古き良きものたち

パーフェクションストーブの終い支度

Led3
100年以上お歳を重ねたパーフェクションストーブ
敬意を表して「レディー」と名付けた貴婦人も
シーズンのお仕事を終えられ、休息の時がやってきた

Led2
残りの灯油を燃やしきる為に
ちょっとひんやりする夜を選んで焚いている

Led1
灯油を使い切ったら、芯を掃除して
錆びないように乾拭きで汚れを落として・・・

ホヤを外したいのだけれど 安易に外せない構造で悩んでいる
そして、芯交換をしたいのだけれど
なにせご老体ゆえに、替え芯が貴重な品
購入先のプロの手を借りて・・・と思っているのだが
体調を崩されていて依頼の連絡がつかない

困ったなぁぁぁ
芯の古い部分をチョビチョビ削って誤魔化してきたけれど
もうその手も限界・・・

このまま退役はしてほしくないので、根気良く
メンテナンスを手探りでするつもり・・・

とりあえず・・・今季はお疲れ様でした!!

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと古いル・クルーゼのセット

Photo
ストウブではないけれど、古い鍋も好きで
アンテナに引っかかる事しばしば・・・

昨年だったかな・・・
海外オークションサイトでみつけたル・クルーゼ
少し古い時代のものだけれどとっても状態が良く(画像ではそう見えた)

Photo_2
木製のラックは未使用のように美しく
プレートも錆もなく美しく・・・

Photo_3
今では見かけなくなったホワイトで・・・

_57
木製ハンドルという(しかも、ハンドルも焦げ跡もなく)
こんな状態の良いル・クルーゼのヴィンテージには出逢わないだろうと
それでも、かなり良心的なお値段で落札できた
国内のお店で見かけると単品でもかなりの高額のようで・・・・

Dsc02096
はるばるイギリスからやってきたこの子達
梱包を解くと・・・一番頻度の高い20センチくらいの鍋の側面に傷が!
外側だけならまだしも、中までいっちゃってる深い割れ

がーん  である
サイト側にクレームしたら「輸送途中のアクシデント」という説明
出品者側の出荷時にはなかった傷と確認した
五分の一の落札価格を返金するか(鍋が五個だから五分の一とは・・・)
全部をキャンセルするか・・・の二択を提案され
まぁ、、、この一つだけだから・・・ってことで
我が家の台所の仲間になった
安全の為、この子は使わない、使えないけれど・・・
Lucu
場所とるのでね・・・
むりやり二段分の特等席を作りましたとも・・・
めったに実用に使わず、ディスプレイのような存在になりつつも
時々はピンチヒッター(鍋がふさがってしまった時だけ)登板する
大事にしたい私の台所の宝物・・・

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベルギーからやってきた矢車草のプレート

Yagurumasou1
ベルギー在住の日本の方のアンティークショップで以前に購入したスープ皿
1920~40年頃のフランス・リュネビル窯のものだそう

Yagurumasou3
矢車草が描かれた可憐なお皿はスープ皿6枚と
コンポティエを一緒にお譲りいただいた

Yagurumasou5
和食が多い・・・洋食系のおかずも和皿に盛ることが多い我が家で
なかなか出番がないのだけれど
こう季節が春めいてくると
食卓にも華やぎが欲しくなるってもんで・・・

Yagurumasou6
休日だけれど、相方も息子も仕事
娘は友人と出かけて オカンの一人のランチsweat02

Dsc02377
冷凍のボロネーゼをチンして食すことにした
そうだ、、こんな手抜きの時こそお皿をドレスアップして・・・

Dsc02376
もちろん、アンティークは電子レンジは厳禁
別皿でチンしてよそいなおして

あ。。。奥に写っちゃったのはチーズトースト
5枚切りの食パンが一枚だけ残ったから
自家製トマトの燻製 と とろけるチーズをのせて焼いた
午前中、陽気に誘われて外でいろいろ遊んでいたから
お腹ペコペコで・・・ちょい足し(ちょいではないか・・・)

休日の一人ランチ=野菜っ気ゼロで・・・(反省)

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピアノブラックなメトロノーム

Fr015485_1
東京の碑文谷のアンティークショップで出逢った
ピアノのように艶やかな黒いメトロノーム

Fr015485_4
メタルのプレートも古びていい味

我が家にはピアノはないけれど・・・
♪カチッカチってリズムを刻む音が好き

Photo_4
このメトロノーム
この鉤型のストッパーをはずすと
振り子が動き出して、今も正確にリズムを刻む
Photo_3
巻きあげたネジが切れると止まっちゃうみたい
なんともアナログで優雅な時間を刻む・・・

Photo_2

シュッとスタイルの良い修道女みたい・・・

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニューヨークチックなアンティークスケール

Ws0000051
ずいぶん前に、ニューヨーク発の古物や現代物の素敵な
インテリアの提案をしてくださるサイトから購入したアンティークの天秤

Ws0000041
黒い鉄製のフレームに真鍮の皿が左右にのった男気溢れるお姿に
一目惚れしてお迎えしたものだが・・・・・・

Ws0000021
いえいえ、どうして、なかなかの繊細な景色にあらためて惚れ惚れするのである

Ws0000031
5kgまで計量可能らしい

Ws0000011

ブレスの皿も微妙に大きさや深さが違っていて黒いフレームとの対比が
面白いのよね
Dsc01335

ブタペストのドナウ川にかかる自由橋のようなフォルム
Dsc01333
和の古ダンスとも仲良くしてくれている
ブレスの皿に、時折、花を活けたり、季節の果汁を盛ったり・・・

何をしても受け止めてくれる
やっぱり「男気」あふれる包容力のある秤なのだ

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

古箪笥に柏葉紫陽花がお似合い

Photo
薄暗い我が家のリビング
夏仕様に配置換えをした
位置換えといっても、庄内箪笥を部屋のウォーカルポイントにすべく
部屋の隅から中央に移動しただけなんだけどね・・・

Photo_2
ここに夏らしい設えをする
庭から最後の柏葉紫陽花を思い切ってカットして活けた
今年は良く花をつけてくれた

Photo_3
コントラスト変えてみたらこんなに白飛びしちゃった

Photo_4
白くてフワッとして・・・

儚い花・・・・ほんの十数時間の楽しみ

来年もまた咲いてね・・・・・・

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ささやかな心がけ@トト姉ちゃんの台所

1
毎朝見ている朝ドラ・・・
「トト姉ちゃん」の台所が気になる

上はオープニングテーマの台所
下は俯瞰の画像
細かいところをみていると懐かしさが込み上げてくる

Photo                                                                          画像 NHKオンラインから
タイル張りの流し台・・・
細竹に下げた手ぬぐい
竈はさすがになかったけれど、鍋もざるも和食作りにはやっぱり重宝な道具たち

1_2
「レトロ」とか「ヴィンテージ」って言われるものが現役だった時代
この質感、、、好きだなぁぁぁ

Photo_2                                 画像 NHKオンラインから
ゆらゆらガラスの保存瓶

Photo_4                                          画像 NHKオンラインから
森田屋はさすがにプロフェッショナルで実用的 
焼き物の長七輪が2台もあるし・・・
タイルの向こう側は洗い場
右はまな板が置かれた調理台
I型、L型、アイランド型、、、これって何型?

Photo_5                                       画像 NHKオンラインから                               
竈もご立派 
Photo_6                                       画像 NHKオンラインから                         
お正月の食卓の風景は今も変わらず・・・
火の元に荒神さん
水道に水神さん
実家の父も正月には白木の平皿に雑煮を
白い酒器に清酒を入れてお供えしていたなぁぁぁ

「ささやかな心がけ」・・・ってドラマで出てきたコトバに
とっても感銘を受けて
私も日々、そんな何気ない毎日を大切に、そこに幸せを感じられるように
暮らしていきたいな。。。と思う

