神無月から皐月 袷のきもの箪笥

羽裏 LOVE

正月の玄関の設えに壁に下げた黒絵羽を
(もう、松の内も解けたし、片付けなきゃ・・・)と

室内で風を通してから たとう紙に包んでしまう
たとえ、インテリアにしてしまっても、大事なアンティーク着物

しっかりお手入れ、防虫はしませんと・・・
Genkan3
(あれ、こんなのあったじゃん・・・)と再見した時に
この羽裏の色っぽさに
(あぁ、これ選んだ理由は、この羽裏にもあったなぁぁ)と思いだした

Kuroeba1
紅絹に乱菊の染

Kuroeba2
ほぉら・・・上村松園の美人画のように薄っすら紅差す花びら
う。。。美しい。。。

Kuroeba3
羽裏もさることながら、袖振りから覗くこの柄!!

黒絵羽というえば、私の母なんぞ、入学式や卒業式とか
改まった席には色無地に必ず黒絵羽 羽織って行ったものだが

そんな席で、袖振りから この紅絹と乱菊がチラッと見える図は
着物ってチラリズムの優等生だと 改めて思うのだ

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箱根 九頭竜神社で願掛け・・・

              先日の娘からのサプライズプレゼントの
              オー・ミラドーでのランチの後、娘の希望で
               箱根神社へお参りをすることに・・・・・・  

Kuzuryu2

                 山岳信仰の霊地であった箱根神社
      瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)木花咲耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)
         彦火火出見尊(ヒコホホデミノミコト)こちらの三神を祭るところ
             豊臣秀吉の小田原攻めで焼失したものを
                徳川家康の尽力で再建されたとか・・・
              今、縁結びでとても有名になった九頭竜神社
              
          九頭竜神社の由来は、修行苦行されていた萬巻上人が、
        しばしばあらわれて人々に被害を与えていた毒龍に対して
            湖中に石壇を築いて調伏の祈祷を行ったところ、
        毒龍 は形を改め、寳珠并に錫杖を捧げて帰依し、龍神となった
             今では、多くの人々に開運隆盛はもとより
        金運守護、商売繁盛、縁結びの龍神様として崇められている

          その「縁結び」が特に有名で本宮での「月次祭」には
         縁結びを願う多くの独身女性が船でお参りされるので
                 メディアでも何度か紹介された

          二人でお参りした箱根神社には九頭竜神社の新宮があり
        外国のビジターもバスでやってこられる平日でもかなりの人出・・

              本当なら本宮にお参りしたいのだが・・・・・
                    今回は新宮に手を合わせた

Kuzuryu1
                                     九頭竜水の泉・・・・・・
                   なんでも清浄に清められる聖水で
           これを汲み、神棚に上げると家内清浄、縁起の養生にあると・・
                    龍の首が九・・・・迫力である
        Img_0314

              「もってけぇぇぇ」とおっしゃったようだが・・・・・・
              あいにく、容器を持ち合わせておらず・・・・
             家内清浄は他力本願せず、自力で保つしかなさそう・・

Jinjya
                 ひんやりした杉並木の中神社参道で
             羽織の☆星型の透かしがこれじゃわからないね・・・
                Cake      
                帰宅した相方(もちろん娘の父でもある)が
               名前入りのバースデーケーキを買ってきた!!

                   あれまぁぁぁ、気が利くこと・・・・・
               昔を思い出して部屋の電気もテレビも消して
                 「○○ちゃん、フーして」ってね・・・
                    充実の一日だったね・・・・

                        にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
                       にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オー・ミラドーのランチにトランプ着物で・・・

                先日の感激のオー・ミラドーでのランチには
                娘の薦めもあって着物を着ることにした
             いろいろあって、年明けに一度だけ着物を着たきり、
        箪笥で眠っているかわいそうな着物に風をあてるのもよいかと・・・・

Kaidan

             西洋料理だから、ちょっと洋を意識してのコーデ・・・
          
              着物・・・・・・・トランプ柄の下身と所々レース地になって
                      下のトランプが透けて見えるお召  

              帯・・・・・・・・・京都紫織庵の「天使とピアノ」の帯 
              羽織・・・・・・・板目模様に☆星型の透かしの入ったお召の単羽織
              いれもん・・・・モスキートのトランプバッグ
                       このバックを持っていたばかりにこの着物を
                       欲しくなってしまった物欲の賜物セット(;^ω^)

