ごちそうさんのお着物記録

晴れ姿で最終回!

              ごちそうさんの放送も終了して一か月が過ぎ、
              もうそろそろ「花子とアン」のお着物記録に本腰を
                  入れなければと思い、最終回として
              通天閣とめ以子の晴れの日の晴れ着を記して
              「ごちそうさんのお着物記録」は終了しようと思う

Ws0000331

             本来、花嫁衣装を着るはずの希子の粋な計らいで
            この黒引きをめ以子が着ることになるとは誰も知らず・・・          

Ws000028

            ぞろぞろとお出ましになる西門家の親類縁者の皆さまの
                   第一礼装の留袖がいっぱい・・・
 Ws000030                
              希子の新妻らしい桃色の付け下げも帯も
            とっても可愛らしいので、回りの黒留めの方々の威厳が
                なおさらご立派で・・・・・・・恐ろしや恐ろしや・・・・      

Ws000032_2
                   そこに登場のお二人
          障子のかもいに頭が当たりそうで実際ハラハラ・・・・・・
       め以子役の杏さんは長身でこの黒引きは現代物のお誂えだそうで・・     

Ws000031

                  凛々しいご挨拶に感動!!             

Ws0000311

             花嫁さんの帯回り。。いろいろくっ付けてますなぁ・・・
                筥迫に懐刀。。あ、あと末広がりもね
              丸くけの帯締めに抱え帯・・・
             筥迫や、抱え帯は娘の為に用意したっけ・・・

                まだ嫁にはいってないけどね・・・             

Br
                 数年前の初詣の振り袖姿・・・・
                橘の織の抱え帯を偶然見つけて
               レトロ風に着付けてみたっけなぁぁ
             帯締めも丸くけで・・・この振袖にフキ綿して
               結婚式に着させても良いと思っていたが
                  まだ、嫁に行く気配もない・・・・・

Photo
              オークションで見つけたアンティークの筥迫セット
          きれいな透かしが入った針も付いている本格的なものだった

Photo_2
                    これは現代物の筥迫・・・
              十三参りか、大人用か、、、七五三のものとは違う             

Ws000033_2

             文金高島田ってこうなってるのか・・・の画像
            角隠しの後ろ側、日本髪の鬢のところにこんな紅白の水引
              ついてるんだねぇぇぇ・・・・・知らなかった
          元は髷を結んだ鹿子の余りの部分が垂れ下がっているものを
            水引で装飾的にしたみたいなのよね・・・不確かだけど・・・

            こうして、、本編の感動的な出来事とはまったく関係なく
            ただただお着物のことばかりを脈絡なく綴ってきた
              「ごちそうさんのお着物記録」の終焉とする

             また、思い返して見ることがあったらめ以子のように
             食べることを大事にそれで人と繋がっていくめ以子の
                食への姿勢を考えさせられるんだろうな

               手抜き主婦の私には見習うところ多いにあり
               丁寧に食さねば、、、丁寧に生きねば、、、、、

                         にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
                        にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

襷掛けできる?

                         襷掛け・・・・・・
                   今じゃトンと見かけなくなった
             最近じゃ書道のパフォーマンスなんかで見かけたかな
            あぁ、駅伝のバトン代わりに渡す襷ではないのよ
             (襷がけをご存じないお若い方に一応お断りして)

Tamotokuripu  
              その代りをするのが↑ 袂クリップなるもの
               旅館の仲居さんや、和食処のお給仕の方が
              スマートにおしゃれに付けてるのを見かける

                  でも、、、襷、、、かっこいいのよね
                   特に、それを掛ける時の所作が
                    襷の片方をキュッと口に咥えて
         シュシュッ衣擦れの音させて肩から背中に回して反対側の腋窩で
                   片結びに結ぶ所作が・・・・・かっけぇぇぇ

                   かく云う私も一瞬??????
             襷がスパイダーマンの蜘蛛の糸みたいにぐちゃぐちゃ
                 あれ。。。どうだっけ?ってことになる
           そういう時は最初にバッテンにしてリュックのように背負って
             袖をひっかけなおす・・・・でも、かっこよくない・・・・・・

                        あぁぁぁ脱線

                で、、め以子の襷姿をいくつか・・・・・・
             お料理シーンでは必ず襷掛けしてたから・・・

Meiko5_2                                   
                        昔の女性はそんなにおしゃれに選択肢なかったからね
           前掛けと襷のコーデ・・・・・なんて、考えてはいないか??