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスローズとアンティークミシン

Dsc02135
一重の地味ぃぃぃなクリスマスローズを全部切って
アンティークミシンSPECIALさん の隣に・・・

Dsc02134
日蔭の我が庭にも早春の色を添えてくれた
かわいいケナゲなクリスマスローズ

Dsc02137
セピアな色味がぴったり
うち・・・玄関も日蔭なのよねぇぇぇ

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芳泉荘という今は無い宿

先日の母子旅@修善寺 二日目 で訪れた東府や 
オサレな ベーカリー&テーブルの先に
古い橋が架かっていた

その向こう側に佇む日本家屋が気になって
丁度、通りかかったスタッフに「これから先は宿泊の方意外は
お邪魔できませんか?」と尋ねると
「どうぞ、中を散策してみてください。大正館 芳泉も間もなく開店しますので
是非、ご覧になってください」とすすめて下さった

Dsc01921
古い橋を渡ると・・・・・

Dsc01922
なんだか、幼少期を過ごした懐かしい我が家の佇まいに似た古びた瓦屋根・・・

Dsc01930
ここがスタッフが是非とオススメしてくださった大正館芳泉だったのだが・・・
中での様子は母子旅@修善寺 二日目  に記した

ここは、数年前まで 愛されていた温泉宿だったことは
帰宅してから知った

2010年7月末で営業を停止した宿 「芳泉荘」

この山里の温泉宿をこよなく愛する方々が多くいらしたことも知った

Housen1

Housen2

Housen3

Housen5

あるご夫婦の記録 
忘れることができない初恋の宿・・・
と素敵な(本当にこのお宿を愛してらしたんだな)と感じる記録を残された 
タビエルさん の記事でみてとれるように、とてもファンの多いお宿だったようで・・・・

こんなに近くにいても、知らなかった事実

芳泉荘は、今、経営者も交代し、新しい観光施設として
生まれかわったわけだが
今も、訪れた旅人を懐かしい郷愁の世界に誘ってくれる場所

伊豆にいらしたら、是非、寄って見てほしい場所

Dsc01929
造りものでない、本物のレトロがひっそりと息づいてる

赤いランドセルと、母の手縫いの上履き入れを振って
給食着の袋に、食べ残したパンがカチカチになって出てきて
近所の池の鯉にセッセとあげてたあの頃を
思いだして、センチになった私

宿の紹介の動画が残っていた
本当に行ってみたかったな

私にとっては、知ることもできない「片想いの宿」となった

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七福神の小皿と日の丸皿@修善寺

母子旅@修善寺 での出逢い
昼食にお邪魔した蕎麦屋「独鈷蕎麦 大戸」さんで
「このあたりに骨董を扱うお店はありますか?」と尋ねて
教えてもらった「生村民芸館」に行ってみた

P3227_4

P3227_3

P3227_2

上記三枚の画像は観光案内のHPから拝借
温泉街のメインストリート?沿いにあって教えていただいたお蕎麦屋さんから
徒歩数分

100円から見つかる骨董品てキャッチフレーズの気さくに入れるお店
美しいお2人のお姉さまが対応してくださった

西洋、東洋の大物から御猪口やアクセサリーまで店内にいっぱい
Dsc01945

で・・・・・出逢いの二品がこれ!
不思議な日本国国旗が描かれた皿と七福人の小皿

Dsc01942

Dsc01943
漫画チックな七福神の小皿は5枚セットで2,500円
お正月や雛祭り・・・おめでたい時にいいなぁと思い、お迎え

Dsc01948
一枚しかなかったのだが
とてもユーモラスな中皿¥2000
Dsc01947
日の丸と桜の模様
海軍の御用達?かと思ったわ
矢絣に桜ってすごく和だし・・・

Dsc01946
デデンと真ん中に鶴亀!

なんとも目出度いこと!

さて、、、何を盛ろうかな・・・

本当は、平安堂の素敵な漆器の揃えがあって
朱塗りの銘々重みたいな・・・
卵型で蓋をとると中仕切りと下部の碗との3点に分かれる仕組み
模様も松と松ぼっくり・・・かわいい!と思ったけど
3万円也はちょっと無理だったので・・・断念
でも、元値は5万だったから、買えばよかったかなぁぁぁ・・・

車飛ばして行こうかな・・・・・

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