ウィリアムモリスのレターブック

大好きなウィリアムモリスのレターブックをamazonで購入した
Dsc02282
うれしくってドキドキ
美しい図柄がページをめくるたびに現れて
すっかりクラフトマンシップの世界に引き込まれてしまった

Dsc02284       「メドウェイ」と「なでしことひなげし」

Dsc02285       「ひなぎく」 デイジーとも呼ばれているパターンは色でこんなに
       印象が違う
     

Dsc02287       「クレイ」と有名な「いちご泥棒」

Dsc02288       「バラ」と「りんぼく」

Dsc02290
レターブックなので一枚一枚きれいに切り離せて
テキスタイルの裏はメッセージを書き込めるように素敵な装丁

Dsc02291       「バウワー」も素敵な色合い

Dsc022931       「花の鉢」とメッセージ書き込み部分のかわいい枠取り


いつか相方の趣味部屋を作るとしたら
この壁紙を・・・と思っている「ブルック」downはなかった
そうよね、花ばかりのシリーズだからね・・・

Brook

Photo「フォレスト」upも候補の一つ
ちょっと変り種の大人なモリス・・・このフォレストの黒系好きなんだ
Dsc02294

おやや?
はい、2部買いました(≧▽≦)
一冊は使っても一冊はそのまま自分用にとっておきたいから・・・

学生の頃、たとえ鉛筆一本、消しゴム一つでも
お気に入りを初めて筆箱に入れた時は
それだけで嫌いな勉強もウキウキ乗り越えられた・・・

今まさにそんな気分♪♪

さて、、、母に久しぶりに手紙でも送ろうか・・・

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白梅

今季の狩猟期間も今日が最終日・・・
ラストスパートの相方は先週末もお山に鹿狩りへ・・・
Ume1
いつもなら、ご立派な鹿角を携えて帰宅するのだが
今日は珍しく花を持ち帰ってきた

伊豆の山奥にひっそり蕾をつけた白梅

母が水盤に活けた
花瓶じゃ下の方の蕾が死んじゃうもんね・・・

Ume2
ほんのちょっぴりふっくらとしてきた蕾
部屋の中は暖かいから、すぐに咲くだろうって・・・相方は言う

山の仲間のおじ様たちは、ちいさな梅の枝を
ホットドリンクの空ペットボトルに挿して
車の中に置いておくらしい
すると車の中が楚々とした梅のいい香りに包まれて良いのだとか・・・
へぇぇぇ、、、山男も可愛いところあるじゃん・・・

日照極悪の我が家の庭の豊後梅の蕾はまだまだ硬い
河津では桜が満開間近っていってるのに・・・
クリスマスローズも地際にやっと花芽が上がってきた

我が庭の春はまだまだ

にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つぶさに読みます

ふと立ち寄った本屋で見つけたインテリア雑誌

(あら、素敵な表紙)
(50代、60代でたどり着いた?ピッタリじゃん♪)
で、、、お買い上げ

Book1
ペラリぺラリとめくっていくと
「ややや!!」
大好きなイラストレーターのこぐれひでこさんのページが!!

Book3へぇぇぇ・・・三浦半島に移住されたのか・・・
やっぱり好きです
この方のテイスト!
もう、ページに釘付け

Book4

舐めるように文字を読み
写真を凝視し、棚の上のディスプレイ一点一点まで
(むむむ。。。いいわぁぁ、、、全部良い!!)と・・・・・

Book2

このキッチンの素敵さ!!
ごちゃっとして見えるけど
1つ1つこぐれさんがセレクトした物達で・・この感じが大好き
Photo
こぐれさんの↑東京のガラス張りのようなキッチンも私のド壺な光景

ずっと前に雑誌で拝見してから切り抜いてスクラップして保管していた
はずだったのに、、、探したけれどスクラップごと見当たらない
いやいや捨てるはずないから、きっと子供たちの思い出箱の中だ
幼稚園時代の絵の束とか、バースデーカードや卒業文集とかetc・・・
大きな収納ケースに入っているから、、きっとそこだな・・・

ごはん日記 も毎日チェックしてる
センスが良くて、愛しそうだし、文章のリズムも大好き

こぐれさんの他にも素敵なセミシニアの暮らしぶりが見られて
買ってよかった本!
毎日、穴が開くほど読んで(見て)生活の参考にしたい

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末に娘からの感謝ランチ♪

またまた、かなり前にバックトゥザフューチャー的備忘録・・・

週末空いてる?と問われ、本当は年末でやらねばならぬ事がワンサカあったけど
父の墓参の後に誘われるまま出かけて連れて行ってもらった先は

結婚記念日のディナーを御馳走になった
隠れ家的フレンチレストラン アデリーヌさんだった

居心地の良い南向きの和室の貸し切りで
娘とゆっくりランチを頂いた

Dsc_0008
カードにメッセージが添えて合って
その一言に涙腺が緩む(歳だねぇぇぇ)

Dsc_0007
可愛い前菜(アントレ)は一品一品シェフの仕事が
施された一口で頂いてしまうには惜しいくらいのお品ばかり

10
前菜の好物は苺のような赤い実の乗ったフォアグラのテリーヌ
ティラミスみたいでしょ?
本当に手の込んだ美味なるもの
運転は娘なので、容赦なく白ワインをグラスで頂く母!
ごめんよ・・・でも、お酒抜きではバッカスbarwineのバチが当たるよう・・・

Dsc_0014
ポッテリな椿の蓋物が登場
蓋を開ける楽しみがまた・・・

Dsc_0015
フワッといい香り・・・
サーモンのムース(私の表現では描写しきれない)
ソースも絶品でラスクに付けて舐めるように頂いた

Dsc_0018
次に登場したかわいいシャポーのこの子は・・・

Dsc_0019
サクサクのパイを割るとまたいい匂い
鯛のポタージュがホカホカ登場
パイを崩しながら時に手でむしり取って口に運びながら・・・
個室なのでお行儀悪くても気にならない!

Dsc_0020

お魚料理は素敵な青海波のお皿(好みだわぁ 壺heart04
なんでしたっけ?
鱸?鮎魚女?
お魚の名前、教えていただいたのに、失念.。o○
でも、とにかく美味しい
プレッツェルのような生地の添え物が五線譜のようで楽しい♪

Dsc_0022
ちょっと一休みの氷菓・・・金柑のシャーベット

Dsc_0023
お肉料理はビーフステーキ♪
マッシュポテトのクリームソースをテトっと付けてお肉を頬張る
野菜畑のようにお野菜もいろいろ・・・至福♪

Dsc_0025

デザートの全くの手抜き無し!
すべて手作り
ミントグリーンのお皿の真ん中の白いくるくるしたものは
飴細工・・・

Dsc_0027

たくさん頂いて、美味しいコーヒーと
これも手作りの生キャラメルのおいしいこと!
オランジェットのビタースイートが大好きなのだ

年末の喧騒で疲れていた心身を癒してくれる
こんな隠れ家レストラン・・・本当は内緒にしていたいくらい


隠れ家的フレンチレストラン アデリーヌ さんの吉田シェフ、奥様
そして、娘に感謝!!

にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白黒はっきりつけてよ!ストウブパンプキン

いやいや・・・へんな題名付けちゃったけど・・・
白黒はっきりしないのは私だった

Panp7
昨年のハロウィン商戦で
アメリカのWilliams Sonomaのオンラインショップで見た(見ちゃった)
パンプキンココットのホワイトとマットブラックに
ハートを射抜かれて・・・
白か黒か・・・!!! 選びきれず.。o○

Panp3
自分のボーナス(金一封程度だけどパートなんだから頂けるだけ嬉しい)を
当て込んで、両方・・・
で、無事に届いたのであった

Panp2
ペカペカ、良い光沢の白と

Panp6
相反するパッサパサのマットブラック
うーぅぅぅん
どちらもいい!!

Panp8
もう、収納場所ないって言ってたのは誰?

でも、無理やり場所つくるのも誰?