Meiko33

                 赤い着物に紅白模様の襷・・・・
                 よく見たら上の襷と同じよね・・・                                                 Oyako4           
                 お母さんは黄八丈のような普段着
           め以子は紺地の小紋に稚児さんの着物の解きのような
                  半巾帯で前掛けも襷も赤・・・・・・
          曳けて痛んでしまった着物を解いてリサイクルしたんだろうな
            め以子の前掛けはお母さんの娘の頃の襦袢だったりして

Oyako1

                 お母さんの前掛けは上と同じ
         め以子は赤のチェックの普段着に上とは違う赤い前掛け
             襷は花模様かな?なんか、、、真似したくなる
        でも、、、昔の女性は着物で家事全般こなしてたんだからすごい
      

Osen
                あっと、、、これはめ以子じゃあないよ
              前に放送されたおせんのおせんちゃん・・・・・
               紫に大きな花の模様の生地で作った襷がかわいい
                レモン色の縞の木綿着物にクローバーの帯
           たしか、これ、両方とも居内商店の衣装協力だったような・・・
                 ちなみにこのクローバー帯、娘に買った
              娘が着ないから私が黒のデニム着物に合わせて〆た
           そしたら、、、生成り色の帯の端や内側が擦れて黒くなった
                薄汚れたようになって、結局箪笥で永眠中
             解いて再利用しようかと思っていたが、、、永眠中.。o○  

       たまにはめ以子やおせんのように襷掛けて、てきぱきと動いてみようか?
           割烹着とはまた違ったかわいらしさ、出せるかしら???  
       

                       にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
                      にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悠太郎のとんだ土産・・・

                    最終話で印象に残った事
            
                  ①源ちゃんのさりげない求婚Ws000004_edited4 
                    「だって、ほら私太ってないし・・・・」
          あ・・そうか、源ちゃんはフクヨかなぽっちゃりさんが好きだもんね
         Ws000005_edited3              
               ②すごく小奇麗で若い悠太郎の復員の姿

Ws000008_edited1

         ③丸焼きになるべく連れてこられた子豚ちゃんのかわいいこと

Ws000007_edited2
          再会の抱擁のスキに逃げ出した子豚ちゃんの行く末・・・

Pig               
                主婦の鏡、良妻賢母のめ以子を見習って
                できるだけ、面倒な事でも文句を言わず
                愛情もって家事に勤しむこと・・・・・・・
                     (時には手抜きも必要)
             食すこと、住むこと、嗜むこと、楽しみながら
               味わいながら日々を過ごそうと思う

           あ、、、っと、まとめのようなこと書いてしまったが、
           もう少し「ごちそうさん」の忘備録かきたいのよね・・・

                       にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
                      にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どこかで見たような・・・

Ws000027

          め以子が和枝姉さんを訪ねるシーンで着用のお着物・・・
             優しい榛色(ハシバミイロ)に四君子の小紋

               どこかで見たようなきがするのよね・・・

         きものヤマトさんが数年前に企画した寺島しのぶさんプロディースの
         「はなしのぶ」のシリーズの中にこれとよく似た一枚があったような

                    当時、着物駆け出しの私・・・
             薦められて「はなしのぶ」から一枚購入したのだが
                    ここのところ着る機会がない             

123_2
               もう3年くらい前になるか・・・ お正月の集まりで着たっけ
                この着物が「はなしのぶ」の付け下げ小紋
                 羽織は堀一商店の招福動物の長羽織
                   今年の正月にも〆た玩具の織帯

              ホワンとした優しい色味が多かったシリーズだったな

                これも矢羽根に竹、牡丹、梅などの模様
                        なつかしいな・・・・・
                      着たいな・・・着物・・・・・・

                          にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
                         にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ごちそうさん 夏着物パレード

                本放送が終了しても、まだ完結しない忘備録・・・
                保存した画像の多さにどう記録して良いやら
               大好きな赤毛のアンの翻訳者、村岡花子さんの生涯を
                描いた「花子とアン」も始まっちゃってるし
        こちらもまた大変美しいアンティーク着物が多数登場の予感がするので
               ごちそうさんのお着物記録は少しまとめ気味にしよう

                  私は夏着物の意匠が大好きで
              おデブってしまって、更年期で、大汗かきになり
             その大好きな夏着物を容易に着ることができなくなり
                 でも、やっぱり夏着物の軽快で洒脱で
                 ちょっと色っぽい透け感が大好きだから
                ごちそうさんの夏着物のオンパレードを・・・
                 決してヤケをおこした訳ではないのよsweat01

