« つるし雛@稲取のアルバム | トップページ | 龍の帯 六 »

桃の節句の夕餉

        桃の節句だというのに、雪snow
   娘は車を停めた駐車場から一歩も動けず、
      父に泣きついて「迎えに来てぇ」
     相方、仕事を切り上げて迎えに行く。
  (あぁぁ、オトン、良いアッシーになっちゃって・・・・・・)
   帰宅する二人に合わせて夕餉の支度をする。
  昼休みに三枚におろしてもらって下味つけた小鯛を
       カシラと骨も含めてから揚げにする。
手こね寿司の酢飯を作る。酒醤油につけたマグロを豪快に和え
         アオヤギとトビコをトッピング。
  昼休みに作っておいた錦糸卵を彩りに・・・・・・・・
     Img_2352

   Img_2349
寿司桶は、院長先生のご自宅改築の際に不用品で
処分されそうになっていたものを譲ってもらった赤漆の桶(立派)
取り皿は、さっきまで箪笥の上にディスプレーしてあった
金屏風と貝合わせ模様の古い皿。「本番ですよ!!」
Img_2350 Img_2347
蛤は先に酒蒸ししておいたものに、だし汁をはって三つ葉を散らす。
この椀はオークションで譲ってもらったお気に入り。
         2
         一つ一つ、椀蓋の絵が違う。
       お気に入りは、一番上の 波兎。
  鵜飼と屋形舟、遠山風景、岩松と鳥居、灯篭に番傘。
   見ていて飽きない、先人のセンスの良さを味わう。
  黒漆も好きだけれど、黒は熱で曇る特製があるらしい。
     素人は赤の漆器が扱い易いそうで・・・・・・・
     今夜は桃の節句だから、赤で良いのだ!
        Img_2355
 六時半まで残業で、デザートまで作る時間はなかったので
  市販のアイスとイチゴで勘弁。雪見大福久しぶりnotes
      そして、明けて今日、いそいそと雛の片付け。
     娘が行きそびれないように・・・・切に祈って.。o○

 

|

« つるし雛@稲取のアルバム | トップページ | 龍の帯 六 »

日々の移ろい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212393/44242227

この記事へのトラックバック一覧です: 桃の節句の夕餉:

« つるし雛@稲取のアルバム | トップページ | 龍の帯 六 »