 

未だに煮込み料理で出番はなく、もっぱらサラダを
ゴチャンと盛り付けるボール替りになってるパンプキンちゃん・・・

にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

河津桜酵母の酒 Sweetest Taboo

Kawazu1
前に勤めていた近所の酒屋さんに
毎年恒例のお神酒を買いに行った
店主のおばちゃんが進めてくれたこのお酒
「割り当てでウチには2本しか入らなかった」と・・・
地元の高嶋酒造のもので、河津桜の酵母KA2541が使われているそうな・・・

名前がかわいい「Sweetest Taboo」
アルコール11度と、日本酒よりも白ワインのようなすっきりした
酸味と上品な甘みを感じる

元旦の夜のホンの序盤でキレイに空っぽになった ( ̄▽ ̄;)

Odori1
この可愛い箱は、弟夫婦がお年賀にと・・・
AUDOREY・・苺がかわいいパッケージ

Odori2
開けてみて「あらぁ、可愛い」
苺のブーケが並んでる

Odori3
ラングドシャにクリームとフリーズドライの苺がちょこん
こちらも甘酸っぱいSWEETなお菓子

いつも気の利いた一品を選んでくれる義妹の
センスの良さを見習いたい・・・

まだまだ冬の最中だけれど、春の足音を聞きに
伊豆の田舎にいきたいなぁぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016☆Christmasのテーブル

毎年、2回はクリスマスパーティーをするのだが
今年は家族の予定も1日に集中できて
1回オンリーのホームパーティーとなり・・・

Xmas3
20170103134130

私特製のバーニャカウダソースでお野菜をむさぼって頂く
箱根西麓産の甘いキャベツ、長野の赤と黒の大根(中身は白)
ロマネスコとグラハラリーフ(酸っぱいけど歯ざわりが面白い)
バケットもソースを付けて頂くのでソースがあっという間に空になる
どうぞどうぞおかわりあるわよ!

Xmas5
釧路の弟からのチルド便の白糠の毛ガニはシンプルに・・・
アメリケーヌソースも市販品で・・・
キャビアならぬ、とんぶりと、トビコとセルフィーユでお洒落して・・・

20170103134234
近所の肉屋さんから仕入れた愛鷹牛のローストは
ほんのりピンクで美味しくできた!
ぎりぎり間に合わせたマッシュポテトはホカホカ
ホースラディッシュか伊豆のワサビと頂く

急いで作った割に美味しいと好評だった夕餉

30%オフに飛びついて買った白ワインが水のようになって
飲めるものじゃなかった事以外、文句なしの楽しいホームパーティ

なんだか、毎年毎年どんどん忙しくなる感じがするのは何故?

自分の作業能力が落ちていてコナセル量が少なくなってるのかな?
もっとテキパキできていたと思うのに・・・
クリスマスにふと自分の衰えを感じる・・・あれれ・・・.。o○.。o○

にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

慌ただしくクリスマス☆準備

相変わらず、時節のずれた備忘録で・・・
過ぎ去ったクリスマス2016の記録

クリスマス25日の日曜日が休日当番の出勤だった私(-_-;)
野戦病院化した医院でひたすらお待たせしている患者さんに
ペコペコと頭をさげていたわ・・・

朝8時から夜8時半まで、休憩無、昼食も摂れずの戦場・・・
クッタクタだ.。o○

Xmas1

そんな訳で、一足早く、23日にホームパーティーをすることにして・・・
事前に用意する余裕もなく、当日に仕込むという相変わらずの
計画性の無さ・・・
でも、近所の肉屋さんで地元のブランド牛の手配だけはしておいた!
でで~ん!
愛鷹牛の上玉よ!1.5㎏の迫力
ニンニク、塩、岩塩をすり込んで 香味野菜を周りに載せて
オーブンにイン 50分から1時間、あとアルミホイルで予熱保温して
冷まして切る!

Xmas2

いつもはお取り寄せの変り種野菜も今年は無し
近所のスーパーで調達した見慣れたお野菜たち

でも、ロマネスコとグラパラリーフ(はりんご)
それと、赤、黒の大根があってラッキー

ちょっと上等なオリーブオイルと、アメリケーヌソースの缶
ケッパーと美味しそうなアンチョビフィレも忘れずに購入

今年もタイミングよく、釧路の弟から白糠の毛ガニがチルドで
届いたnote

3杯をムキムキ・・・カニ味噌と脚の身をひたすらムキムキ・・・

バケットを予約したパン屋さんに取りに行き
バタバタのクリスマスパーティ準備・・・

さてさて・・・どうなることやら・・・

にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金目尽し

Kinme2

静岡の旨い物の一つ・・・
金目鯛!
東伊豆にドライブに行った娘に地元の魚屋さんで
金目を買ってきてもらった(三枚おろしにしていただいて・・・)

お刺身となめろうにして頂いた

Kinme
「新鮮なカワハギもあるよぉ」とLINEがきたので
一緒にカワハギも2枚、下して
肝醤油で頂く(カワハギは身が少しなので一人前が少な!!)

我が家の習慣には「七草がゆ」はないけれど
なめろうは金目の骨の出汁と鰹の合い出汁かけて茶漬けで・・・・

お酒もお米もススンデしまう危険な旨い物なのだ・・・

明日から仕事!
一年無病息災に過ごせますように!
って、新年早々、暴飲暴食の口が良く言うわ!
でも、美味しいものは美味しいお酒と頂かなくちゃhappy02
新鮮な金目が手に入ったらまたつくろうっとnotes

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飲み屋さんのディスプレイじゃないわ!

Dsc02252

飲み屋さんのディスプレイのようなこのボトル・・・
相方の5?歳のお誕生日に私からの贈り物なのよ

ヒオス・デ・ヴィラ蒸留所がブルーアガヴェで丹念に作った
美味しいテキーラが入っているのよ

なんでも、創業者一家の勇気、尊敬と誇りを象徴して
このデザインのボトルを記念につくったそうで・・・

なんと、詰め替え用の同じテキーラは弾丸のボトルに詰め込まれていて
ライフルの方に補充できるのだ

狩猟が趣味の相方は、苦労して近年ライフルの所持許可を取得
なんで、その記念も兼ねて、洒落で贈った

ご満悦な相方は毎晩、チビチビと大事に飲んでる

実は、クリスマス用に弾丸、あと2本用意してある
あまりいっぱいあることを知ると飲み過ぎるからね・・・

どうぞ、事故のないよう、趣味をたのしんでくださいな
毎週末は伊豆の山に行っちゃうけど
春になったら2人でドライブしたいなぁぁ
伊豆の海の道!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自家製トマトの燻製

職場の同僚の親戚のおじさんが
伊豆の国市でトマトを作ってらっしゃる

ハウス栽培のプチトマトなんだけど、これが美味しいの!
農林水産大臣賞を頂いたことがあるそうで
農協に出荷しても、近隣にはなかなか出回らないそう・・・

今年のハウストマトの第一陣の出荷が始まった頃
同僚がどっさりとトマトを持ってきてくれた

なんでも、気温が上がりすぎると、トマトってパクッと
割れちゃうんだって
すると出荷できない→廃棄処分→そんなもったいない!
とりに来いとお声がかかる→同僚宅でも食べきれないので
「もらってください」→「喜んで!!」

で、、あまりにもたくさん頂いたし、とっても美味しいトマトなので
思い切って「燻製トマト」にした


Tomato1
ちょっと前に、和食処で頂いた燻製トマトが美味しくて
その味を思いだしながら、私らしくエイ!こんなもんだろ!って
感じで・・・

Tomato2
杉板の本格スモーク機があるけれど
今回は、手軽なブリキ製の燻製機と電気コンロで

もうもうと煙がでるので
IHの上にコンロをのせて、数時間かけてつくった
あ。。。その前に半分に切ったトマトの水分をある程度抜くという工程も
あるので、新鮮なトマトを早く処理するのが大事だと思う

Tomato4
最初はリンゴのチップで・・・
熱湯消毒した瓶にオリーブオイルに浸して詰める
 

二回戦目は桜のチップで・・・
リンゴがやや香りがつよかったのでかえてみたら正解
桜の方が合うみたい
 

これは便利で、野菜サラダにトッピングしても
チキンソテーに潰しながら絡ませていただいても
お豆腐に載せてお醤油ちょびっと垂らして食しても美味しい
 

初めてのわりに旨くできて気を良くして
お裾分けしちゃったら、我が家の分がこれしか残らなかった^^;

 

またいつでもトマト待ってます・・・(あ、、、それはまずいか・・)

にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストウブがいっぱい・・・

新年あけましておめでとうございます

昨年は、ポケモンGOにはまり・・・
休日のほとんどを海の近くの公園で過ごすという
(私って、こんなだった?)と思わせる半年だった

もともとは収集癖の持ち主だから知ったら最後
とことん突き詰める性質なんだわ・・・

ストウブも同じく・・・
常にアンテナがピッピッと勝手に反応してしまうのだけれど
さすがにもう増やせないし、置き場所ないし・・・って
いつもそう言っては増やしている事実!

