« 2016年8月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

今年のハロウィンの設え

ここ数年、ハロウィンイベントがとっても盛んになったようで
我が家もハロウィンぽく玄関を設えてみた

河鍋暁斎の地獄太夫 のポスターをメインに
そのテイストに合わせて・・・と思ったが
あっという間に時が過ぎ、もうハロウィン目前ではないか!!

Jigokutayu1

Jigokutayu3_2
プエブコ というリアルな鳥のオブジェを購入
烏(からす)というセレクトはウチのばあちゃんには驚きだったようで・・・
上から飛びつこうとしているような烏もリアルでしょ?
二羽の烏、最初から紫のリボンを足に巻いてるけど、あえてそのままで・・・

Karasu1
ルミナラのキャンドルをタイマーセットして
夕暮れ5時になると点灯するように・・・

Kabotya
近所のマックスバリュで買ったおもちゃカボチャを3個ならべてみた

でも、なんだか暖色系なので怖さより暖かさを感じるには
私の独りよがり?

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハロウィンには河鍋暁斎の地獄太夫

昨年のハロウィンの後のセールで
アメリカのショップでポスターを購入した
そして、一年近く押入れに隠していた

Jigokutayu
やっと陽の目を見ることができた暁斎の「地獄太夫」
地獄太夫の図は私の持っている衣桁がバックに描かれているボストン美術館のものと
屏風がバックに描かれたシカゴ・ウェストンコレクションのものと酷似している

我が家のボストン美術館の地獄太夫の方が色彩が柔らかみたい
着物の柄も違う

↓がシカゴの地獄太夫

どちらも一休禅師と骸骨は酒によって踊るという
奇妙な構図

Jigokutayu_sikago

Jigokutayu2

上の着物はボストンの太夫の裾模様(私の所有の方)
シカゴの太夫の着物は黒目の多い配色のようで

Jigokutayu3

骸骨が三味線爪弾いて
踊り狂っている描写がなんとも滑稽・・・頭にのっているのは一休禅師
酒好き、好色なお坊様だったそうで・・・

Jigokutayu4
よく見ると、着物の地紋は閻魔様の冠の紋のような・・・

Jigokutayu5
帯のタレを前に下げて結ぶ花魁独特の「まな板」結びの帯には
お地蔵様のような聖人の絵・・・

なんとも不思議な雰囲気

Jigokutayu6

箸を扇に見立てて舞う骸骨のユーモラスなこと・・・

この画に、一工夫して我が家のハロウィンのディスプレイ

まだ未完成につき、後日記そうと思う・・・

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストウブでグリーンカレー

Taimesi1
時々、無性に辛いタイ飯を食したくなる
家族全員一致で「グリーンカレー」
ストウブ26センチで大量に(400ccのココナッツミルク3缶使用)作った

もちろん、パクチーは欠かせない!
家族全員パクチー大好きですから・・・画像の倍以上一夜でなくなる

ビールのあては海老煎餅
鯖缶のオニオンスライスのせ

Taimesi2
タイ飯ならば絶対ジャスミンライス(インディカ米)じゃなきゃぁぁ
これもたっぷりと用意

エスニックの食卓にはとくに大活躍の大好きなレックスホテルの旧食器 

あっという間にお米もカレーも完食
もちろんパクチーも・・・

名残の夏ももう早足で秋にバトンタッチ・・・
ちょっと寂しい気もする・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年11月 »