Niwa2

Niwa3         
                 車でかなり移動したので帯、ぺしゃんこ・・・
                ハープとピアノの回りに天使ちゃんが飛んでる
               かなり、年齢的には痛い帯だけど、お気に入り

Erimoto
               前板はチェロ?と管楽器も見える
              ♪音符もあちこち飛んで楽しい帯なのだ

              帯留・・・・・竹蔵龍さんち小鳥のレリーフ

Takenoko                
           帯揚げ・・・・・春のきれいな色と思い、麻の葉の織り出しの若草色            
           根付け・・・・・ 竹蔵龍さんちの象牙の筍・・・旬だし・・・

Niwa4

             半衿・・・・・斉藤上太郎氏のレース半衿
                    卵色の無地半衿に付けている
         
               透けて見えているトランプは下の重ね身ごろ
                 夏物の紗袷のような仕立てになっている
                  お召はこの一枚しか持っていないが、
              タレものより適度に張りがあり、紬より軽く着やすい
                  晩春にはもってこいの質感かも・・・              
               ハートやクローバーの刺繍が所々に飛んで・・・

             ランチの後、お隣のパヴィヨンのお庭で撮影させていただいた
             穏やかな春の一日・・・・・母になって30年目の一日だった

                  

                        にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
                       にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寿小紋と民具帯

                   先日の女子会で着た寿小紋

                反生地の端は寿のいろいろな書体・・・・
              ちょうど襟にこの寿文字がくるように仕立てた
              よく見ると地紋も寿が織られているのが解る

Dsc007191

              画像を見ていて発見したのだが、張子犬の足元にご注目
                      「犬」って書いてある?
               ほかにもよ~く見ると「巳」とか「午」とか・・・・・・

                  あれ、ひっくり返った「辰」もある

                  ウォーリーを探せ!みたいで面白い
                      「あなた、干支は?」
             「そう、え~と、酉は・・・・あ、あった、ここ、ここ!」
                  なんて、会話が弾みそうである

Dsc007231
                    今年の干支の「午」はここ!
               寿の鞍をのせてる・・・花嫁道中かしら?

Dsc007221_2       
            
 

                      縁起の良い「春駒」!
               やっぱりこの小紋はお正月に良しだわ・・・

Dsc007251_2
                    合わせた帯には 凧 

Dsc007241_2 
           
                     

                       ここにも「春駒」
               コマ回しと春駒を掛けてあるのね・・・・・

                 あぁぁ、日本の意匠って大好き! 
                もっと、ちゃんと、着物きなくちゃ!
 

         
                       にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ                     
                      にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほんと、久しぶりの き・も・のはメデタ尽し

                  女子会でやっと着物を着ることができた!

               年末年始の休暇が長かったので是非着物で・・・
             という思惑は息子の引っ越しやらなにやでぶっ飛んだ

                夕方からの空模様が気にはなったがエイ!
                      出かけるときに霙が・・・・・・
               大丈夫!珍しく狩猟から早く帰宅した相方が
                  隣町まで車出してくれたのだから!

Dsc006951_5
               さらにボリュームアップした体を何とか包込んだ
               着物 染め小紋
                      十二支がコミカルに白抜きされた正月らしいもの
                      織地紋も寿尽くし
                      暈し染めになった部分にはいろいろな書体の「寿」

Dsc006961
                   帯  織の袋帯
                      凧や兜 駒にけん玉,
春駒などなど
                      そういえば今年は午だもの丁度良い!
                      正月というか男子の郷土玩具の勢揃い

Dsc006801                 
               半衿   鱗模様の刺繍半衿(ポリ)
                     帯締め 三分のこれもアンティーク(北野天満宮の天神市で)
                     帯留   アンティークブローチ
                     根付け  銀座アンティークモールで見つけた
                           姫印籠セルロイドの巾着と鼓が付いている

                    

Dsc006981

                この季節に活躍度満点の池田重子さんの刺繍ショール
                        黒い綿入りの絹地に白い糸で梅の花
                 近所のリサイクルショップで格安で入手したお気に入り

              ここ、ラ・ブラッスリー萬咲さんは立ち飲みスペースもあるの
              ピンチョスのようなワンコインの美味しい一皿もあるので
              ワインでちょっと電車を待つ・・・人を待つ・・・もの良いわ!