おさぼり続きの更新で、すでに3か月程前の備忘録だけど記しておくわ

Gohande

発売されたのは知ってはいたけれど
ネット販売はなかったし、ショップに行く時間もないし・・・
なんて悩んでいるうちにもちろん完売!!

ところが、聞いてみるものだ
秋になって、(そろそろ巷の熱も冷めたかな・・・)と思い
直営店に直接電話してみた

「数点の在庫がありますが、ご存じの通り、
ストウブには個体差がありまして、店頭にあるものは
やはり、皆さん吟味してお選びになるので・・・」

そうかそうか、残り物は傷こそないものの、白飛びとか、ムラとか
まあ、察しはつくわ だから実際見てくださいなのだわ・・・

しかし、その後、定員さんが、
「お急ぎでなければ、今週中に、入荷予定でして
当方にお任せいただけましたら、その中から選んでお送りしましょうか?」

「キャー!!本当?うれしいわぁ」=心の声

「では、2点お願いします」

で・・・La Cocotte de GOHAN 2合用 2点届いたのだ

Gohande2
店員さんのお眼鏡にかなっただけにキレイなストウブちゃん
ちょっと深めの一人用の鍋にもいいかも・・・
たっぷりスンドウフとか・・・

Gohande4
もう、満員御礼の収納棚に鎮座

あ・・下の方、写ってないわね
33cmのチキンココットと28㎝のラウンドココット
それから最下段は28㎝のニタベイユもあるのよ

どうぞ美味しいストウブ料理を作ってくださいって
鍋達が言ってる・・・

寒い季節。。。ことこと煮込んだお料理・・・いいわね

にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花梨酒

もう季節が二つも過ぎてしまった過去の記録が
そのままになっていたので遅ればせの備忘録
相方が職場の庭の花梨の木の実を採って
焼酎とブランデーに漬けこんだのは早一年近く前
Karin

ここ数年毎年のように採ってきては漬けている
他の社員さんは見向きもしないらしい
Karin2

Karin3
程よく飴色になった頃、相方が「漉し」の作業をする
ホワイトリカーの方はあっさりと
ブランデーは少し酸味の効いた美味しい花梨酒ができた

Karin4
辛党の相方は漬けこむ氷砂糖を少な目に漬けるのだが
娘に「ある程度甘くしないとコクが無い」と批評され
今回は標準の甘さに近い分量で漬けたので
トロリと美味しい花梨酒になった

Karin5

ジャーに移して・・・
はい、お疲れさま
Karin6
ソーダストリュームでキツメの炭酸を作って割る
とぉっても美味しい!

Karin7
娘は毎晩「私のガソリン」とか言って
一杯を楽しみに帰宅する

で。。。結果。。。数週間(一か月しないうちに)この状態になる

そして、そろそろ収穫時期を迎えた今年の花梨の実のなり具合を
気にしつつ、相方はまた自腹でホワイトリカーとブランデーを買い
給油するがごとくに、娘と私が空にするという・・・

毎年の連鎖なのだ・・・

にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年のハロウィンの設え

ここ数年、ハロウィンイベントがとっても盛んになったようで
我が家もハロウィンぽく玄関を設えてみた

河鍋暁斎の地獄太夫 のポスターをメインに
そのテイストに合わせて・・・と思ったが
あっという間に時が過ぎ、もうハロウィン目前ではないか!!

Jigokutayu1

Jigokutayu3_2
プエブコ というリアルな鳥のオブジェを購入
烏(からす)というセレクトはウチのばあちゃんには驚きだったようで・・・
上から飛びつこうとしているような烏もリアルでしょ?
二羽の烏、最初から紫のリボンを足に巻いてるけど、あえてそのままで・・・

Karasu1
ルミナラのキャンドルをタイマーセットして
夕暮れ5時になると点灯するように・・・

Kabotya
近所のマックスバリュで買ったおもちゃカボチャを3個ならべてみた

でも、なんだか暖色系なので怖さより暖かさを感じるには
私の独りよがり?

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハロウィンには河鍋暁斎の地獄太夫

昨年のハロウィンの後のセールで
アメリカのショップでポスターを購入した
そして、一年近く押入れに隠していた

Jigokutayu
やっと陽の目を見ることができた暁斎の「地獄太夫」
地獄太夫の図は私の持っている衣桁がバックに描かれているボストン美術館のものと
屏風がバックに描かれたシカゴ・ウェストンコレクションのものと酷似している

我が家のボストン美術館の地獄太夫の方が色彩が柔らかみたい
着物の柄も違う

↓がシカゴの地獄太夫

どちらも一休禅師と骸骨は酒によって踊るという
奇妙な構図

Jigokutayu_sikago

Jigokutayu2

上の着物はボストンの太夫の裾模様(私の所有の方)
シカゴの太夫の着物は黒目の多い配色のようで

Jigokutayu3

骸骨が三味線爪弾いて
踊り狂っている描写がなんとも滑稽・・・頭にのっているのは一休禅師
酒好き、好色なお坊様だったそうで・・・

Jigokutayu4
よく見ると、着物の地紋は閻魔様の冠の紋のような・・・

Jigokutayu5
帯のタレを前に下げて結ぶ花魁独特の「まな板」結びの帯には
お地蔵様のような聖人の絵・・・

なんとも不思議な雰囲気

Jigokutayu6

箸を扇に見立てて舞う骸骨のユーモラスなこと・・・

この画に、一工夫して我が家のハロウィンのディスプレイ

まだ未完成につき、後日記そうと思う・・・

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へにほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストウブでグリーンカレー

Taimesi1
時々、無性に辛いタイ飯を食したくなる
家族全員一致で「グリーンカレー」
ストウブ26センチで大量に(400ccのココナッツミルク3缶使用)作った

もちろん、パクチーは欠かせない!
家族全員パクチー大好きですから・・・画像の倍以上一夜でなくなる

ビールのあては海老煎餅
鯖缶のオニオンスライスのせ

Taimesi2
タイ飯ならば絶対ジャスミンライス(インディカ米)じゃなきゃぁぁ
これもたっぷりと用意

エスニックの食卓にはとくに大活躍の大好きなレックスホテルの旧食器 

あっという間にお米もカレーも完食
もちろんパクチーも・・・

名残の夏ももう早足で秋にバトンタッチ・・・
ちょっと寂しい気もする・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近のわたし・・・

残暑・・・なんて言葉も季節遅れかしらと思うくらい
ブログ更新もさぼりっぱなしで季節が移ろってゆく・・・

私、現在ポケモントレーナーでして・・・
仕事のある身ですし、主婦してますから
日がな一日ストップで他人様のルアーのご利益のご相伴させていただく
訳にも行かないのだが・・・

おかげなのかどうか・・・ちょっとのことなら車使わず
歩く、歩く・・・少し、体重も減ってきた

現在のところ、トレーナーレベル20でアップアップしている
けど、面白い・・・もともと収集癖があるのか、、、
新種を求めて、炎天下でも歩きまっせぇ・・・

パソコン立ち上げるにはクーラーで部屋を冷やさねばならないし
そんなこんなで
配信前にブルグ用に撮ってあった画像もデスクトップに残ったまま・・・

夏も終わってしまうのでここらで季節外れの夏支度の備忘録

Kaigara1
はい、、、どこの海の底でしょうか?
近くにはダイビングスポットでは有名な大瀬崎あるけど・・・

Kaigara2
これ、我が家の玄関の夜の光景

Kaigara3
大きなシャコガイのような器に
枝珊瑚やヒトデを飾って
中にLEDライトを仕込ませてあり・・・
海底のような雰囲気にしてみた

貝の器と枝珊瑚は合成樹脂
ヒトデは天然物
麻の網袋にはぎっしり貝殻が入っているのだ

茅ヶ崎のSEA MOONさん で購入したもので
ここ数年の夏アイテム

✩のライトはクリスマス用のLEDライト

来客の時はちゃんと玄関の灯りつけるけど
普段はこんな・・・エコでもある・・・

やだわぁぁ・・・・夏本番前にアップするつもりだったのよぉぉぉ

にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニューヨークチックなアンティークスケール

Ws0000051
ずいぶん前に、ニューヨーク発の古物や現代物の素敵な
インテリアの提案をしてくださるサイトから購入したアンティークの天秤

Ws0000041
黒い鉄製のフレームに真鍮の皿が左右にのった男気溢れるお姿に
一目惚れしてお迎えしたものだが・・・・・・

Ws0000021
いえいえ、どうして、なかなかの繊細な景色にあらためて惚れ惚れするのである

Ws0000031
5kgまで計量可能らしい

Ws0000011

ブレスの皿も微妙に大きさや深さが違っていて黒いフレームとの対比が
面白いのよね
Dsc01335

ブタペストのドナウ川にかかる自由橋のようなフォルム
Dsc01333
和の古ダンスとも仲良くしてくれている
ブレスの皿に、時折、花を活けたり、季節の果汁を盛ったり・・・

何をしても受け止めてくれる
やっぱり「男気」あふれる包容力のある秤なのだ

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏前の決断

先日、もう5年選手の薔薇、コーデリアとプロスペリティが
葉を落し、幹も枯れこんでしまい可哀想だけれど断ち切ってしまった

弱った木には害虫もやってきて、仕方なく、根本にオルトランを撒いても
根が吸い上げてくれないのか、一向に効果なく
今春は花が終わったと同時に、大嫌いな毛虫の被害が・・・
これには痛い目に合ったことがあるし

鉢植えで、それぞれの鉢にアーチを渡して植え込んでいるため
土替えをすることもできず、
(下の画像が全盛期の2014年の5月の様子)

Dsc00927
左にコーネリア、右の白い方がプロスペリティ
プロスペリティは濃い照葉のはずが
日照不足のせいか、弱弱しい葉になってしまい
鉢植えにしてもう4年経つので無理もないか・・・
「ごめんようぉぉ」「今までありがとうね」と独り言いいながら鋏を入れた

Dsc00941
で、、、カラッポの鉢とアーチがポツンと・・・

何かつる性植物を植えてみようと今考え中・・・

ジャスミン系も良いけれど、毒があるっていうし
今、候補に登っているのは、定家蔓・・・
家の裏庭に何故か定家蔓が生えているので移植してみようかと・・・

常緑がいいなぁぁぁ・・・クレマチスいいけど陽当りがなぁぁぁ・・・
適材適所じゃなきゃ、植えた植物も可愛そうだし・・・
暫し思案中・・・

にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古箪笥に柏葉紫陽花がお似合い

Photo
薄暗い我が家のリビング
夏仕様に配置換えをした
位置換えといっても、庄内箪笥を部屋のウォーカルポイントにすべく
部屋の隅から中央に移動しただけなんだけどね・・・

Photo_2
ここに夏らしい設えをする
庭から最後の柏葉紫陽花を思い切ってカットして活けた
今年は良く花をつけてくれた

Photo_3
コントラスト変えてみたらこんなに白飛びしちゃった

Photo_4
白くてフワッとして・・・

儚い花・・・・ほんの十数時間の楽しみ

来年もまた咲いてね・・・・・・

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ささやかな心がけ@トト姉ちゃんの台所

1
毎朝見ている朝ドラ・・・
「トト姉ちゃん」の台所が気になる

上はオープニングテーマの台所
下は俯瞰の画像
細かいところをみていると懐かしさが込み上げてくる

Photo                                                                          画像 NHKオンラインから
タイル張りの流し台・・・
細竹に下げた手ぬぐい
竈はさすがになかったけれど、鍋もざるも和食作りにはやっぱり重宝な道具たち

1_2
「レトロ」とか「ヴィンテージ」って言われるものが現役だった時代
この質感、、、好きだなぁぁぁ

Photo_2                                 画像 NHKオンラインから
ゆらゆらガラスの保存瓶

Photo_4                                          画像 NHKオンラインから
森田屋はさすがにプロフェッショナルで実用的 
焼き物の長七輪が2台もあるし・・・
タイルの向こう側は洗い場
右はまな板が置かれた調理台
I型、L型、アイランド型、、、これって何型?

Photo_5                                       画像 NHKオンラインから                               
竈もご立派 
Photo_6                                       画像 NHKオンラインから                         
お正月の食卓の風景は今も変わらず・・・
火の元に荒神さん
水道に水神さん
実家の父も正月には白木の平皿に雑煮を
白い酒器に清酒を入れてお供えしていたなぁぁぁ

「ささやかな心がけ」・・・ってドラマで出てきたコトバに
とっても感銘を受けて
私も日々、そんな何気ない毎日を大切に、そこに幸せを感じられるように
暮らしていきたいな。。。と思う

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新じゃが蒸かして@WANABE

Staub_ese
こんな画像で一目惚れしたストウブ エッセンシャルココット
日本ではWA-NABEとかいう商品名のようですな・・・

Dsc02130
我が家のWANABEはホワイト
夏にグリーンカレーやトムヤムクンとか作って・・・と思っていたが
このコロンとした丸みを帯びた形がまさに和の煮物を炊くのにちょうどいい

Dsc02150
松崎のじいさんが作った新じゃがが今年もやって来たので
皮ごと蒸かした
ディロホサウルスの様なエリマキパッカーの道具を仕込んで・・・

圧力鍋は加熱したら、途中あけて具合見ることができないけれど
ストウブはそれ可能
重い蓋で蒸気逃がさないから早く蒸かしあがる

Dsc02151
水っぽくならないしホクホクのあま~い蒸かし芋ができる
岩塩とバター少々、、、
もう、とまらない。。。

ビ、、、ビールもとまらない・・・

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぽうっと・・・・柏葉あじさい

Kasiwaba2
庭の柏葉紫陽花が巨大化した我が家
今年の成長はハンパなく・・・
その花が雨にぬれて痛む前にバッサバッサ切ったわ

Kasiwaba1
ガラスのベースにドブっと・・・

Kasiwaba4
玄関の飾り棚にはチャイナっぽい水盤に・・・
アンティークミシンのSPECIALさんと並んで・・・

Kasiwaba3
庭で咲いている時、暗闇にこの花が高い位置に咲いていると
ちょっとびっくりするのよ

うな垂れて佇んでいるように見えるんだもん・・・

あまり長持ちしないこの花・・・

梅雨入りのしばしの華やぎ・・・

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冷蔵庫買換え・・・日立 相場君のオススメ♪

Reizouko2
でで~ん!!

2002年製のパナソノックの冷蔵庫に退任いただき
730Lの業界最大収納量のHITACHIに交代した

製氷ができなくなり我慢すること一年・・・容量470Lで義母との1/2スペーズ割りで
日頃から収納量が少ないことで、食卓にのせる前のちょい置きのスペースがなくて
むしゃくしゃしていたので、夏のボーナス時期直前のここで
かなりお値打ちになっていたので思い切って!!

と、言っても、元値は(冷蔵庫の値段ぢゃぁないっしょ!!)ってくらいの
高嶺の花だったので、贅沢なお買い物ではある

でも買い替えてよかったぁぁぁ
大きなサラダボウルもサーブするまで冷やしておける
野菜庫もたっぷりだし、何より我が家には欠かせないネギみじんが長持ちすること!!
(プラチナなんちゃらでスリープ野菜室とかなんとか・・・)

Reizouko1
奥行が10センチ以上深くなった(今のキッチンシンクの奥行に合わせてだろうね)
我が家はなんてったって築35年にもなる古家
規格がすべて「3昔前」だからね
巾も88センチ!! でかい・・・

冷蔵庫と言うより、軽自動車のような存在感・・・

グラデーションブラウンのミラーガラスなのであちこちの物が写りこんでるけど・・・・・・・

パナソニックの街の電気屋さんでほとんどの家電は購入していた我が家で
初めての量販店購入の白物

委託の納入業者が苦労して搬入してくれたのだが
その後が・・・・・・・

食器棚との間をずいぶんと開けるので
「こんなに空けないといけませんか?」と聞くと
「大型だからこれくらいは・・・」と言われ
(そうなの?)

