« 美の壺 アンティーク着物考 その八 銘仙なつかし・・・ | トップページ | おせんちゃん半襟で木綿きもの »

美の壺 アンティーク着物考 その九 復刻銘仙

Photo

                番組で紹介されていた一枚・・・・

Photo_2

              紫と花緑青色の市松に銀通しの鳩と流水の地紋
              艶やかで、粋で、惚れ惚れする構図・・・・・
              銘仙ではないかな?お召し? でも、素敵heart04

D D_2      これは、バイブル本bookの銘仙のいろいろ・・・・
      上の薔薇柄の銘仙は、某復刻版販売サイトで見かけたことがある・・・・

Photo_3               色味は現在一種類になっているよう・・・・・・・ 

        秀逸なデザインのものをこうして再現してくれる心意気に脱帽

Photo_4

2

Photo_5

                       最後に・・・・・・・・
               着物一枚に帯三本の変身ぶりを・・・・
            一枚目の帯は、沖縄のアダンの実かしら・・・・

Photo_6

    

           中は花更紗・・・下は紗綾形に草花の帯・・・・・

                   どの帯も個性的で素敵・・・・・・

        そろそろ、枚数を増やさず、
         手持ちでいろいろ着回す技を極めたいのだが・・・・
            ついついポチっとしてしまういけないサガ.。o○

          着物に興味を持った頃、義母が箪笥の底から娘時代の
              着物を出して見せてくれたことがあった
           種子島の貧しいサトウキビ農家のから嫁いだ義母は
            病弱なお姑さんの看病でおしゃれも楽しめずに
        子供を育て上げて、「着物は窮屈だから、最初から持ってないのよ」
         と笑って言っていた    一枚の銘仙があったけれど、胸の位置に
          大きなシミができてしまっていて残念ながら、
            お下がりとして 着用することはできなかった

       「自分の着るものなんて二の次でしょ・・・
                娘時代の銘仙着て、息子(相方)おんぶして
          おっぱいあげてたからね シミになっちゃったんだね・・・・・・」
       我が家には、蔵もなければ、代々受け継がれたお宝もないけれど
           私が気に入って入手したアンティーク着物をみて
           娘時代の話に花が咲く義母との会話が何よりの宝
          古き良き時代の忘れてはならない手仕事の技と心は
               大事に後世に伝えたいと感じる
            もっと「日本の民族衣装」を着る機会を作りたい・・・・・
            一から九まで独壇場でアンティーク着物について
            語ったけれど。。。。。。これで終結。。。。。。。
            私の着物修行と獣道はまだまだ続くけれど・・・・・・
         
                よろしかったらポチっと押して
         たくさんの着物好きさん達のブログをご覧くださいませ・・・・・↓                   

                   さんくす♪(o ̄∇ ̄)/ 
                    にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
                     にほんブログ村

|

« 美の壺 アンティーク着物考 その八 銘仙なつかし・・・ | トップページ | おせんちゃん半襟で木綿きもの »

美の壺 アンティーク着物考」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212393/48616703

この記事へのトラックバック一覧です: 美の壺 アンティーク着物考 その九 復刻銘仙:

« 美の壺 アンティーク着物考 その八 銘仙なつかし・・・ | トップページ | おせんちゃん半襟で木綿きもの »