« 我が家のクリスマス そのⅠ | トップページ | 元旦の夜 »

明けましておめでとうございます

Dsc01240

               2015 新年明けましておめでとうございます


毎年、大晦日に相方と伊豆東海岸のお宿に出かけて
露天風呂から初日の出を拝むという年越しをしていたが
今年は久々に家族そろっての元旦の朝を迎えた

義母も高齢(まだまだ元気、すこぶる元気)なので
そろって新年を迎える事も大事だと感じ
「このお正月は家で迎えましょう。それでなくても宿泊料金高いし
 その分、他の記念日に二人で出かけましょうよ。二回分行けるし・・・」と
提案した私に相方も同意し・・・

さぁ、家族のクリパ2回、その後クリスマスからお正月にチェンジの
大仕事!!2mのもりぞう(クリスマスツリーの呼び名)を格納!
日持ちするものから徐々におせち料理の準備
うらじろや立桂などの葉物をネットで探して日付指定で注文したり

Dsc01248_2
元旦に備えてお正月用の食器類を総動員して洗い、拭き清め
神酒を買い。。。フルタイムの仕事を持つ身なので、もういっぱいいっぱい
でも、クリスマスもお正月も家族と私にとっては一大イベントなので
わくわくしながらで楽しくて・・・
だから知恵熱出すんだと家族に言われつつ・・・

Dsc01232

左の3つが私のおせちのお重、右2つは義母のお知り合いが夫婦で営む
中華料理店のおせち
Dsc01246
柚子窯の下に引いてあるのが立桂
市販のおせちの下に敷いてあるけど今年初めて使ってみた
お料理の高さ調整や、安定しないものを固定する役目もしてくれて
防腐効果もあるというのだから便利!!
vegi-euphoria さんでお取り寄せ
つまものなども季節のものがあって魅力的な品揃え

Dsc01243
 
今年はお煮しめも素材別に煮たので大変.。o○
牛蒡の八幡巻は息子が大好きな一品
小鮑の煮物と共にいつの間にか消えていた
Dsc01245
評判良かったのは手前のスモークサーモンのマリネ
かつら剥きした大根を軽く酢漬けにし、サーモンを巻いて
ゆでたキャベツでひと巻してディルを飾ったもの

羽子板の蒲鉾や梅花や手毬の生麩は珍味なども取り扱う湯川商店 さんで取り寄せ

やぁぁ ネットって便利(いまさら)

Dsc01241
朱の碗は骨董の絵変り
右端の小鉢は我が家に残っている骨董の物で私のお気に入り
正月にしか登場しない物
同じく我が家に伝わる盃は内金の朱塗りで 中に南天
外に家紋が描かれている
「喜」の一文字の取り皿はディノスで見つけた新参者
日の出の懐紙が箸袋代わり

Dsc01239
この銚子は昨年、ディノスでみつけた我が家の屠蘇器
ティーポットなのだ
そんななんちゃって屠蘇器が大変身したのは
工芸店 ようび さんの荒木蓬莱堂製の屠蘇飾り  のおかけ!

Img_2101_930_631                     ようびさんのHP画像から

この画像に一目惚れして1年に一度の登場ながら清水の舞台から
飛び降りた素敵な物!!
水引で松と白梅をあしらった清々しい様子
大事にするわ!!
クリスマスから続くどたばたの年末で体調を睨みながらも
まぁ良く働いたな(得意の自己満足)

義母もたいそう喜んでくれたし、ふだんばらばらの新年の朝も
ほんとうに珍しく全員そろって迎えられたし
今年も1年、仕事も家事も楽しみながら頑張るわ

そして私の自己満足の世界に皆引きずり込むのよ!!

さあさあ、明日は仕事!!休日当番医!!
インフルエンザの患者さんがいっぱいやってくるだろうから
今日は早めに休んで(夕餉は蟻月のもつ鍋で精を付ける)笑顔で受付しよう!!

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村

 

|

« 我が家のクリスマス そのⅠ | トップページ | 元旦の夜 »

日々の移ろい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212393/60910025

この記事へのトラックバック一覧です: 明けましておめでとうございます:

« 我が家のクリスマス そのⅠ | トップページ | 元旦の夜 »