ちゃっちゃと納めてお帰りになったけど
(???)
左右のドアが高さが違う!?
取説みてビックリ!だって、脚部に敷くはずのフェルト状のパーツや
工具が入っているではないか?これ、設置時に敷くのよね?
その工具で脚部の調節ネジを絞って左右のドアのズレを調整するらしい
待ちの電気屋さんは、ここまでやってくれて「納入」なんだけどなぁぁぁ

目一杯、工具でネジ絞ってやっとドアの高さが揃った
で、もうひとつビックリ!

取説には左右の設置のすき間は0.5センチで良いと書いてあるではないか!!

設置後の我が家の冷蔵庫と食器棚の間は5.5センチも空いている!!

確かにお値段はお安く提供してくれるけど
こういう細かい点はやっぱり事務的で言い方悪いけど「下請け的」
いろいろなメーカーのもの運搬してるけど
置いていくだけだからなぁぁ

やっぱり、街の電気屋さんのメーカーの商品知り尽くした知識と
技術を量販店に求めてはいけないんだと、実感して勉強になったわ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

陽芽(紀州犬) 二度目手術 療養中です

紀州犬の陽芽(メス・8歳)が二度目の手術をした

右乳腺にシコリがあって、半年の間に大きくなって
「大きくなる進行が早いから悪性かもしれない」と獣医師の診断

一番下部の乳房だからその上の乳腺も切除しなくてはならないかもしれない・・・
そうなると、傷口も大きいし、療養も長くなる・・・と言われて

相方は考えて、今回は下部の腫脹部分だけ切除して
術後、即帰宅、自宅療養ということになった

きっと病院でも手に負えないだろうし・・・
GW、相方は介護一色の連休になった

Dsc02147
外飼いだから、不衛生だし
夜間も観察しなければならないので
急遽、玄関に特設ゲージを作って・・・
黒い格子は、私の薔薇用のラティス
ガムテープでウレタンシートを床に張って
その上のおソソ用パットは初日にぐちゃぐちゃにしちゃった

Dsc02148
間もなく術後一週間
ようやく環境にも慣れてきたみたい

最近では、ここは私のテリトリーと言わんばかりに大そう我が物顔

威張ってもいいから、早く良くなって!

路傍の石ころを飲み込んで腸閉塞で死にかけた  
あれから7年・・・

二度目の手術で、やれやれな陽芽なのでしたぁぁぁ(今日のワンコ風)

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タラの芽

別に暮らしていた息子が戻ってきた
引っ越しの片付けやら何やらでゴタゴタし
病犬の介護もあり・・・
GWは(といっても3日連休だけだけれど)あっという間に過ぎ
画像を整理していたら もう一か月も前の画像が・・・

相方が、春の香りいっぱいのタラの芽を採ってきてくれた
労をネギラッテ、時期遅れだけれど、備忘録に残そう

数年前、お世話になった酒屋のご主人が急逝された時
葬儀が終わってしばらくしたころ、酒屋の女将さんが
「お宅で頂いたタラの芽を天ぷらにして夜いただいて、
 残りを翌朝甘辛に煮て出したら、旨い旨いといって朝食に食べて
 出かけて行ったゴルフ場の駐車場の車中で意識を無くして
 数日後に亡くなっちゃって・・・大好きだったからね、タラの芽」

「まさか最後の食事になるなんて思わなかったけど
 大好きなタラの芽食べさせてもらって本当によかったよぉ」
と、、、語られたことを思い出す

それから、時期になると、相方は毎年、我が家と酒屋さんのおじちゃんの分と
必ず採って届ける

「おじちゃん、思いだして辛いかな、、、」って尋ねたら
「真っ先に天ぷらして、お仏壇に供えるんだよ 大好きだったし
 旨い旨いって食べてた姿を思いだすとうれしいんだよ」って言ってくれた

Dsc02146
今年もまた、そんな時期がやってきて、アッという間に過ぎて・・・

Dsc02144
天ぷらに、胡麻和えも作ってみた

おじちゃん、タラの芽の時期になるとおじちゃん思いだすよ

どうか、安らかに・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストウブ鍋や調理道具の収納 ちょっと変えてみた

ここ最近で、鍋が増えた
ことに重いストウブが主だから、これ、、、ヘビー級だわ
20160410155411_2

で、、、ストウブ 三姉妹 がやってくるまでは、
下のようなワイヤーラックがストウブさんたちの住処

そのすべてをこの細い支柱が支えているのだから
改善の余地ありでしょう?

Dsc01979

クックパットお料理教室のキッチンの様子を紹介したページ(下記3枚の画像)

とっても合理的で、素敵な収納なので
羨ましいし、参考になるなぁと感心している私
Staub2

講師のアイデアで作成された作業テーブル

重量があるストウブ鍋は、収納場所をちょっと選ぶ
あまり高い位置では危険だし、
低すぎても持ち上げる時大変
Staub3
これくらいの位置に収納すると負担なく取り出せる
何と言っても 着席した位置から良く見えて
自慢のストウブ鍋を飽きずに眺めていられる

Staub1
かといって、すぐに真似できるわけではないので
いつか、キッチンをリノベするときの参考にしたいと思い・・・・・・

リノベなんて無理だから、ひとまず、なんとかせねば

Dsc01976
築35年の我が家のキッチンはステンレス張りの実用一点張りのI列型
腰下の琺瑯扉は、レトロなアボカド色で(当時、流行ってた)
ねじが腐ってとれちゃってるけど
百均グッズを屈指してそのまま使っているんだから・・・
ゆえに、良く使う道具は原則、外出し

Dsc01981

流しの左側はトースター(ポップアップ)バイタミックス、炊飯器などの小型家電
息子が独り暮らしをした時のお下がりのステンレス棚(ディノス)が
お下がりながら、今、重宝してて、有元葉子さんオススメの
ラパーゼのザルやボウルの置き場所
左奥上段の竹ザルは亡き父の遺品
コッパーカラーが美しい炊飯器の窯はボウル替りに活躍中
普段使いのグラスというかコップは
ディノスのグラスハンガーで収納

もう、ステンレスの出窓部分にも鍋の置き場はない!

で、、、重さに耐えうる+あまり高価でない+ストウブを並べて違和感ない
そんな収納棚を探していた

で、、、ディノス でみつけた

パントリー用だから杉の無垢でとにかく頑丈
1段、50キロの重さに耐えるというから・・・
ヘビー級ストウブも大丈夫!! 何個でもキヤガレ!!

Photo

電子レンジの下の白いローラートップは
義母のいろいろな物(食べかけのお菓子やパン、サプリ等々)を
入れていただくように同じくディノスで購入
(洗濯バサミで口閉じて、その辺りにちょこちょこ置いちゃうのよ(;´∀`))
Photo_2
最下段の木箱はワインの箱
フライパン類を収納することに ピンとヒラメイテ・・・
Photo_3

箱の中には、本立てが2個フライパンをしっかり立たせてくれる
案外取り出しやすくて自画自賛!

あぁぁ。。。でも、パントリーのあるキッチンが欲しいなぁぁ
こればっかりは「キッチンリフォームしてアピール合戦」しても
無理なお話だわね・・・

でも、自分で使いやすく工夫した35年物の台所も
とっても好きだよ

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ル・クルーゼ プチフルーツという名の・・・

成田税関を通過しましたって知らせが来た翌々日・・・

ピンポーン♪ 玄関に宅配便のお兄さん

アメリカのウィリアムズ・ソノマ からの国際便

Rukufruit
ジャジャ~ン♪

Le Creuset Signature Cast-Iron Petite Fruit Dutch Oven♪

Rukufruit2

え?いくつめの鍋かって?

