« 篤姫の箱迫 | トップページ | 篤姫・・・終わっちゃった »

商売繁盛 家内安全 夜祭大好き!!

          Img_1874_2    
当地では、11月の最終土日(昔は大酉の日)に催されていたらしい)に
高尾さんの夜祭が行われる。
昔、山梨の高尾山穂見神社の分れで、当地に祭られた、地元の氏神さんの代表。
中宮に熊野神社があり、奥宮に穂見神社が祀られている。
商売繁盛、家内安全、縁結びの神様である。
夕方から、夜っぴいて翌日の午前中まで、多くの人がやってくる。
商売繁盛の神様だけに、夜深くなると、その筋のママさんたちが、
ヒイキのお客さんを連れて、(まぁ、いいご機嫌に出来上がってるのが常)
参道の、縁起物の熊手を買って帰る。1年、店に飾り崇めて、翌年、古い熊手を
返納して、また新しいものを求める。
だから、来る人も、買える人も、みな熊手を高々上げてる。
人ごみにつぶされないように、神聖なお飾りは頭より上に持つのだ。

        Img_1867
今は、国道一号線バイパスが通ってしまい、歩行者天国も、参道に通じる
脇道のみになっているが、私が小学校のころは、もっとにぎやかで人出も多かった。
人波にノマレルという感覚なのだ。 そして、西風が強く、寒かった。
ここ数年は、「高尾さんなのに、暖かいね」の言葉が多く聞かれる。

飲み助の私と相方と、お決まりの夜祭デートnotesである。
♪コンコンチキチキ コンチキチ  ・・・しゃぎりが聞こえてくる。
ソースの焦げた香り、焼イカのにおい。発電機の騒音。
おぉぉぉ・・祭りが私を呼んでるぅup
まずは、境内に向かい、去年のお飾りを返納して参拝をする。
2礼2拍手1礼。正式に! 新しいお飾りを頂く。破魔矢である。
さぁ・・・縁日だ縁日だぁ。おなか空いたぉぉぉ! みっけeyesign03
         Img_1861
北海道のキャベツだってsign02 直径40センチはある。でかっ!  
Img_1863 Img_1865
その夜店の焼そばと、白ころホルモンの塩とタレ味、2皿、ほっかほかの
ジャガバター、無くてはならない「ワンカップbottle」で宴の始まり~
夜店と夜店の間の、空き地の片隅で、空腹を満たす、縁日グルメである。

Img_1868 Img_1869
塩焼きの鮎みっけnotes
「焼けたのないよ~、10分はかかるよぉ」と、お姉さん。
「いいよぉ、待つよぉ~、ワンカップちょうだい」
「燗つけて。。。あ?セルフサービスね」と、、、
七輪の上のお湯の沸いた鍋にワンカップをセットする。
ちょうどいい感じに燗がついたころに、鮎も焼きあがった。
お姉さんの言うとおり、卵入りの鮎だった。
美味である。焼きたてをほおばる贅沢である。
場所は、銀行のATM入口の通路であった。家族ずれも
夕食していた=縁日グルメで!!
        Img_1875_2
帰路につく途中、またもや別腹が。。。。。。「たこ焼き」
ほかほかのできたて。一口では頬張ることができない。
とろとろの焼たてhappy02会場は、最終も通過した、小学校前の停留所の
ベンチである。
よい大人が、夜祭で、オテテつないで縁日グルメを味わってる
幸せな夜であった。   来年も行こう! だから皆、元気で!!

|

« 篤姫の箱迫 | トップページ | 篤姫・・・終わっちゃった »

日々の移ろい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212393/43274977

この記事へのトラックバック一覧です: 商売繁盛 家内安全 夜祭大好き!!:

« 篤姫の箱迫 | トップページ | 篤姫・・・終わっちゃった »