水無月から長月 単のきもの箪笥

上戸さんの浴衣・・・かわいい!

             夏の風物詩とも言うべきか・・・クリアアサヒのCM・・・
              上戸彩さんが着る浴衣が毎回気になる・・・

             以前の源氏物語の紅型調もお似合いだったけど
               現在放映中の花火でポンの浴衣が私の壺・・・

    Photo

10_2
               気になってCM紹介ページも見たけれど、
              浴衣のブランドまでは紹介されていない・・・
                自力で当たりを付けて調べましたとも!!
              ケイタマルヤマ、撫松庵、嵐山、etc・・・・・
                 う~ん、、、ヒットしないなぁぁぁ

                  そうだ!もうひとつ!ツモリチサト!
                        ご明察!!
                        ビンゴ!!
                   2014年の新作浴衣だった!

Photo_3
                       シュウゥゥゥ

Photo_4
                       シュルル・・・・

Photo_5
                      シュルルルルルルゥ

Photo_6
                        ヒュウゥゥゥゥ

Photo_7
                           せえ~のぉぉ

Photo_8                 
                         

                         ポォン!!       
Photo_2

3
             しかし、、、ポレタのこの浴衣と上戸さんがおし召のものと
                      かなり印象が違う気がする

Photo_9
               よくよく調べたら反生地も販売されていた
              仕立ての差でこうも印象が違うものか!!

              上半身を見ると上戸さんの浴衣は片身変わりかと
         思うほど、ストライプがはっきりしているし その縞も横向きだ

           上戸さんの仕立ての方が斬新なものに感じるから不思議
             もう少し若かったらなぁぁぁ・・・着たかったなぁぁぁ
                    ビタミンカラーの素敵な浴衣
                しばらくはCMから目が離せない・・・・・

                         

                                                     にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
                        にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天使とピアノの帯@三島で女子会

         ちょっとサカノボッテしまう・・・5月の女子会の着物記録

         けっこう気温も高く、単衣でもいいでしょ?ってことで
       きぬたやの絞りの単衣に紫織庵の天使とピアノの帯で・・・・・・
Dsc00115

Dsc00116

                半衿は波模様のレース(ポリ)
           帯留は残念ながら今は休業中でらっしゃる
       竹蔵龍さんちの鈴蘭のアンティークボタンの帯留
                 ムラサキラメ三分紐
Dsc00117     
          ベネチアングラスのティーポット型の帯飾り・・・
  ピアノのあるフレンチレストランって予定だったのでこの帯にしたんだけれど

             なんでも予約が取れなかったとかで

                  三島楽寿園のすぐ近く、
       「TRATTORIA LA BOCCA 」トラットリア ラ ボッカで
                美味しい夕餉をいただいた

  Kimg0164Kimg0160
自家製のマーマレードジャムとチーズパルミジャーノの組み合わせが美味
                    家でも真似しよう

 Kimg0166Kimg0168

 Kimg0165Kimg0167

        大好きなアクアパッツァも変わったパスタも美味しかった
               お若いシェフ!いい腕お持ちだと思う
 
          Kimg0161           

          Kimg0162

      サーブされるお皿がみんなお魚の模様なのに気付いた
              一匹だったり、群れだったり
        思わず、裏をチェックしたけど手がかり無しなので
                思い切って尋ねてみた

            シェフが依然に修行していたのが
           長泉のクレマチスの丘にあった
      マンジャ ペッシェ/Trattoria MANGIA PESCE !!
      店舗移転の際に、そちらのお皿を譲り受けたそう・・・
               オリジナルなのだ・・・
  限られた枚数しかなく、かけたり割れたりして枚数も減ってしまったとか・・・
         今あるものを大事に使わせてもらっているとおっしゃってた

       また、相方とゆっくり訪ねてみたいお店だった

                   にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
                  にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スノーホワイト 白雪姫の帯・・続き

