« SPRING SNOW・・・・・なごり雪の帯留届く | トップページ | さくら尽くしで夕餉 »

駿河の誉れ 和煦にて知る

           Waku
和煦のSPRING号が届いた。表紙の藍色の生紬に、紅型の帯も
素敵だわぁ・・・・ロングに着物もノスタルジックでいいものねぇ・・・・
今回は、我が郷、静岡の話題満載で、うれしくなってしまった。
と、同時に、「地元でも知らないこといっぱい・・・」でショックを受けた。

Photo_2

中でも、染色家の芹沢銈介氏の作風にいちころsign03
芹沢銈介美術館、行ってみよう!!
上の三枚の着物!なんて素敵な構図!!
単や、夏着物に再現してくれないかなぁ。。。。。
沖縄紅型にも影響を受けたと言うが、大津絵にも似た、大胆で
絶妙なバランスで、一目で惚れてしまった。
真ん中の赤い「鯛泳ぐ文着物1964」なんて至極好き

        Photo_3
他にも、駿河塗下駄の紹介もされていた。
飛騨、春慶の塗下駄は母から旅の土産にもらったことがあるが
地元に、こんな素敵な下駄があったなんてね!!

    Photo_4
伝統を継ぐ、お若い作家さんの作品も、興味深い。
上の咲作品は鈴木千恵さんの下駄。

        Photo_5
浮世絵の歌川国芳の猫の擬人画を題材にしたという
ウクレレとフラダンスの猫の下駄なんかドツボnotes

いやややぁ・・・・我が郷、「しずぉーか」も、なかなかやるねぇぇ
充実の一冊だった!! 和煦さんありがとうnote

|

« SPRING SNOW・・・・・なごり雪の帯留届く | トップページ | さくら尽くしで夕餉 »

日々の移ろい」カテゴリの記事

コメント

ちゅら海さま

こんばんわー
駿河塗下駄美しすぎます。ほしいーーー
ネットで調べたけれど出ていませんね。
やっぱり現地調達しなきゃいけないのかしら・・・
猫の下駄、ホント欲しいです。
わたしはあんまり下駄をたくさん持っていないのです。
いいなーとため息ばかりついています。

投稿: mika | 2009年3月29日 (日) 22時14分

mika様
ようこそ!
駿河下駄…地元でもあんまり見かけませんsweat02静岡駅ビルにアンテナショップあるんですが、入ったこともなくて、、、、
今度、是非とも行ってみますね!!
情けない…「灯台下暗し」ですcoldsweats01
ちなみに若手の下駄職人の“ち”さんのブログです。時々更新されるみたいですよぉhappy01http://blog.chee-lab.com/

投稿: ちゅら海 | 2009年3月30日 (月) 00時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212393/44428926

この記事へのトラックバック一覧です: 駿河の誉れ 和煦にて知る:

« SPRING SNOW・・・・・なごり雪の帯留届く | トップページ | さくら尽くしで夕餉 »