Photo
実は フランスのマリールーという名のお皿  ↓

Mary_lou1
それによく似た鍋があることを知って
ずっと探していたけれど・・・
よく見れば、違うわね(笑)
でも、トリコロールなところは同じ
故郷も同じ・・・

Rukufruit3
このレディーの為に空けておいたスペースに鎮座・・・

機能性なら断然ストウブなんだけど ル・クルーゼのビジュアルには
コロッとなってしまうのよ

このレディーはやっぱりスープがお似合いかな・・・

24センチなのでカレーも肉ジャガもちょうどいいサイズ感なんだけど
なんだか、オスマシちゃんだから、コーンスープとかポタージュとか
そんなんが似合う・・・気がする・・・別格お嬢鍋とでも言うんかな・・・

でも、地色がクリームがかってるからヴィンテージの雰囲気も・・・

とにかくニマニマ・・・

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村       

 にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスローズとアンティークミシン

Dsc02135
一重の地味ぃぃぃなクリスマスローズを全部切って
アンティークミシンSPECIALさん の隣に・・・

Dsc02134
日蔭の我が庭にも早春の色を添えてくれた
かわいいケナゲなクリスマスローズ

Dsc02137
セピアな色味がぴったり
うち・・・玄関も日蔭なのよねぇぇぇ

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストウブミニココットで茶碗蒸し14ココットでアヒージョ

相方から、結婚35周年と5?歳の誕生日の祝いにもらった
ストウブ ホワイト 三姉妹 によって

Staubh32_3

10センチココットミニが家族5人分揃った♪
Staubmini1

今までは 足りないひとつは一回り大きな
シャスールのラウンド10センチ で代用していた
(左の黒いつまみがシャスール)
これはこれで可愛いのだけれど・・・

Photo_5

鶏肉と蒲鉾と人参・・・
冷蔵庫にちょうどあった材料で急遽作った茶碗蒸し
Photo_6
相方の大好物なんで・・・「ありがとう」の気持ちも込めて・・・
ちょっと卵液、固かったけどね・・・

Photo_7
酒の肴は北海道のわかさぎを見て決めた!
アヒージョ!!

アヒージョは魚に限らず、野菜オンリー(アヒージョっていうのかどうか・・・)でも
とっても簡単で美味しい

最近、時間のない夕餉にたびたび登場して定番化しつつある
これはストウブ14センチのラウンドで2人分

ディルがなかったから細ネギで代用
でも、おいしいよ~

なんだか、最近ストウブの話ばかりしている気がする・・・

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストウブ26ホワイトで肉じゃが

ストウブ ホワイト 三姉妹 が届いて
早速、26センチで肉じゃが作ってみた

Staubh32_2
我が家の肉じゃがは玉ねぎどっさり
男爵6個に対して大きな玉ねぎ3個
Photo_2

で、、、砂糖は沖縄の黒砂糖の粉を使う
なんか、意外とあっさりした甘みが好き

Photo_3
残業して遅くなってしまった夜も
ストウブならアッという間にできちゃう
3個分の玉ねぎはあっというまにトロトロ
水は呼び水で50ccくらいしか入れない

Photo_4
冷凍庫の造り置きの焼き豚と大好きパクチー
1尾¥398のキンキを塩焼き(頭しか見えてない)

忙しい夜も煮物が一品あるとなんだかホッとする・・・

肉じゃがの煮崩れを汁ごとごはんにかけてススって食すのが大好き
明日の朝はその肉じゃがススリ飯が楽しみ♪

いっぱい活躍してもらうわよストウブさん

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の便り タラの芽どっさり

Dsc02139相方は早起き
狩猟で庭のように熟知している伊豆の山へ・・・

季節のお楽しみ♪

タラの芽をどっさりリュックに背負って帰宅

Dsc02142
「でかした!!」
この3倍以上あって、ご近所にお裾分け
さらにその同じくらいのリュックいっぱい分を帰りがけに
叔父の家に置いてきたという

早速今夜は天麩羅♪てんぷら♪

と、、、ところが・・・
なんか、息づかい荒いよ 相方さん
「だるい・・・風邪だ・・・午後から寝る・・・」

あらら。。。数日前からコショコショ咳してたなぁ・・・

汗びっしょりになって春の味覚を採ってきてくれて・・・
ありがとうね

旬の物だから、来週では遅いからと 無理に今日行ってきたみたい

早くよくなってくれぇぇぇ・・・

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストウブ ホワイト 三姉妹@誕生日の贈り物

夢にまでみたホワイトシリーズのストウブが
目の前に3個ある!!

また買ったの?
いえいえ・・・これは頂き物で・・・

Staubh3
相方が ほわいとでい の時にぽそっとこぼした一言の意味が
ようやく解った

「アクシデントがあって・・・」
続きは「・・・誕生日のプレゼントが間に合わなかった」ということだったらしい

ワインもらったし、それで良かったのに・・・いやぁ、参ったなぁぁ

結婚35周年の記念の贈り物でもあるとな・・・

Staubh32
一度は注文受理されたものの、「転売目的」と判断されて
知らぬ間にキャンセルされてしまったそうで
サイトからは何の知らせもないまま・・・それが異国・・・
国内じゃ考えられない仕打ちじゃ!
意義申し立ても通らなかったらしく、仕方なく他のサイトでやっと購入
空輸でやってきた三姉妹

Staubh33
左 エッセンシャルオーブン
右 26センチ ピコココットラウンド
奥 10センチ ピコココットミニ   あぁぁぁぁあぁぁぁ(狂いそう・・・)

相当したのだろう・・・財布は大丈夫?
「なんだか、セールとかで、ほとんど20%割引だった」らしいっす

10センチミニちゃんは4個持ってるけれど家族分なくて
もうひとつ欲しい欲しいって言ってたから・・・

さては、、、私のブログ、、、見てるんかな?
あ・・・情報源は娘か?

ま、、、良い良い

ストウブ買うて キャンペーンが見事に成功した!!

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村       

にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冷蔵庫のCMのキッチン@パナソニック

最近の気になるCM

パナソニックの冷蔵庫の・・・

Ws000003
「おかえり・・・」

って、西島秀俊さんが旦那様で にこやかに
しかも、夕食をつくって、キャンドル燈して迎えてくれる

キャ~羨ましいシチュエーション!!
サイト→ふだんプレミアムいろいろ動画 には、他のバージョンの動画もいろいろ
一週間分の食材を家族で下ごしらえして保存するアイデアや
友人を迎えてもてなすシャイな西島さんや・・・綺麗な画像が観られる

ま、、、それはそれで・・・

気になるのは、キッチン

Ws000025
ほどよくアンティークというか、ヴィンテージ感のあるキッチン
冷蔵庫右の棚とグレーのチェストの雰囲気好き

上はカタログ上のキッチンの写真
CMのキッチンはちょっと違うレイアウト

ふだんプレミアムいろいろ動画 の中には
CMのキッチンで 西島さんが「見せるキッチン空間」の提案を
動画で紹介している

こちらはグレーのチェストがないキッチン
Ws000024
Ws000019
壁にシャビーな棚をつけて・・・

Ws000020
食材を見える収納で・・・容器のテイストを揃えて・・・

Ws000028

ペーパーナプキンのホルダーのくすんだブラスの感じ・・・いいわぁ・・・

白いタイルの壁も 吊るす収納でコダワリの道具を選ぶ楽しみも
私が好きなテイストのキッチンに近い映像

西島さんのお姿とともに、後ろのキッチンにも目がいってしまう

あ・・・もちろん、600L越えの大型冷蔵庫も気になるわよ!

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春 桜を楽しむテーブル

住まいの事、全般に参考にさせていただいてるHouzz

季節の設えも刺激を受けるのだが
最近、桜の話題の記事で素敵な提案があった
こんな素敵なお家が夢だけれど
 
家族だけの食卓でもちょっと季節を楽しむ工夫・・・
 
素敵だなっと思って・・・(画像はすべてHouzzから)

Photo

Photo_2
細長い皿に苔球を幾つか寄せ置きして・・・
 
Photo_4
染付の骨董の器もはんなりして素敵
 
Photo_3
紐を解くと和紙に包まれたお弁当
 
桜ごはんに菜の花
筍やお野菜もかわいいアシライ
 
 
家ならロゼワインが不可欠!
 
 
真似てみたいという気持ちはあれど・・・
年度換わりのこの時期はひっちゃkめっちゃかなのだ
 
ゆっくり季節の移ろいを楽しみたいわ・・・

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駿河のうまいもん☆オイルサバディン

ちょっと前のこと・・・
娘が地元のホトロゲに参加した
聞いたことのない単語でホトロゲイニング って何?

