着物のお直し★結果報告

少女の長着を襦袢にリメイク

              昨年、ぼちぼち手がけた着物のお直し

        仕立てあがってから箪笥の中で眠っていたがやっと出番がきた襦袢

       野庵の月夜さんから譲って頂いた初音のコーデの少女の長着

B

              平絹の染め分けのかわいらしい一枚・・・・・

           ただ、そのまま着用は、サイズ的にも無理とあって  
                     襦袢に仕立て直すことにした

 
                    ちょっと恥ずかしいけど、、、、、

                        いや~んconfident       

Img_01191

Img_01201

         半衿もこの端切れで一枚作ったので正月なんかに良いかも・・・
         黒っぽい着物が多い私なので、襦袢のチラリズムは大好き 
                 この日の結城縮に色目も合ってるかな?
                                                

                        にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
                       にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メタボな私のアンティーク着物の胸元対処

              先に、記したような、寸の足りないアンティーク着物の
              仕立て直しのような大きな手を入れない対処法として
              「ちょい布足し法」で、なんとか帯から下は対応できたが
              また、難関なのは、「裄が短い!」ってことsad

                       夏の着物なら、、、、

Hadasmbachirab

                 こんな レース袖の襟付き襦袢を着れば
                裄が短かったり、長さがそれぞれだったりする
                 夏着物に便利note 私も愛用している

              裄の問題は なんとか騙せる?けれど
              私の場合、胸の抱き幅も 足りないってこと

              当然よね、着物って裾幅が、そのまま胸幅まで
            寸法が呼応して仕立てられているんだから・・・・・・

             で、、、、これは着つけ方で何とかする!!(笑)

                    その方法は、至って単純

Img055 Photo

             この2枚の画像は、大好きなアンティーク着物を愛して
             とても素敵に着こなす 尊敬するお師匠様
             HPを閉じてしまわれて、とっても残念なんだけど・・・
             時々、コーデのお手本にさせていただいている

                 この方の着つけで特徴的なのは
       半襟をたっぷり見せて、胸の合せを限界近くまで浅く合せてらっしゃること
         極端な時は、帯上5センチほどで合せていらっしゃることも・・・

               その分、肩が流れて、同時に裄もかせげる          

Photo_3

           先日の千鳥と渦潮の絽留袖は、この方法で胸の
             合せを浅く、半襟を多めに見せて着てみた

           袷の着物の、刺繍半襟などは、もっとたっぷり見せても
                アンティークらしくて良いと思う

                  あと、忘れてはいけないのは、
           袖のあきを5センチくらい  チクチク縫っておくこと
           で、ないと、脇から生腕が覗いていたりすることがあるから


                                 にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
                                              にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メタボちゃん対策のちょい工夫 結果覚書

さて・・・・・ご覧の着物の上下をご覧いただき、どこに手を加えたのかおわかりだろうか?

Photo_2

Photo

         春も終わるころお願いした「ちょいお直し」が昨日出来上がった

            前幅の寸の足りない着物を、大々的にお直ししなくても
            ちょっとの手入れで 着やすくする試みだ・・・・

                右下前を見るとお解りだろう・・・・・

Img_0102

            明らかに色の違う、別布が、足されている
            合せが浅く、裾が不安だった着物に施した「ちょいお直し」

            とは言え、、、帆船と鷗の留袖は、、、
       Photo        
                   胸の抱き幅もかなり狭いのと
               袖丈も長いので、もう少し、手を入れないと・・・・
            もしくは、私が9号サイズまで大幅にサイズダウンしないと・・・
  
                   でも、早く着たいのよねぇぇぇ

            とは言え、まだ、合う帯が見つからないでいるけれどsweat01

            もう一枚の、おせん 第九話の渦潮と千鳥の留袖は、
Photo_2               
              先日の、定例乙女の集いの席でやっとデブーした!!

            詳細は、また、、、、後日、、、、、記録しておこうと思う

          ほんのちょっとの布足しで、着心地がかなり楽になったことは
                   その時実証されたのである!

            

| | コメント (0) | トラックバック (0)