          今年の女子会はどんなお店、そんな美味しいものに出会うかしら

 

                        

                        にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ                   
                       にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜の宵 娘のおごりで♪

       「お誕生日に何もしてあげられなかったからご馳走したげる」
              と、、、娘の誘いで、、、ならば着物きる!!

           もちろん桜尽くしさ!今着ないで何時着るの?

                    『今でしょ!!』

Odekake1         着物・・・  青柳の桜染めの訪問着
                 黒く絞りで桜型に抜いた部分に
                                      枝垂桜を手描き た渋めのオサレ着である

               ↓八掛も枝垂桜の染め模様になっているところもツボな一枚

Sakurahoumon_2
                   

Odekake2     
      帯・・・確か、京都に行くのに楽に〆ることができて軽い帯を・・
                     と求めたもの・・・
                   本来はこの面は裏・・・
               表は小花の横段の柄なのだけれど、
            裏面見たら、桜散らしの風を思わせる柄行
              麻の葉模様も織りだされているので
         意外にこの着物にあうことに気付き初コーデとなったImg_0231
         半衿・・・池田重子さんプロデュースの暈し桜刺繍

         帯留・・・ 象牙透かし彫り 桜模様
         帯締め・・母からかっさらった(借りたままの三分)
         帯飾り・・・竹蔵龍さんの象牙の筍

         なんとまぁぁ・・・帯揚げが何度押し込んでも出てきちゃう(汗)
         たぶん、前結び用のくるピタ伊達締めの締め方がきつすぎた
         むろん、私の肥えた内脂肪にも所以することは確かで(汗)

                   着物、帯ともに紫系の色合いなので、帯締めと帯揚げは
               春の色、若草色を入れてみた

          Img_0223 Img_0224

         Img_0225     Img_0227

         Img_0228  Img_0226

       この夜、娘と訪れたのはココチホテル安吉・・・・・・・
        ホテルの和食処だけれど気取らず入れる・・・・・・
            お酒のアテに良いものがたくさんあって
                   ついつい・・・・・

                  着物の私に店員さんが
       「何かのお集まりだったんですか?」  と訪ねてきたので
     「いえ、私の誕生日のお祝いに娘のおごりで・・・」と、答えた

     すると、間もなく、、、「お店からのささやかなお祝いです」と
      トコブシの煮貝、雲丹、ノレソレを風流に盛り付けた一皿を
                 (画像の最後の一枚)

               と~てもうれしかった!!

                 で、ついつい・・・・

           いい気持ちになった春の宵であった

                   にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
                 にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雛の会・・・圧巻

            もう、だいぶ日が経ってしまったが、
        お世話になっている呉服店さんのお誘いで
   「雛の会」という商工会議所女性部主催の会に初めて出席した

  「着物での出席率が高い催しだから目の保養になるわよぉ」との
    お誘いだったので、私も頑張って雛の会っぽいコーデで・・・・・・
 
   しっとり系なので短くした髪に日本髪用の総ウィッグを装着して・・・
                 やだわぁぁ だぁれ?
     昭和中期の卒業式のおかあさんみたいっていったの・・・・
Kimg0142

                    たしかにねぇぇ・・・
     黒絵羽羽織はわたしにっとっちゃぁこの時期ふつうに登場する
    十日町のデットストックを求めて仕立てた宮中絵巻のお気に入り・・・
           けっして母のお下がりではないのよ

Kimg0146

Kimg0145
         着物・・・澤屋重兵衛の吉祥紋

         帯・・・・・ネットオークション格安でゲットした袋帯
              これも宮中絵巻が織り込まれた今時期ちょうど良い一本
     
         半衿・・・池田重子さんプロデュースの暈しに桜花びら刺繍
   
         帯留・・・女々しさたっぷりな扇の彫金細工
              
                     帯締め・・衿正さんの正倉院三分に二分の紫を2本使い

              これに白畳表の草履で出かけた
Kimg0144
              
            確かに会場には和服の方が多く、
     私のテーブルは呉服屋のお客様が多く、なおさら・・・・
         年齢層が高いので皆さんゴージャス!!
            名も知らぬ方々を撮影することもできず・・
            陳腐な私の画像のみ記録することとなり

             中には振袖のお若い方もいて
         着物ってやっぱりいいなぁぁと感じた1日だった

                もっと着物きよう!!