      スノーホワイト・・・白雪姫の帯の後日談がそうとう遅くなってしまった

                   しかも。。。浴衣のコーデ・・・

         でも、この帯、コットンだから四季を通して活用できるから
                   秋の今でもいいってことで・・・

               東京湾大華火大会の娘のコーデを・・・

                随分前に求めたコムサの浴衣
         黒の綿紅梅に赤白の薔薇のような花の模様の浴衣

        前に襟周りに私がコットンレースを縫い付けてやったまま・・・
                     数年ぶりの日の目・・・

            長くした髪を自分で三つ編みに結い上げて留め、
                  生成りの花のブローチをつけた

B

             スマホしか持っていかなくて。。。画像良くないわね・・・

Sw2

             帯は普通の太鼓結びでは味気ないので
                  私なりに工夫して結んでやった
          うさぎの耳のように太鼓の上に本来なら手になる部分を
                     リボン結びにしたわけよ

Sw1       
     前板は、白雪姫と王子が白馬に乗って手をふりお城に向かうシーン

              赤いセルロイドの薔薇の帯留と紫の真田紐を・・・
          帯揚げは生成りがなかったので私のスカーフで代用・・・

                    響 台場店からの帰り道、、、
                   高校生くらいの女子の集団に
             「あ、、白雪姫・・・かわいい!!」と囲まれて
                      照れていた娘・・・

                 次はその帯、母が〆るんだかんね!
                  え。。いいよね?  だめ???

                        にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
                       にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おひさまの徳子さん風コーデで♪発表会 その参

         先日の「徳子さん風コーデ」と勝手に銘打って意気込んで
        おひさまのテーマ曲まで歌っちまったコーデの詳細であるが・・・・・・

Img_0187

             勿体つけてお披露目するのは、この羽織なのだ

                この日、やっと着ることができた!!

          きもの さらささんで二年ほど前に譲っていただいたものPhoto_2

              黒地の一重羽織なのだが、なんとも粋な羽織で・・・
           背の中ほどから右袖にかけて、御簾が描かれている
              

Photo_8
             この御簾の部分が本当にあちら側が透けて
             御簾越しに見ているような不思議なもので・・・・・・
    その御簾の部分だけ、下に着た雪の結晶柄の着物が透けて見えている・・・

                     とても細い線描きで、
       しかも、絞りのようなちょっとザラっとした風合いになっている


            さまざまな形の虫籠が、あざやかに染め抜かれている
      不思議なことに、これだけ籠があって、虫は一匹も描かれていない・・・

Photo_4
      コバルトブルーと、全体に流れている結び紐の鮮やかな珊瑚色が
                   とっても映える大胆な羽織

Photo_3

            Photo_7

           地紋に、桔梗や撫子の漆箔がところどころにあって
                  やはり、秋の風情の漂う一枚

Photo_6

                ところどころ、銀糸の刺繍も施されていて
                何処ぞの、粋筋さんが持っていた物かも・・・

           残念なことに、メタボな私には、前幅がちょっと足りない
             よって、’ち’の位置が高すぎて、羽織紐が
                随分と上がっちまっていて、おかしい・・・・・・

             少し余裕のある脇のマチ出しと’ち’の位置お直しを
                 シーズンあけに、お願いしようと思っている

Img_0191

              ちょっと柄on柄でうるさすぎたコーデかも・・・
          ま、舞台で着るって前提だったので、これくらいは良いか?

