Img_0288 

Img_0284

Img_0282


         今回は、ガイド役をしてくださった方が、重兵衛先生のお知り合いで
         なんでも、かなり偉い方のようで、すれ違う比叡山関係者の方は
                 皆さん、その方にあいさつをされる・・・・・・

           そんな方の計らいで、一般参詣の方は入場できない
             「大書院」という建物の中を案内してくださった

              ↓ ここが「大書院」の入り口Img_0291
              ↓広い月見台を配した硝子戸に囲まれた部屋              Img_0295

Img_0283

             ↓歪みのある、手吹き硝子の大きな硝子戸
               沼津の御用邸の硝子戸もこれと同じだったな・・・ Img_0293_2       
       皇族の方がお見えになるときにお使いになるという素晴らしい建物
           手入れの行き届いた庭の先には琵琶湖が横たわる

Img_0317

                Img_0315
 
          釘隠しやふすまの取っ手一つにも細かな仕事が施されて
                Img_0304

              ↓ 電球の傘も一部屋づつ違うデザイン・・・
                 ノスタルジックなデザインで見ていて飽きない          

         Img_0301 Img_0311

        ↓計算しつくされ、切り取られた外の景色が屏風のような窓
          天然光の差し込むこの窓辺は、化粧するのに最適なのだとか・・・
          だから出窓のように板が張られている、しかも長~い一枚板
          本当に煌びやかではないが、随所に日本建築の贅を尽くした館              
            家を建て直す資金(宝くじ狙い)があれば、
           こんな設えを真似してみたい・・・ぜったい!!

Img_0305

           丁寧な館内の説明をありがとうございました
          貴重な体験をした一行は、玄関前で記念写真

         左から4人目が私・・・
         旅先故、着回しで昨日と同じ重兵衛先生の着物と帯に
         斉藤上太郎氏の小紋着尺で仕立てた長羽織
         これ以上季節が進んでいたら襟巻+手袋+ショールを加えなくては
         この日は、小春日和でほんとうよかったhappy01


Photo 
           ちょっとした距離を歩いておなかもすいた・・・
           比叡会館で予約してくださった精進料理をいただく

              旅の楽しみは食!これに冷酒いただいちゃったbottle
                  湯豆腐の温かさが身に沁みるぅぅぅ
           一度干した大根をまた戻してから煮付けた吹き寄せにの
           滋味深い味わいに感心しつつ。。。おいしくいただいた昼膳

Img_0329         
      これから京都の街に戻って新幹線の出発までの数時間で買い物を・・・・・・
                    急ぎ足の一泊二日・・・・・・
               さぁぁぁ有効に時間を使わなくちゃ!!     

                     にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
                    にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都西陣を訪ねて・・・ヴァイオリンとピアノと美味しい夕餉

                  新しい年を迎え
      今年一年が佳い年でありますように
         心からお祈り申し上げます

            今年も、着物、旨いもの、時々ガーデニング・・・
       日常の些細なこと、うれしいこと、悲しいこと、辛かったこと、、、
         そう、いつもの自分でいられることの喜びを感じながら、
              つらつらと、綴っていきたいと思います

       
         と、年頭のご挨拶の後になんですが・・・私ったら・・・ 

          庭造りに没頭するあまり、更新をさぼってばかり・・・

         手はぼろぼろ・・・・・腰痛悪化・・・でも・・・楽しい・・・
             

                     んなわけで・・・・

             晩秋のsweat01京都旅行の夕食の記録をせぬまま・・・・・・

              天神市をほんのちょっと楽しんだあと。。
             ホテルに帰って、ちょっとだけお召替え・・・

             澤屋重兵衛先生の計らいで、話題のお店へ・・・

         しかも、ヴァイオリンとピアノの生演奏を間近で楽しみながら
            上京区北之御門町にある  多伽羅 にて、
             ネオジャパネスクのおいしい夕餉に舌鼓・・・          

Img_0271

        薬科大の教授であらせられ、趣味でヴァイオリンを奏でてらっしゃる
        重兵衛先生のお知り合いの方のヴァイオリン演奏に夢心地・・・
        うら若き美しいピアニストとのコラボで素敵な夜の調べ・・・

                語りますわよ~ヴァイオリンの音色は。。。。。
               女心をくすぐる調べにうっとり。。。。。heart04notes   

            お料理も嗜好を凝らした初めて味わう味覚もあり・・・

             いきなりデミタスカップ登場で(え?エスプレッソ?)
              かと思いきや。。。数種のきのこと出汁のスープ
               ショッパナからやられたわぁぁぁ・・・
                  サービスのテンポもよく、
           次々に美しいあしらいと味わいの一品一品に酔い・・・   

    Img_0261Img_0266     Img_0262       Img_0272

Img_0264

Img_0267

Img_0270      
          〆のご飯に、ノックアウトhappy02
           白い陶器の重ねにご飯と牛のタタキが盛られて登場
           Img_0273

Img_0275

    デザートまで、食感や薫りの変化を楽しみつつ味わえた美味しい夕餉だったnote

Img_0277

          朝、5時起きして着込んだ着物もなんとか持ちこたえてくれた・・・
          ディナーの時は、帯留をはんなり女っぷりあげるものに替え
          バッグはお宝のルル・ギネス
          ショールは秘密の池田重子さんの梅の刺繍ショールでおめかし
          ルル・ギネスのバッグの刺繍細工とショールの刺繍が
           ちょうどいい感じにリンクしてると思い、、、、、
               

Photo

        紅葉ピーク時でホテルも新幹線も手配にご苦労されたそうで・・・
               そんな中、無事京都東急ホテルに宿泊・・・
               二日目は、初めての比叡山延暦寺に・・・・
             天気は上々の予報。。。山の上だから寒いだろうなsnow
           

                      にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
                     にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都 西陣を訪ねて・・・  天神市にのりこむ!!

            呉服店の着物好き仲間さん達との京都一泊旅行・・・
                      大傳月軒で極上ランチをいただいき
              西陣の澤屋重兵衛先生の工房にお邪魔し・・・

                短い晩秋の陽が西に傾こうとする頃、
                観光一か所目の北野天満宮に・・・
                今日は、奇しくも、月に一度の天神市

             2007年の春、相方とそぞろ歩きし、参道脇の店で
              湯豆腐懐石をいただき、冷酒に酔った以来の天神市

             本当は、骨董のブースをゆっくり見たかったけれど、
             なんと、もう日没間近で店じまい・・・・・sweat02

              日常使いの小皿なんぞを求めようと楽しみにしていたが・・・
              またのお楽しみになってしまった

              お参りをして、記念写真を撮って、あわただしく集合場所に・・・

         

Photo_2

            澤屋重兵衛先生も、駆けつけてくださり、記念写真!!

           私、道行というものを持っていない・・というかあまり好きでなく
                    それなら羽織がいい・・・
                だが、晩秋の京都はえらく寒いと聞き
           この日は灯屋2さんでいただいた カシミールのコートを登板

Photo_6

Photo_3

                 ふんわり軽い着心地、温かいspa
                   裏のベイズリー柄も好き・・・

            これで、襟元にファーがあれば、真冬でもOKだな・・・
                
                 天神さんからタクシーでホテルへ・・・
           ちょっと化粧直しをして、これからお楽しみのディナーrestaurant

                  その様子は、また後日・・・・

                       にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
                      にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)