« 染め見本のような紬 | トップページ | 物欲が・・・・・ポチっと病発症 »

誕生日パート2

昨日は娘の24歳の誕生日。娘からのリクエストで「和食と初亀」。
ならば、3月の私の誕生日に伺った西庵さんだわ。
予約の電話を入れてカウンター席を確保して頂いた。
初亀ファンの娘は「明日も仕事だしちょっとだけ」等と言いつつ
「おいしいおいしい」の連呼。私の血を引いたか器も好き。
女同盟でシコタマ飲み、旨い旬の料理も頂いた。
Img_0605Img_0606Img_0607
Img_0608Img_0610Img_0613Img_0623   
Img_0609Img_0615Img_0616Img_0617_2
Img_0621Img_0625Img_0626
娘は西川貴教氏の大ファン。るろうに剣心のテーマ曲を彼が歌っていた
頃から今に至る。
で、目ざとく同じ名の酒を見つけて・・・・・
♪独りでは遠い明日を夜明けの前のままで超えそうでぇ・・・・
『夜明け前』である。
本当に品数、食材の豊富な膳で大満足。相方(娘の父親です)も
娘も蕎麦大好き。おいしい鮨の後に手打ち蕎麦を頂く。
「おとんの蕎麦は修行が足りない」そうである。
49_8 49_2 
49_5 49_6
きもの  はじめて自分で購入した結城紬
      亀甲と後染め 春らしいきものが欲しくて
      画像を見て(あら、こんな後姿?染め分けは仕立て方で
      かなり印象が変わる 今ならこの仕立て方はしないなぁ
      と、思う)
      かなりヘビーローテゆえ、この後メンテナンスに
帯     きものさらささんのアンティーク
      ビロードのような起毛した地に鮮やかな花の染め
      前に瑠璃色の鳥の刺繍  後はタレ先のみに鳥の刺繍
      を施した美しい帯
       長さはたっぷりあるのに、引き抜き結びの逆さの太鼓柄
      最初に締めた現代風の締め方では鳥が脇にきてしまう
      前柄を合わせると今度は手が足りず、太鼓が余る
      四苦八苦sweat02切って二部式にしようか?いや、切りたくない
      今も締め方研究中 夜、もう一度帯を締めなおした
半衿   着用の襦袢の余り布
      Photo
帯留   竹蔵龍さんちのたけのこを今日は江戸風に、帯の手先元にしてみた。
      目立たぬところのオサレwink
      小物は青鈍(あおにび)や鉄納戸色でそろえてアンカーに・・・
                 

   

|

« 染め見本のような紬 | トップページ | 物欲が・・・・・ポチっと病発症 »

日々の移ろい」カテゴリの記事

神無月から皐月 袷のきもの箪笥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212393/40838582

この記事へのトラックバック一覧です: 誕生日パート2:

« 染め見本のような紬 | トップページ | 物欲が・・・・・ポチっと病発症 »