« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

陽芽(紀州犬) 二度目手術 療養中です

紀州犬の陽芽(メス・8歳)が二度目の手術をした

右乳腺にシコリがあって、半年の間に大きくなって
「大きくなる進行が早いから悪性かもしれない」と獣医師の診断

一番下部の乳房だからその上の乳腺も切除しなくてはならないかもしれない・・・
そうなると、傷口も大きいし、療養も長くなる・・・と言われて

相方は考えて、今回は下部の腫脹部分だけ切除して
術後、即帰宅、自宅療養ということになった

きっと病院でも手に負えないだろうし・・・
GW、相方は介護一色の連休になった

Dsc02147
外飼いだから、不衛生だし
夜間も観察しなければならないので
急遽、玄関に特設ゲージを作って・・・
黒い格子は、私の薔薇用のラティス
ガムテープでウレタンシートを床に張って
その上のおソソ用パットは初日にぐちゃぐちゃにしちゃった

Dsc02148
間もなく術後一週間
ようやく環境にも慣れてきたみたい

最近では、ここは私のテリトリーと言わんばかりに大そう我が物顔

威張ってもいいから、早く良くなって!

路傍の石ころを飲み込んで腸閉塞で死にかけた  
あれから7年・・・

二度目の手術で、やれやれな陽芽なのでしたぁぁぁ(今日のワンコ風)

続きを読む "陽芽(紀州犬) 二度目手術 療養中です"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タラの芽

別に暮らしていた息子が戻ってきた
引っ越しの片付けやら何やらでゴタゴタし
病犬の介護もあり・・・
GWは(といっても3日連休だけだけれど)あっという間に過ぎ
画像を整理していたら もう一か月も前の画像が・・・

相方が、春の香りいっぱいのタラの芽を採ってきてくれた
労をネギラッテ、時期遅れだけれど、備忘録に残そう

数年前、お世話になった酒屋のご主人が急逝された時
葬儀が終わってしばらくしたころ、酒屋の女将さんが
「お宅で頂いたタラの芽を天ぷらにして夜いただいて、
 残りを翌朝甘辛に煮て出したら、旨い旨いといって朝食に食べて
 出かけて行ったゴルフ場の駐車場の車中で意識を無くして
 数日後に亡くなっちゃって・・・大好きだったからね、タラの芽」

「まさか最後の食事になるなんて思わなかったけど
 大好きなタラの芽食べさせてもらって本当によかったよぉ」
と、、、語られたことを思い出す

それから、時期になると、相方は毎年、我が家と酒屋さんのおじちゃんの分と
必ず採って届ける

「おじちゃん、思いだして辛いかな、、、」って尋ねたら
「真っ先に天ぷらして、お仏壇に供えるんだよ 大好きだったし
 旨い旨いって食べてた姿を思いだすとうれしいんだよ」って言ってくれた

Dsc02146
今年もまた、そんな時期がやってきて、アッという間に過ぎて・・・

Dsc02144
天ぷらに、胡麻和えも作ってみた

おじちゃん、タラの芽の時期になるとおじちゃん思いだすよ

どうか、安らかに・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストウブ鍋や調理道具の収納 ちょっと変えてみた

ここ最近で、鍋が増えた
ことに重いストウブが主だから、これ、、、ヘビー級だわ
20160410155411_2

で、、、ストウブ 三姉妹 がやってくるまでは、
下のようなワイヤーラックがストウブさんたちの住処

そのすべてをこの細い支柱が支えているのだから
改善の余地ありでしょう?

Dsc01979

クックパットお料理教室のキッチンの様子を紹介したページ(下記3枚の画像)

とっても合理的で、素敵な収納なので
羨ましいし、参考になるなぁと感心している私
Staub2

講師のアイデアで作成された作業テーブル

重量があるストウブ鍋は、収納場所をちょっと選ぶ
あまり高い位置では危険だし、
低すぎても持ち上げる時大変
Staub3
これくらいの位置に収納すると負担なく取り出せる
何と言っても 着席した位置から良く見えて
自慢のストウブ鍋を飽きずに眺めていられる

Staub1
かといって、すぐに真似できるわけではないので
いつか、キッチンをリノベするときの参考にしたいと思い・・・・・・

リノベなんて無理だから、ひとまず、なんとかせねば

Dsc01976
築35年の我が家のキッチンはステンレス張りの実用一点張りのI列型
腰下の琺瑯扉は、レトロなアボカド色で(当時、流行ってた)
ねじが腐ってとれちゃってるけど
百均グッズを屈指してそのまま使っているんだから・・・
ゆえに、良く使う道具は原則、外出し

Dsc01981

流しの左側はトースター(ポップアップ)バイタミックス、炊飯器などの小型家電
息子が独り暮らしをした時のお下がりのステンレス棚(ディノス)が
お下がりながら、今、重宝してて、有元葉子さんオススメの
ラパーゼのザルやボウルの置き場所
左奥上段の竹ザルは亡き父の遺品
コッパーカラーが美しい炊飯器の窯はボウル替りに活躍中
普段使いのグラスというかコップは
ディノスのグラスハンガーで収納

もう、ステンレスの出窓部分にも鍋の置き場はない!

で、、、重さに耐えうる+あまり高価でない+ストウブを並べて違和感ない
そんな収納棚を探していた

で、、、ディノス でみつけた

パントリー用だから杉の無垢でとにかく頑丈
1段、50キロの重さに耐えるというから・・・
ヘビー級ストウブも大丈夫!! 何個でもキヤガレ!!

Photo

電子レンジの下の白いローラートップは
義母のいろいろな物(食べかけのお菓子やパン、サプリ等々)を
入れていただくように同じくディノスで購入
(洗濯バサミで口閉じて、その辺りにちょこちょこ置いちゃうのよ(;´∀`))
Photo_2
最下段の木箱はワインの箱
フライパン類を収納することに ピンとヒラメイテ・・・
Photo_3

箱の中には、本立てが2個フライパンをしっかり立たせてくれる
案外取り出しやすくて自画自賛!

あぁぁ。。。でも、パントリーのあるキッチンが欲しいなぁぁ
こればっかりは「キッチンリフォームしてアピール合戦」しても
無理なお話だわね・・・

でも、自分で使いやすく工夫した35年物の台所も
とっても好きだよ

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »