« ラフテー@ストウブ | トップページ | 独りの夜もストウブ・・・ »

記念日に極上のディナー@アデリーヌ

私達、夫婦、結婚35年を迎え、娘と息子が
記念日ディナーにと 極上のフレンチを用意してくれた

隠れ家レストラン アデリーヌ がその舞台・・・
裾野の山奥に、ひっそりと佇むレストラン
アデリーヌときいて、リチャードクレイダーマンの「渚のアデリーヌ」を思いだした

S

Dsc020141

ディナーは基本、一組貸し切りの贅沢な時間・・・

Dsc02015
しっとりと露を纏った寒椿があしらわれた塗りの長尺箱に

Dsc02016
見目麗しい前菜・・・・・

Dsc02018

Zensai

お箸と日本酒で味わう安心感・・・

しっかりフレンチがベースの前菜に舌鼓

Dsc02028

高坏皿に盛られた駿河湾の海の幸
初めていただく「熟成本マグロ」  うぅぅ~ん んまい!

Dsc02027
カウンターの中のIHの上にストウブが!
シェフも愛用するとは聞いてはいたが
実際、目の前の黒々マットブラックのストウブはかっこいい!!

Dsc02034
シェフがベルギーで見た大きなサイフォンに発想して
なんと、スープをサイフォン仕立てで供するという一品

Dsc02035
スッポンの濃厚なスープが干し貝柱と昆布が仕込まれた左のグラスにポコポコ・・・

Dsc02037
手元の吸い口には下処理したすっぽんが入て、タンクからスープを注ぐ趣向
それはもう旨味のオンパレード

Dsc02040
蝦夷鮑と帆立の燻製が茶箱で供された
蕎麦米リゾットに菜花のフリット 肝醤油を絡めていただく

Aburi
あぁぁ。。。いつまでも食べていたい(笑)

Dsc02043
金柑の氷菓・・・

Dsc02046
肉料理は静岡育ちのサーロインのポワレ
季節の香りいっぱいの野菜とともに・・・

Dsc02051
こんなにたくさん頂いたのに・・・ご飯はまた別腹・・・の穴子ごはん
Dsc02053
コレクター鈴木常司のモネの美へのまなざしをアレンジされたのか・・・
味わいの異なるデザートが楽しい
飴細工のスティック デコポンシャーベット 和菓子の求肥を使ったものも・・・
楽しい 美味しい 

Dsc02057
食後のお楽しみはコーヒと小菓子
濃厚なキャラメルとホワイトチョコのオランジェもシェフの手作り

Dsc02058
濃密な時間を過ごした夜・・・
心もいっぱいになった

数日が過ぎて 心と舌に焼き付いた極上のもてなしを
また味わいたいと欲している自分・・・

自分や家族にご褒美に・・・
訪れたい隠れ家レストラン

子供たちよ ありがとう!!
それから。。。相方さん、今後もよろしく!!

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

|

« ラフテー@ストウブ | トップページ | 独りの夜もストウブ・・・ »

うまいもん」カテゴリの記事

日々の移ろい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212393/63359076

この記事へのトラックバック一覧です: 記念日に極上のディナー@アデリーヌ:

« ラフテー@ストウブ | トップページ | 独りの夜もストウブ・・・ »