Ws0000001_2

                      洋風の柄のお着物
               サーモンピンクが顔色を良く見せてるわ

Ws000025                      こちらもかなり壺な一枚
                琉球風の模様がとんだ大胆チェックなお着物
                 め以子役の杏さんは高身長だからお似合い
                 半衿も薄っすら緑かかっているような・・・
                   草原の風を感じる素敵なお着物

Ws000015              
                         薄物の一枚
                現代でも良くみかける柳か?萩か?
                市松取りの藤色の濃淡がさわやか
                  博多?の帯の織柄が斬新         

Ws000019

            朝顔かな?良く見えないけれど蔓性の植物のよう
             主張し過ぎない若奥様の装いって感じ        

Ws000013

              上のお着物にちょっと色目が似ているかな?
                 光琳菊にホンのちょっと色目を足した
                  さわやかだけど可愛らしい一枚
                もうちょっと若かったら私も欲しくなっちゃうな
                                   Ws000000
            年齢的に私にも大丈夫そうな夏着物はこれ・・・
       井桁模様と流水模様を組み合わせた琉球かすりのようだけど・・・
                  今じゃ高級品で手が出ないわ

Ws000001

                  麻か羅の帯、アケビの蔓の籠・・・・
            今にタイムジャンプしても大丈夫なくらいおしゃれなコーデ
            それにしても、め以子の回りにはいつも人が大勢なのね・・・

                       にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
                      にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

め以子の楓の着物・・・壺だわ・・・

                 はい、放送とは無関係に忘備録は続く・・・・・

           お嫁入り前のめ以子の家着に私の壺なお着物が・・・

                    夏物か?単の着物かもしれない
                  なぜって・・・・・青紅葉の文様だから
          最初は八手?かと思わせるくらい大胆に大きな葉が一面に・・・

          八手じゃないことはすぐ判明・・・だって、葉の切込みの数違う              

Maiko29    
                 さっぱりとした涼しげな着物だけど
               なんのどうして!けっこう凝ったお着物だ!
         

Maiko30
              緑の葉の陰になって結城の亀甲文様のような
                もう一色のシルエット楓が描かれている=壺⒈

Maiko17
             それに それに・・・緑の楓をよ~く見ると・・・!!!
                   楓がチェックになってるぅぅぅ=壺⒉

              すごく懐かしいようですごく新鮮なのが不思議

         井桁模様の半巾帯だけど、どど~んと「田」の字に見えるのは
                       私だけ???

                        にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
                       にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

め以子の着物と私のそろばん縮み

                だいぶ前の放送のめ以子のお着物
             これ、お嫁入りした後だっけかな?ってくらい
                 忘備録はさかのぼるのである

Meiko5
                 前掛けに襷がけの普段着着物・・・・

Meiko6
                    半巾を貝ノ口にキュッと〆て
           キュートな黄色(クチナシ色)が元気なめ以子にお似合い

Meiko7
             菊のようにも見えるけど、、、いちおう唐草紋かな?
               柄の感じがポワッとピンぼけたような感じで
              (あら、この柄感・・・あれに似てる)と思ったのだ
                           ↓
                           ↓

Photo
                         結城の縮み
                    名付けて「そろばん縮み」
                   色はこちらの方が濃いけれど
             柄の色目とボヤケタ感じが良く似てると思うのだが・・・
                  きものやまとで購入したものだったな・・・
        

Img_2394
                   二度ほど袖を通したけれど
               膨張色 + シャキシャキし過ぎた生地で
            超の付くおデブになった私は怖くて着られなくなった
                      本当は好きなんだよ・・・
                もっと着込んで、洗い張りなど繰り返して
                   シナヤカナ縮みにしたかった・・・
           でも、あきらめない!これじゃまだまだ年くっても着られるだろう
                     痩せて着てやる!絶対!!

          参考までに(五月の終わり、袷の着納めの頃だったような??)
              半衿・・・京都の古物屋さんで買った端切れ
              帯揚げ・・板目暈し(この帯に合わせて選んでいただいた)
              帯留・・・・珊瑚の紫陽花(アンティーク)
              帯・・・・・浮世絵の大首絵のような素描きの帯
                   太鼓はなんと弥次喜多

                   

Img_2395
               ほら、ゴソゴソ生地が固く馴染んでいないので
                 衣文が抜けてない!詰まってるよぉぉぉ
             (生地のせいにしてる自分・・・本当は私の着方が悪いの)

                        にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
                       にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和枝姉さんの葵の羽織

                     何度も言い訳するけれど・・・・・
                 本放送はハッピーエンドで終了したが
               マイペースの私の忘備録はもうちょっと続く・・・
                で・・・久々に登場の和枝姉さんの装い・・・・・
                    イケずも相変わらずで・・・・・             

Ws000000_edited4
                暗い場面設定で良く見えないのだが.。o○
              本日は芭蕉の葉のような暈し柄のお着物に
                    葵文様の羽織をお召で・・・・
                   ワニ革のバッグは相当懐かしい
                       なんだか、昔、昔
       樟脳の匂いがいっぱいの母の洋服ダンスの片隅で見たような・・・
         大人の洋服ダンスは、子供にとっちゃ禁断の領域のような昔々
          きつい防虫香と仄暗い空間に、一張羅が木のハンガーにかかって
           こういう高級な部類のバッグなどはタンスの隅の奥の方に
           およそ陽の目を浴びない隠居生活をしていたわけで・・・

Ws000002_edited3

                   葵の文様は徳川家の紋でもある
                 京都賀茂神社の神紋でもあるそうで
                 長く茎を伸ばし、葉を付けることから
              子々孫々の繁栄を意味しての吉祥紋だそう・・・

Photo     
                      葵ってわさびに似てない?
                と、思ったら、わさびって山に葵で山葵だもんね・・
                      似てるはずだわ.。o○
                 今、ちょうど山葵の新芽の時期よね
                三杯酢漬けや塩漬けが美味しいのよね(脱線)
             
              ごちそうさんの小道具もヴィンテージ感あって
                 時々そんな視点からも見てしまっていた
             竹元先生の友人がもってきたカレー粉が入った瓶
              

Ws000003_edited3
                    このガラス瓶・・・・・装飾がきれい 
                      探せば結構あるかも・・・・・(脱線)
                              

                          にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
                         にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜子帰還!さすがの桜色着物!

                   ハッピーエンドの最終回を迎え
              新ドラマ、花子とアンもすっごく楽しみなのである・・・

               もちろん、花子とアンも素敵なアンティーク着物が
               たくさん見られるようなので、同じように忘備録を作ろう
            で、、、まだ、ごちそうさんの文章に起していない忘備録を
                     もう少し整理していこうとおもう
                 
              帰還した桜子の可愛らしい装いについて・・・               

Ws000002_edited2            
           お年はめ以子と同級生なのだから50は過ぎているだろう
                しかし、桜色の小紋・・・薔薇柄の羽織である
                ま、お似合いだから許されるけど・・・

Ws000004_edited3
                  半衿だってはんなり薄紅色・・・

Ws000003_edited2

Ws000005_edited2  
                 で、馬助でのエプロン姿が復活!!
               このサロンエプロンかわいいよねぇぇぇ
              この、セットのパリブルーがすごくいいよね(脱線)
            

Ws000006
                  で、こんなショットも見逃しませんよ
              帯・・・対い鶴のようだと思ったけれど違うなあ・・・
                  ま、吉祥柄に違いないようだけれど・・・

Photo

Ws000007_edited1
                    この華奢さ・・・可憐だわね・・・
                     末永く室井さんと仲良くね!

                        にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
                       にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お静さんのはんなりお着物

                本放送はハッピーエンドでめでたしめでたし・・・
             だけど、ドラマ進行とは全くお構いなしの忘備録は続く・・・

                      今回はお静さん
               お静さんのお着物は芸妓さんだけあって
                 正統派の上品なものが多い気がする

              演じる宮崎さんの丸い可愛らしい顔立ちに
                    似合うような淡い色目が多い

         ↓以下はNHK「ごちそうさん」公式サイトのコーナーから画像を拝借

Sizu1_2                
               ここに登場する三味線の抱え袋が妙に気になって
               たぶん、着物からの仕立て直しだと思うけど・・・・
          夏のシーンだったから、水連のような、ナスタチゥムのような
                    その柄がすごく印象的だった

            紫織庵の浴衣にポピー夏花っていう生地があるけど
                       ちょっと似てるかも・・・

Siorian

Sizu2              
               戦後の静さんは着物より洋服が多い
            蔵座敷に出るときはさすがビシッとお着物で
             その所作もお座敷で鍛えた優雅な物腰・・・
             もう一度、芸妓姿のお静さんみたかったなぁぁ・・・

                      にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
                     にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)