さんざん歩いて筋肉痛のひどいやつ!になってヘトヘトの数日を
過ごしていたが「とっても楽しかったぁ♪」らしい・・・

協賛の沼津市から参加者にプレゼントがいろいろあったようで
中でも、オイルサバディン がとっても旨かった

ちょっと焼き鳥で母子で一杯して、帰宅後のもうちょい足し呑みに
「そうそう、これ、食べよ」と缶を開けてチビチビ

Saba
「あら~美味しいねぇ」
フワッと薫るスモークのかおり
軽く塩味が付いていて、箸でチビチビ
ハイボールをクピクピ♪

やだわぁ クラッカーかフランスパンでも用意し頂けばよかった
(おしゃれにねぇ・・・)

大の女性二人がカワリバンコに缶をつつく姿って・・・見せられません

1
HPにはいろいろアレンジ方が・・・
どれも美味しそう

これ、、、結構なお値段
でも、骨が一本もなく、魚臭さもなく、背青魚の苦手な人でも
きっと美味しく頂けると思う

今度、市外の方に何か差し上げる時に選んでみようかな・・・

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

独りの夜もストウブ・・・

Dsc02075
今夜は独り・・・
相方も娘も外食・・・
で、、、私はひとりでストウブで鍋
自分ひとりだと、ダメね・・・
冷蔵庫のあり合わせで、、、トリマ・・・だもん

キャベツとネギとエリンギ+豚肩ロース
大好きなパクチーはたっぷりと
寒い夜にはキムチィィィ!!

Dsc02076
ニコヤカナグラスは息子と彼女からのプレゼント♪

オーバルストウブのオリーブが癒しの夜・・・

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

記念日に極上のディナー@アデリーヌ

私達、夫婦、結婚35年を迎え、娘と息子が
記念日ディナーにと 極上のフレンチを用意してくれた

隠れ家レストラン アデリーヌ がその舞台・・・
裾野の山奥に、ひっそりと佇むレストラン
アデリーヌときいて、リチャードクレイダーマンの「渚のアデリーヌ」を思いだした

S

Dsc020141

ディナーは基本、一組貸し切りの贅沢な時間・・・

Dsc02015
しっとりと露を纏った寒椿があしらわれた塗りの長尺箱に

Dsc02016
見目麗しい前菜・・・・・

Dsc02018

Zensai

お箸と日本酒で味わう安心感・・・

しっかりフレンチがベースの前菜に舌鼓

Dsc02028

高坏皿に盛られた駿河湾の海の幸
初めていただく「熟成本マグロ」  うぅぅ~ん んまい!

Dsc02027
カウンターの中のIHの上にストウブが!
シェフも愛用するとは聞いてはいたが
実際、目の前の黒々マットブラックのストウブはかっこいい!!

Dsc02034
シェフがベルギーで見た大きなサイフォンに発想して
なんと、スープをサイフォン仕立てで供するという一品

Dsc02035
スッポンの濃厚なスープが干し貝柱と昆布が仕込まれた左のグラスにポコポコ・・・

Dsc02037
手元の吸い口には下処理したすっぽんが入て、タンクからスープを注ぐ趣向
それはもう旨味のオンパレード

Dsc02040
蝦夷鮑と帆立の燻製が茶箱で供された
蕎麦米リゾットに菜花のフリット 肝醤油を絡めていただく

Aburi
あぁぁ。。。いつまでも食べていたい(笑)

Dsc02043
金柑の氷菓・・・

Dsc02046
肉料理は静岡育ちのサーロインのポワレ
季節の香りいっぱいの野菜とともに・・・

Dsc02051
こんなにたくさん頂いたのに・・・ご飯はまた別腹・・・の穴子ごはん
Dsc02053
コレクター鈴木常司のモネの美へのまなざしをアレンジされたのか・・・
味わいの異なるデザートが楽しい
飴細工のスティック デコポンシャーベット 和菓子の求肥を使ったものも・・・
楽しい 美味しい 

Dsc02057
食後のお楽しみはコーヒと小菓子
濃厚なキャラメルとホワイトチョコのオランジェもシェフの手作り

Dsc02058
濃密な時間を過ごした夜・・・
心もいっぱいになった

数日が過ぎて 心と舌に焼き付いた極上のもてなしを
また味わいたいと欲している自分・・・

自分や家族にご褒美に・・・
訪れたい隠れ家レストラン

子供たちよ ありがとう!!
それから。。。相方さん、今後もよろしく!!

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラフテー@ストウブ

Kakuni1
ストウブ オーバル31でラフテー煮た
我が家の角煮は泡盛で下ごしらえ
油っ気を極力取り去る
かわりに昆布出汁を効かせて・・・

Kakuni2
まだまだ夜は寒い 湯気がホワホワ.。o○
手前は豆腐のオツユ
珍しくセリがあったのだよ 近所のスーパー
(イ○ン系列のスーパーであるゆえ、定番の野菜ばかりの品揃え
 昨年の夏、リクエストして「夏場だけでもパクチー入れてくださいって
 お願したら、なんと、それから 一週間に一度、3袋入荷するようになった
 我が家が購入する率高い!皆さん、パクチーお好みで無いとみえる)

あ、、、で、、、セリも珍しかったので・・・
Toufu1
あつあつふはふは・・・こちらは厚削りの鰹出汁

Kakuni3
さっぱりラフテー♪
西伊豆の漁師町の骨董屋で、母に買うてもらった ベロ藍のポッテリ鉢がお似合い

う~ん 泡盛にあう・・・・・・・ 当たり前!

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほわいとでい

Wd5
大きな花束抱えて帰宅した相方
あれれれぇ・・・

Wd2
かわいいアソートチョコ

Wd3
「もう、数時間で明日だからいいやん」って
一日後の誕生日の分も・・・

Wd4
一緒に・・・

Wd1
おぉぉぉ・・・久々の上等なワイン
(テーブルワインを常飲する私にとっては年号の入ったワインは上等の上!)

とっても気恥ずかしい・・・
ほわいとでいと5○歳の誕生日のダブルHAPPY♪

本命の贈り物がアクシデントで届かないそうで・・・
???なんだろうね???

でも、うれしい×2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロールキャベツ@ストウブ

ストウブ欲しいアピール作戦はまだまだ続行中

「なんか、やけに多くない?最近、、、」

やっと娘は感づいた・・・

地元産の美味しそうなキャベツみたら食べたくなったのよ

連日残業で、帰宅19時ちょい前で、買い物して超特急で
ロールキャベツ作る私って・・・

Kyabe1
12個のロールキャベツをニタベイユ(28)にぎゅうぎゅうに並べて
コンソメ入れてローリエ浮かせて
蓋してコトコト・・・20分位かな・・・

Kyabe2
ほわっほわのあっつあっつ♪
もう、この他には なんもいらねぇぇ.。o○

Kyabe3
ところが、ナイフを入れて!!(しまったぁぁぁ)

”合いびき肉”で作っちゃことに、ここで気付く私
我が家のロールキャベツは”豚ひき”+玉ねぎみじん+ごはん・・なのに

牛入るとちがっちゃうんだよねぇぇ
出汁も、食感も・・・
まぁまぁ・・・・・これはこれで大変美味しゅうございました

Kyabe4
最近、おダイエット中の娘は
「私のは明日の朝にとっておいて」
って言うので・・・ヴィンテージシリーズ オリーブ にお取り置き

はい、しっかり、朝食に、大きなロールキャベツ3個平らげて
いってきま~す♪

鍋どん・・・まだ続くのだ・・・

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東日本復興支援ソング♪アニメスターに感動!!