           来年は、もう少し、羽織主体でコーデしたいと思っている

                  帯留の話は、、、後日・・・・・・・            

                        にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
                       にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おひさまの徳子さん風コーデで♪発表会 その弐

           
                      去る 長月中旬・・・
           成り行きで、人前で♪おひさまのテーマ曲を唄う破目になり
           勢いで、徳子さん風!!と勝手に意気込んでコーデした一式

                                   狭い楽屋で姿見も無く、適当に着付けた
         半日、椅子に座ったままだったので、かなり着崩れてしまったsweat01

Img_0180             
                  着物と、羽織は、今回がデブーnote
              数年前に、求めて、箪笥に眠っていたお気に入り


Photo
         着物は銀座の灯屋2さんで購入、幅出しメンテナンスをしていただいた
             生成り地に、雪の結晶とも、楓の葉模様ともとれる模様

           凝っているのは、同じ黒い模様でも、外郭線がくっきりしたものと
             絞り染めのように、やんわり滲んだ線のものと二種あること
           ストライプのものも、数色の太さの違う線で構成されているところ・・・

             白物で、夏物とあって、かなり黄変もみられたが、それ以上に
       この柄が気に入って、、、そして、ジョーゼットのやわらかい感触が気に入って。。
           ただ、寸があまりないので、オハショリもぎりぎりなのだが・・・

                   やっと着ることが出来てうれしい

Photo_5
         はオークションで、これもかなり前に譲っていただいたもの
             絽地に、デフォルメされた 虫籠と、萩の花の刺繍
                  ぽってり丸い虫籠がかわいらしくて・・・
                前板は、萩の一枝が刺繍されている

Img_0182

            合わせた半襟は、市松紗地にすすきの刺繍
              三分は、京都 ゑり正さんの正倉院

                帯留は、後日、詳しく記そうと思う

                  帯揚げは、秋草の刺繍の紗 

            羽織は、語りだすと長くなるので、、、これも後日としよう

                       にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
                      にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おひさまの徳子さん風コーデで♪発表会 その壱

                          去る長月中旬の事・・・

               母は、なんでか、カラオケの師範である
            で、年一回、その門下生のカラオケの発表会がある

                  母の門下生は、私、、、一人、、、、、

            師範なんか、オコガマシイ・・・と、敬遠していたのだが
            何かのいきさつで、師範になったものだから、弟子はとらない

            だが、この発表会は、弟子を出さないといけない決まりらしい
            で、、、師弟関係というより、母子関係の助け合いで
            私は、小さいとはいえ、市民文化センターのホールで
                 200人程の人前で歌う破目になった

              どうせ、歌うなら、今一番好きな歌を歌ってやれぇ・・・

       で、、恐れ多くも、平原綾香さんの♪おひさま~大切なあなた~を歌った!!

        順位も何もつかない、ただ、120数名が、それぞれ曲の2コーラスまでを
                 どんどん歌っていくというものだから
              カラオケ大会みたいなものとタカヲククッテ参加した

                     え? どうだったかって?
                   緊張のあまり、記憶ぶっ飛んでる
        手がぶるぶる震えてしまい、マイクを両手でがっちり握って歌ったのは
           覚えてる。。。。心配していた高音域は、なんとか出たらしい・・・

                      もう、忘れたい!!sweat01

            そんな、仮にも舞台衣装を着るという又とない機会に
            私は、徳子さん風コーデでせめて雰囲気だけでもと。。。。。

      

Img_0178

           箪笥に眠っていた夏の長羽織とジョーゼットの着物という
               珍しくアンティーク尽くしのコーデで臨んだ
              

Img_0189

                  コーデ詳細についてはその弐で・・・

                   ただ、、、徳子さんというより、、、、
              どこぞの花街で名の知れた検番の姉御のようだ

                            「おかん、、、迫力有りすぎ」・・・・・と、娘に突っ込まれたsweat02
             

                      にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
                     にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒いひまわり・・・の帯

                             おひさま 着物話は、ちょっと先に見送って。。。
                  最近の私の着物話なんぞを・・・

            2008年の夏・・・・・向日葵三兄弟と名付けた
                          3本の向日葵の帯を紹介した

                     このうち2本は、すでに登場している           

Photo_8

        劇画チックな、笑っちゃうほど元気な向日葵が壺のどっかん向日葵帯
                       夏の浴衣コーデに活躍してくれた
Photo_6

           もう一本は、しっとり大人な向日葵が前板に刺繍された
             灯屋2さんで出逢った川島織物地に夏花の帯
          これは、箪笥に大事にされていたが、この夏、初デブーを飾った

       で、、、いまだ出番のなかった最後の一本の向日葵の帯・・・・
                これが、なかなかの曲者で・・・・・・
              なんと・・・黒い向日葵の帯なのだ!!

