« アンティーク・絽ちり帯 | トップページ | 浴衣2008とアンティーク生地 »

おせんさんの烏帯

毎週楽しみにしている日テレの「おせん」
今週第五話で、おせんさんが〆ている帯が「オヤっ?」っと目に飛び込んだ。 

        Karasu1_2 
               
        Karasu2_2
   

        Karasu3
おせんさんや、一升庵の皆が、「どうにもならないのか?」と
悶々としながら仕事をこなし、一日が終えようとするとき
おせんさんから「わっちから、皆さんにお願いがございます」と
企てと相談するシーンの・・・・・・「帯」  (状況説明長過ぎ・・汗sweat01
(どこかでみたぞ)=確信。(つい最近)(ポチっとしようかまよった帯だ)
間違いなかった。きものさらささんのWEBSHOPのお品だぁhappy02

烏。。。というか、最近、鳥が憑いて回っていて、この帯もアップされて
すぐに(ほしいlovely)(烏の睫毛がキュートだわぁ)と、注視していた。

         Photo_2
      レモンイエローとシルバーの織地色もかわっていて
   (なんだが、この烏さん、哀愁漂っているわ)と思っていた。
3

しかし、私にはすでにもう一羽の
←烏がいる・・・
なんだか、憂いの表情も似ている。
(烏同士喧嘩でもしそう・・・愛情剥奪戦)

そう思っているうちにSOLDOUTしちゃった


   まぁ・・・おせんさんが〆てくれたのねぇ・・・やっぱり素敵catface
   このおせんさんの半衿と白着物のコーデも参考になる。
   白地の着物に水浅葱色が清楚でいい・・・・・・
   ますます目逃せない番組だ。。。。。。

|

« アンティーク・絽ちり帯 | トップページ | 浴衣2008とアンティーク生地 »

日々の移ろい」カテゴリの記事

神無月から皐月 袷のきもの箪笥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212393/41284472

この記事へのトラックバック一覧です: おせんさんの烏帯:

« アンティーク・絽ちり帯 | トップページ | 浴衣2008とアンティーク生地 »