ご近所散策

Mission Bayでダッチベイビー!!

娘と、噂のダッチベイビーを食してみたくて・・・

なんと、娘が調べたら、地元でもあったのだ!食せるお店が!

ミッション・ベイ というおしゃれな雑貨のセレクトショップ
併設のカフェのメニューに!!

車で15分位かな、、、港の近くの静かな住宅街に

Gallery05
warehouse風の外観のお店で、駐車場には県外ナンバーの車も・・・

Mis1
こちらがカフェコーナー

ショップのインフォ画像を拝借
黒板素材の壁面にいっぱいのチョーク画

Mis2
シーズンによって書き替えられるようで
(消すのもったいない) すごい才能や・・・書き手も違う方が順番に・・・
今度訪れたら、どんなアートかしら・・・
Dsc_0015
そうそう、食リポ!  これが「ダッチベイビー」
ランチだったので甘いのではなく、塩味のベイビーに
ベーコンとモッツァレラのダッチベイビー
周りがカリっと、中心部分はもちもちの食感
オープンオムレツとパンケーキのいいとこどりのような・・・

Dsc_0016
パイ包のクラムチャウダーも・・・
ポーリッシュポタリーの大きなマグカップが可愛い
取手が熱いので、リネンのツマミカバーが、、、これもかわいい
ストウブ鍋の取手包みに似てる

Dsc_0017
娘が追加したミックスフライ
フライドチキンとポテト、オニオンリング  王道だね!
さくさくで美味しかった

Dsc_0014
ランチの飲物は、ジンジャービール・・・といってもノンアルコール
ジンジャエールに発酵の香りがプラスされたような感じ
キンキンの銅のタンブラーがまたいい感じ

タンブラー求めて帰りに雑貨の方で探して見たら(カフェの食器類はショップで購入できる)
結構なお値段で、ヤムナク断念

夏の昼におしゃれな雑貨を目で見て楽しみ
美味しいランチでゆったり・・・
娘との会話も弾む夏の昼下がりだった

にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

源頼朝も飲んだ水?!

             今日はわたすも休日、相方も盆休みの初日

                少々、早いが父の眠る墓所に・・・盆の墓参・・・

                裾野の高原とはいっても暑いsun
             富士は、湧き立った雲に山頂を隠していたが
             父の愛した愛鷹山や富士に抱かれた墓所は
             夏の日盛りで、きらきらして、耳に入るのは
                懸命に命を唄う蝉の声ばかり・・・・・

           御殿場経由で、一層涼しさを求めて御殿場登山口に・・・・・

                         しかし・・・・・
Img_0128

          ここで「涼しい~ぃぃ」と、思わなかったのは初めて
Img_0129
         むしろ、紫外線が強烈で、下界となにも変わらない あ・つ・さdash

             それでも、戸外は見晴らし良くて・・・・・
             コンビニ弁当を、ご馳走のように味わった

                雲下には、御殿場裾野の街が、
               熱せられた地上の水が、雲となって
             ロール状の横に連なった不思議な形状の雲になって
                 山肌をじわじわと這い上がってくる
Img_0130

            富士山の山肌を見るとつむじ風のように、次々と湧いた雲が
            上昇気流で押し上げられて、厚い雲の本体に吸い込まれていく

                     見ていて飽きないねぇぇぇ

           今日も上天気だから、きっと頂上は満員御礼fullだろうね

Img_0132

        帰り道、今、我が家のブームになっている湧水を汲みに立ち寄った
               須山登山道の途中に位置する「弁当場」という湧水

              昔、源頼朝が、巻狩りの際に、飲料水としたとされる
               宝永大噴火もかいくぐった歴史があるそうな・・・・

Img_0134b

                    蜩(ひぐらし)が鳴き
              林をわたってきたひんやりした風が清々しい

               一つしかない汲み口で、順番を待つ
Img_0133

              私たちの番になって、ペットボトルにまず・・・・・

                  そのボトルをもって相方が・・・・・・

       水場を守るようにして立てられた社のブリキの茶碗をゆすいで
              湧き出たばかりの水をナミナミ注いで供えた

                    (へぇぇぇ・・・・)である

                聞くと、いつもそうしてるんだって

            意外ってことではないけれど、ちょっと見なおした

           まあね、趣味が狩猟だし、山の恵が無ければ・・・・

                山からの命を頂いてるわけで・・・・・・
             常に感謝の気持ちは持っているそうで・・・・・

     森の空気のせいもあるけれど、爽やかな風を感じた良い休日だった

                        その相方・・・・・・
                湧水の透明な氷で、芋焼酎をロックでnotes

                     今宵も上機嫌である

Img_0139

Img_0136

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石部の棚田、、青葉萌ゆ・・・・

日曜、小雨の中、相方ドライブ。
2時間強で西伊豆、松崎町の石部の棚田に着いた。

先日は、山葵の棚田を見に行ったけど、今度は、稲。
あいにくの天候だったけれど、眼下に広がる駿河湾と、小さな
漁港を見降ろして、爽快な気分。

    Photo
伊豆石( 凝灰岩)を、積み重ねた石積みが続く。

    Photo_2

晴れていれば、紺碧の駿河湾が、山と山の合間に光って見えるはず。

     Photo_3

藁葺の水車小屋。滾々と湧く、山の水を集めて、水理にする。

   Photo_4

曲線の美しい田。 バリ、ウブドゥのライステラスを思い出す。

Photo_5  Photo_6

米の品種の立て札もあるけれど、ほとんどの田には個人名の札が、、、、
オーナー制を導入していて、一区画、一年 ¥35,000でオーナーになることも
できるそうな。

Photo_7 Photo_10

黄色のヘメロカリスが群生している。田の緑とコントラストが美しい。

来年、オーナーに応募してみようか?相方がポツリ。。。。。。
野良仕事、腰悪いのに、大丈夫かい?
口には出さないけど、ツッコミいれた私。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緑滴る・・・・・・

             本日、予報通りの雨。
 「棚田があるよ」・・・・と相方が言っていたのを、ふと、思い出し。
         中伊豆(伊豆市)の林道をドライブ。
    棚田って、稲のたんぼ・・・のことかと思っていたら、
                   あら、、、、、
     090524_12460001

    そこには、日本一の山葵(わさび)の棚田が・・・・・・・・

       090524_12450001

        緑したたる・・・・とは、このことか・・・・
小雨の谷間に、清冽な空気と、源に限りない近い水の流れの中に
                一面の緑。

        090524_12470001

           絶えず聞こえる水音の中。
            そうね、これも棚田ね。
  この地は「筏場」=いかだば  というそうな。一面の緑に
     思い浮かんだのは「そうだ、今夜は刺身にしよう」
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)