« 伊藤若沖に逢いに駿府に参る・・・ | トップページ | 伊藤若沖帯・・・再登場 »

薫風・・・転じて雷・・・

                          ひやりと冷たい風の朝・・・
                      そこかしこ、緑の芽吹きが眩しい季節・・・・

About_image02

  NHKBSで放送されているお気に入りの番組京都大原 ベイシアの手づくり暮らし
                 ベイシアさんが話していたっけ・・・・・・
              この時期に吹く風を「薫風=くんぷう」というと・・・・・

      京都大原の100年以上経つ古民家に暮らす、イギリス生れのベイシアさんの
               スローライフが素敵で、放映を楽しみにしている

         ベイシアさんの話から・・・・・・

            薫風は、初夏、木立の中を抜けて吹暖かな南風が
                  新緑の香りを運んでくるのです。
                 風はいろいろな役目を果たします。
                      気温を調節したり、
                     天候を変化させたり、
                  植物の種や花粉を運びます。
                風がなければ、鳥も空を飛べません。
                  人生の苦境にあるときは、
                 向かい風を受けているように感じます。
                わたしたちも時には過酷な状況にもまれ、
            川を上る鯉のような強さを身につけなくてはいけません

                   さて・・・今朝の私は、働き者であった
       朝から洗濯物をさっぱりと洗い上げ、ぱんぱんして竿にかけ・・・・・
                  ついでに布団も運び・・・・・runnoterunnotesやる気まんまんfull

              気になっていたサッシ窓の汚れも落とさなきゃ・・・・・

                          あれれ???
       こんなに気持ちのいい朝なのに、遠くに聞こえるあの音は???????

               ふと北側の空に目をやるとnewmoonnewmoonnewmoonnewmoonnewmoonnewmoonnewmoon
              真黒な雲の塊がむくむく成長しているではないか!
                で、あの音は雷thunderthunderthunderだよな?????

        そうこうしている間に、新八犬伝の玉梓が怨霊shadowの登場シーンのように
                 一天 かき曇り.・・・ごろごろ始まった

      薫風は一気に土に雨粒が落ちた時の砂っぽい風のにおいに変わり・・・・
            ベランダにだして数分で、布団もシーツも一斉退去sweat02

       その後、着物を着ようと張り切っていたが、天候不順のため回避
             2008年のちょうど今頃、三島に出かけた時のコーデを
             ふと思い出した・・・・・
      

54usiro_2

            この結城ちぢみ・・・まさしく「薫風」と名付けたくなる色合い・・・・
                  ところどころに、水色や肉桂色のドットが飛んでいる

           

54mae

                   きものさらさ さんの仕立て直しの牡丹帯
                 娘や相方は、牡丹というよりラフレシアだと言ったannoy
          このコーデも襦袢は夏襦袢を合わせているな・・・・・・5月に袷は暑いもん

             雨・・・・上がったら、きもの着たいな・・・・・・・・・・・・・・・
                         薫風よ、どうか再び(祈)
           

|

« 伊藤若沖に逢いに駿府に参る・・・ | トップページ | 伊藤若沖帯・・・再登場 »

日々の移ろい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212393/48340201

この記事へのトラックバック一覧です: 薫風・・・転じて雷・・・:

« 伊藤若沖に逢いに駿府に参る・・・ | トップページ | 伊藤若沖帯・・・再登場 »