          
                     にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
                    にほんブログ村    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雛を飾った日・・・

                    お久しぶりの日記・・・

              というより、忘備録になってしまった

    義父の一周忌も間近なので、あまり派手にお祝いできないけれど、
           一応、雛は飾りたいと思い、ひとりで飾りつけした

    お正月も天候や体調の加減で着物を着ることができなかったので
             数か月ぶりに袖を通したわけで。。。              
Hina1
                着物・・・ネット激安の小紋
                横文字(英語)のサインの入ったもの  
                横段に薔薇のような花を染めた生紬
Hina2             
            壁にかけた子供の着物・・・可愛いでしょ?
            私の産着もこれに似た模様だったなぁぁ
            切り刻んで娘の振袖用に半衿にしてしまったけど・・・

            小さな木目込みのお雛様は私のもの・・・・
            もう、5?年の月日を私と過ごしたヴィンテージ!?
             Img_0216             
            帯・・・灯屋2さんのカンタ刺繍の帯
                刺し子と同じような手法の手のこんだ手仕事

            帯留・・・野庵さんの蒔絵師、伯兆さんのスノーダスト
               春、スノーダストがほどけ大地にかえる時、
         雪はまたキラキラの雨になり地上をやわらかに包むだろう。
         淡雪を名残惜しむ「愛四季」(野庵さんのお品の紹介文より・・・)

           やっぱり、着物いい!もっと着物きたい!!
                そう感じた乙女の祭りであった

                      にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
                     にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年こそ出番!龍の帯パレード

               数年かけて、出逢った大好きな龍の帯たち・・・
              龍の帯パレード(カテゴリ)の帯、今年は本番!

           極力、龍の帯をコーデに入れて・・・と思って・・・・・・

                      なんでもない日・・・
         むしょうに着物を着たくなる私・・・この日も特別でない日・・・

Photo

             大好きで、冬のヘビロテアイテムの結城縮・・・
               適度にやわらかく馴染みが良くなって、温かいspa
        クリスタルのような、雪の結晶のような織り模様が大好きなところ・・・

Photo_2     
              紬に織り帯・・掟破りは得意技の私・・・・
              龍ち鶴丸の丸帯くずしを、角だし風に・・・

Photo_2_2

                 色味が好きな勇壮なこの帯・・・
               オークションで譲っていただいたもの
                 地の雲流がまた、ツボな一本なのだ

Photo_3

            半衿は、長着を襦袢にリメイクしたときに出た端切れ 

Photo_4

             天神市で見つけたラメ入りの桜色の三分紐
                   古い帯留にもユニークな龍・・・

Img_01111
                 根付けも龍がいるの・・・わかる?
           ローズクオーツの玉と羽・・・銀の龍がつなぎ止めている

            長着リメイクの襦袢は、また次にお披露目しよう・・・

                      にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
                     にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊豆 水生の庄で年明け

               一日前の大晦日は、水生の庄の一室で
            紅白歌合戦を布団の中でごろごろしながら見て

Img_0045               
           伊豆八丈島の麦焼酎を一本空にした私たち・・・
  
                 一夜明けて、2012年の夜明け・・・
                 残念ながら初日の出は雲の中・・・

           今年は、平穏無事に過ごせたら・・・そう思う元旦であった        

Photo_2

                宿を発つ前 新年の縁起飾りの前で・・・・・・
               一泊旅行なので、着物、帯は前日と同じ

              正月恒例の堀一の招福動物の長羽織を・・・
         羽織紐は、銀座アンティークモールで出逢った 古いお多福さん       

Photo_15

             池田重子さんの梅花刺繍のショールとお多福の袋物で
                     一応お目出度尽くしfuji

                来年の元旦は、どこで年越ししているかな・・・・・・
       できるだけ長く、相方と元気で、仲良く、新年を迎えたいと思うのであった

                      にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
                     にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