« 今年のもりぞうという名のクリスマスツリーは・・・ | トップページ | 2年目のもりぞうという名のクリスマスツリー »

クリスマスカードの思い出

Dsc01160
我が家に届いたクリスマスカード・・・
といっても白いカードの日付は1994年・・・

もう、20年前
スノーマンのカードには日付がないが、多分その翌年のものと思う
このカードの送り主は今はもういない・・・

天国に召されてもう5年以上

高校時代の友人で特に仲が良かったわけではないけれど
お互い家庭を持ってからも数人であって食事して近況報告したっけ

遠い街にお嫁にいって一粒種の息子さんと、ご主人の実家近くに素敵なお家を
建てて幸せに暮らしていた

彼女のご主人の訃報を聞いて驚いたのは息子さんがまだ小学生の春浅い頃
パートナーの突然の死に直面した彼女は気丈にもしっかりとご主人を
送り出し、お世話になった親族にお礼のご挨拶に回っていた時のこと
自宅に帰り付くと同行していた息子さんに「疲れたね、今日は・・・」と一言云って
玄関で倒れてしまったという

そのまま目を覚まさず 彼女は天国に召された
まるでご主人の後を追うように・・・

一人残された息子さんの心中を思うと胸が張り裂けそうになる

いまでも息子さんからは年賀状が届く

律儀に亡くなったお母さんの旧友にもしっかりとした賀状を書いてくれるのだ

あぁ、、、青春の頃は誰も「死」という一文字を想像もせずに
あだ名で呼び合って笑い転げて、、、

彼女の面影はその時のまま 止まっている

綺麗な長い少し茶色い髪をまとめた彼女の その髪が羨ましいと
思ったこともあったっけ・・・

「天国で旦那様とまた一緒にいるんだろうな」
「大丈夫、息子さんは立派に育っているよ、見守ってあげてね」

Dsc01165
            親愛なるウィポンへ・・・
          また一つ歳を重ねて、私はどんどんおばあちゃんになってしまいます
          カードの思い出をありがとう  

                       

                       にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ
                      にほんブログ村

|

« 今年のもりぞうという名のクリスマスツリーは・・・ | トップページ | 2年目のもりぞうという名のクリスマスツリー »

日々の移ろい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212393/60716363

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスカードの思い出:

« 今年のもりぞうという名のクリスマスツリーは・・・ | トップページ | 2年目のもりぞうという名のクリスマスツリー »