                             ちょっと、オドロオドロシクない???

Photo_4

                 なんだか、ちょっと寂しげに見える・・・
                墨黒の花びらに、苔色の花芯だよ・・・
               前板には、これがまた、太鼓柄と正反対の
                   からっと陽気な赤蜻蛉・・・・・note   
        Photo_5

          麻地に、かなり汗ジミがあって、〆るのをタメラッテいたが
                      今年、やっと・・・・
                 先日の、恒例の乙女の食事会で・・・・・           

Img_0165

              天気がイマイチだったので、洗える着物にした
              数年前に、竹蔵龍さんで購入した、蜘蛛の巣きもの
Img_0162

         タレの露芝をみせたくて、(何故かこのタレの刺繍が上過ぎるっての)
           普通に太鼓に〆ると、せっかくの露芝が隠れちゃうsweat01
            角だしを斜めに決めて、タレも思いっきり斜めにしてみたら
                  露芝が、ちょこっと顔出してくれた

Photo

     半襟   斎藤上太郎氏のレース半襟を麻無地に重ねたもの

     帯締め 蜘蛛の巣の糸に見たてて 
           二分紐を2本、斜めに締めてみた
           蜻蛉が、憐れ、蜘蛛の巣に・・・・・ってな感じ?あえて、帯留はせず・・・

     根付け 竹蔵龍さんちの髑髏蜘蛛の巣

     扇子   娘の手描き(修学旅行の体験で製作したもの)
         
      入れもん 画像はないが、静岡の誉れ・・shine駿河竹千筋細工の籠

         薄汚れが気になっていたが、〆てみると案外気にならない
           テイストは大好きだから、これから出番が多くなる
                              向日葵帯の末っ子なのだった
          

          
       

            

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おせんさんの千鳥と渦潮留袖デブー 弐 ひ・み・つ公開

                   先日の、ドラマおせん9話の
              千鳥と渦潮の絽留袖デブー 秘密なのだが・・・・・

           秘密ったって、そんな大それたこっちゃないんだがね・・・

         おせんのドラマ内で気付いたことを書きとめた夏襦袢の色香
              留袖の下に重ねた襦袢のことに触れたが・・・・          

Jyuban

             黒の絽留袖の下に、なんと、鮮やかな色柄の襦袢を合せている
             おせんちゃんのコーデが印象的だった
              ちょうど、紗合せのように、重ねの透ける様子が涼しげで
              もちろん、正式な場にはやってはいけないとは思うが・・・
Jyuban2

       肩や袖に、下の襦袢が、ほんのり透けて見えるのがお解りだろうか?

               そんな技法?を、私も真似てみたというか、
            単に、千鳥三兄弟を合せてみたかったのだが。。。

Photo

               偶然見つけた千鳥の襦袢、袖丈も、裄も寸法ぴったりnote

          で、、、合せてみたが、光の加減で、襦袢が浮き上がって見える時と
                まったく見えない時とあることに気付いた

         で、今日は、ひ・み・つ の公開ってことで透けてる画像を・・・・

Photo_2

Photo_3

Photo_4

        先日の、透けてないバージョンと見比べて、こうも印象ちがうのかと
                 写真にしてみてビックリ!!!

          この方法で、無地着物の下に、金魚の襦袢や、蒼もみじの柄を
             わざと透かしてみせる着こなしをしてみたいな・・・

        もう一つの「千鳥」 が、このコーデに居ることを忘れていた
      
                 おせんさんの千鳥簪を!!!

              雑なまとめ髪のわたすの画像は無視していただき
Photo_10

           可憐なおせんちゃんの画像でおたのしみくださいな
Tidori2_3

       暮らし屋さんから、可愛い白鳥の箱に入って届けられた可愛い簪・・・
                わたすは、上下を逆に付けてしまっているsweat01
                 丸い円盤部分は、自由に向きが変えられる
                      ますますかわいい簪note
Photo_5_2

             秘密という程のものではありましぇんが・・・・・
              コーデの秘策の覚書ってことで・・・・・

          
 

                                                にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
                                              にほんブログ村

| | コメント (3) | トラックバック (0)

おせんさんの千鳥と渦潮留袖デブー 壱

Photo_23_2 ドラマ おせん 第9話で蒼井優ちゃんがお召しの
 絽の留袖が縁あって私の着物箪笥にある

 先の、ちょいお直しの後、念願のデブーとなった

 ステージは定例の職場の元同僚の乙女の集まり

 場所は、駅前の、最近人気のダイニング・・・

 留袖は、女性の正装ではあるけれど

 私は、これを、おしゃれ着にして着ようと

 もう、手元に届いて、2つの夏を、箪笥に眠らせてしまっていた

 それと言うのも、甲状腺機能低下症と、日々のテイタラクから

 体重増加。。。当時、なんとか袖を通せるはずだった物が

 とても、着用できなくなり・・・・・・

 5月からのダイエットで、7㌔の減量をし
 
 下前にほんのちょっとの足し布をしたことで

 やっと、やっと、デブーとアイナッタワケで・・・・・

 蒼井優ちゃんと並んで画像を載せるのは憚れるけれど・・・・・・

            

Photo_8

           夜の海に、渦巻く潮・・・・ そこに小さな千鳥が
          真っ直ぐに天にのびるマストを頼りに、広い世の中で
          幸せの真意を見つけ出す旅をしている・・・・・・
          マストには、いろいろな色の手綱が繋がっていて
          天を指す力になっている・・・と言う風な、門出にふさわしい
          でも、ちょっとユーモアのある裾模様に一目惚れした

Photo_5

            合せた帯は、絽の名古屋
                 ネットオークションで偶然見つけた千鳥帯

Photo_9


            これも、源氏車に青海波 そして 千鳥

            千鳥のふっくら加減も留袖の千鳥に同じ・・・

            なんてったって短いので、手の分がとれない
            で、手先を帯上に扇型に広げて飾り結びにした
               手元にちょうど良い紐がなくて、、       
    

Photo_6

               半襟は、画像では白に見えるが
           淡い灰色の絽で なでしこの花が織出されているもの

                     帯揚げは柳色の絽
                     帯に合せて白骨の扇子

Photo_7

           帯留は、けっこう量産されたセミアンティークのブローチ
             樹脂の中に、帆を張った帆船のレリーフが・・・

                三分は水色の濃淡で涼しげに・・・・・

                  てなふうなコーデ・・・・・・
            これに、アンティークのビーズバッグを・・・・

            この留袖を、おされ着にドレスダウンさせる秘策が!!!

               それは、また後日、記録しておこう  

                                              にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
                                            にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜顔の着物はないけれど・・・

        夜顔の妖艶な咲き姿で思い出した憧れた着物・・・・

Kimono200974b

          残念ながら、こんな素敵な着物はないけれど・・・・・・

          夜顔ごとく、一夜の儚い命の花を咲かせる「月下美人」の帯が
          あまり出番もなく、箪笥に眠っているのを思い出した

            色っぽい帯だが、なんでか、夏帯ではないので
            (たぶん、4~5月の単衣直前に合せるのだろう・・・)
            どんな着物に合せたらよいか、いまだに思案中なのだ

       

Photo_2

             月あかりに浮かぶ 月下美人の花の帯・・・・

             全体に銀通しの芯無しのようにやわらかな帯・・・

                雰囲気は好きなんだけどね・・・・・・ 

              来年こそは。。チャレンジしようかな・・・                  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