  

「赤毛のアン」「AKIRA」「あしたのジョー2」「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」「宇宙戦艦ヤマト」「うる星やつら」「科学忍者隊ガッチャマン」「機動戦士ガンダム」「巨人の星」「クレヨンしんちゃん」「けいおん!」「劇場版ポケットモンスター」「劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~」「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊 2.0」「サスケ」「ジャングル大帝」「進撃の巨人」「新世紀エヴァンゲリオン」「009 RE:CYBORG」「タイムボカンシリーズ ヤッターマン」「ちびまる子ちゃん」「鉄腕アトム」「ドラえもん」「ドラゴンボールZ」「NARUTO -ナルト- 疾風伝」「忍たま乱太郎」「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」「火の鳥」「ふしぎの海のナディア」「ふたりはプリキュア」「フランダースの犬」「魔法の天使 クリィミーマミ」「未来少年コナン」「名探偵コナン」「妖怪ウォッチ」「ラブライブ!」「ルパン三世 カリオストロの城」「ONE PIECE」
(五十音順、全38作品)

あぁぁ・・・でも、この動画消されてしまうんだろうなぁぁ・・・

すごく感動したから、もっとたくさんの人に知ってもらいたいんだけど
著作権とか・・・

純粋にとっても心に響きました

だから、消えてしまっても、、、ちょっとの間だけでも・・・・・
ご覧になってほしいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有元葉子さんレシピのピッツァイオーラ作った

ディノスプレミアムの巻末の
大好きな有元葉子さんのイタリアンなお料理を
真似て作ってみた

これは本家のピッツァイオーラ画像↓

Photo_3
3パックまとめ買い安売りの豚肉
玉ねぎ、椎茸、ピーマン、ミニトマト、バジル
(野菜は季節のもので、夏野菜なら、ズッキーニや茄子もいいかも)
市販のトマトソース
チーズ
後は、オリーブオイルとにんにく

Photo_4
有元葉子さんの鉄のフライパン 登場

オリーブオイルでニンニクを熱して玉ねぎを炒め
IHやガスでの加熱はここで終わり

トマトソースで玉ねぎを隠して
薄切り豚肉をまんべんなく広げ塩コショウ(味付けはこれだけなので多少強め)
肉の上にまたトマトソーズを広げて
塩コショウ、タイム、唐辛子の輪切り、椎茸、ピーマンをのせ
薄切り肉をまた広げ
塩コショウ(肉のミルフィーユ状態やぁぁ)

材料の量によっては、これをまた繰り返す
我が家では肉が三層になったわ

最後にトマトソースとチーズを広げて220度の予熱したオーブンで加熱
肉に火が通ったら素揚げしておいたバジルをのせて鍋ごと食卓へ
熱々を頂く

Photo_7
今回の失敗はチーズの選択
袋入りの「チーズ屋さんのとろけるチーズは良かったけれど
冷蔵庫のリコッタを早く食さなければと
こちらを輪切りにしてのせたけど・・・・・
思っていたようにトロケナイのね・・・リコッタって
(本当は、ラビオリにするつもりで買い置きしておいたもんだから・・・)

Photo_5
でも、でも、、、ホボホボおいしそうでしょ?
本家とのビジュアルの差はアリアリだけど・・・

Photo_6
オリーブ漬け輪切りも入れたらアクセントでよかったかな?

豚肉でなくても、スズキとか、たらちゃんでも良いかも

ちょっと気温が高くなった今日この頃、冷えた白ワインも合う

鍋ドンメニューの多い最近の我が家
アピール合戦は続行中(今回はストウブじゃないけどね)

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストウブでチキンのポン酢煮

いつもチェックしているサイト で超簡単なメニューの紹介があったので
早速作ってみた

手羽元のポン酢煮だ!

Staub_red

サイトではレッドのオーバルで少な目の量での紹介
我が家では31センチのココットに手羽元20本並べて
昆布ポン酢一本をドバドバ注ぎ、蓋して
加熱して30分位・・・

程よく煮詰まったら完成!

超簡単
その間にサラダや副菜をチャッチャと作れば
酒のツマミにも(どちらかというとご飯に合う)残業DAYでも間に合う

味見して、ちょっとコクが欲しかったので
スイートチリソースを大さじ3杯ほど加えてみた

Photo
鍋INの画像忘れた(食い気が先にタツ)
本当は、パクチーたっぷり添えたかったのだけれど

Photo_2
前夜の、スンドゥブ(14センチココット使用)にパクチー全部使ってしまったので
白髪ねぎで♪

ホロホロ身離れも良く、ムシャムシャかぶり付き、
軟骨まで、コリコリ・・・
おっと、、、尿酸値が!!

クワバラクワバラ(;´∀`)

毎晩のようにストウブが登場するこの頃
「ストウブ 買うて」アピール作戦は続く・・・

にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芳泉荘という今は無い宿

先日の母子旅@修善寺 二日目 で訪れた東府や 
オサレな ベーカリー&テーブルの先に
古い橋が架かっていた

その向こう側に佇む日本家屋が気になって
丁度、通りかかったスタッフに「これから先は宿泊の方意外は
お邪魔できませんか?」と尋ねると
「どうぞ、中を散策してみてください。大正館 芳泉も間もなく開店しますので
是非、ご覧になってください」とすすめて下さった

Dsc01921
古い橋を渡ると・・・・・

Dsc01922
なんだか、幼少期を過ごした懐かしい我が家の佇まいに似た古びた瓦屋根・・・

Dsc01930
ここがスタッフが是非とオススメしてくださった大正館芳泉だったのだが・・・
中での様子は母子旅@修善寺 二日目  に記した

ここは、数年前まで 愛されていた温泉宿だったことは
帰宅してから知った

2010年7月末で営業を停止した宿 「芳泉荘」

この山里の温泉宿をこよなく愛する方々が多くいらしたことも知った

Housen1

Housen2

Housen3

Housen5

あるご夫婦の記録 
忘れることができない初恋の宿・・・
と素敵な(本当にこのお宿を愛してらしたんだな)と感じる記録を残された 
タビエルさん の記事でみてとれるように、とてもファンの多いお宿だったようで・・・・

こんなに近くにいても、知らなかった事実

芳泉荘は、今、経営者も交代し、新しい観光施設として
生まれかわったわけだが
今も、訪れた旅人を懐かしい郷愁の世界に誘ってくれる場所

伊豆にいらしたら、是非、寄って見てほしい場所

Dsc01929
造りものでない、本物のレトロがひっそりと息づいてる

赤いランドセルと、母の手縫いの上履き入れを振って
給食着の袋に、食べ残したパンがカチカチになって出てきて
近所の池の鯉にセッセとあげてたあの頃を
思いだして、センチになった私

宿の紹介の動画が残っていた
本当に行ってみたかったな

私にとっては、知ることもできない「片想いの宿」となった

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストウブ ヴィンテージ テリーヌ オリーブ☆彡

最近、ストウブを良く使う

何故なら・・・

もうすぐ、誕生日&結婚記念日がやってくる私は
なにげに「ストウブ、欲しいなぁぁ・・・こんなに美味しくできる鍋ないもんなぁ」
と、アピールを怠らない

相方からそんなに高い贈り物頂けるほど、お小遣いも多く渡してないので
あがき、、というか、願望?だけのアピールなんだけれど・・・

ですが。。。フライングゲットというか・・・
自分で自分を褒めてあげたい!的な発想のもと、
お迎えしました!新しいストウブ!!

Staubpineheader2
アメリカの  Sur la table のサイトで紹介されていた画像で一目惚れ

Staubterrinedetail
艶やかな深い緑
苔色とでもいうのかな・・・

Sur la table では「PINE」=松という名称
確かに深い松葉の色だわ

Pine
日本ではヴィンテージシリーズの「オリーブ」という名に変わって発売されている
伊勢丹のショッピングサイト 等で販売中

Staubterrine
オリーブっていう感じより、パイン=松の方があってると思うけど
和名のストウブ色って・・・ないもんねぇ
PINEも馴染みが無いし・・・
現行の「バジルグリーン」より 黒っぽくて艶っぽくて 深い緑色

何故かバジルグリーンはトキメカなかったけど
PINEにはやられてしまった

Dsc01956

Dsc01955
お輿入れになったストウブ ヴィンテージ テリーヌと
先輩格のベッコフ鍋を並べて記念撮影
このお二方、「同郷」なのですよ

ベッコフもストウブもフランスのアルザスのお生れ・・・
先輩のベッコフはパン屋の竈という意味のお鍋で
中に野菜やお肉を入れて、朝、パン屋に預けると
パン生地で鍋を覆って、パン窯の残り火でじんわりと調理されて
仕事を終わって帰宅するときには、おいしい料理が出来上がってるという
なんとも、郷土色強きお鍋さん

我が家では、テリーヌより、ラザニアやポトフで登場する
IHの直火には対応していない、土のお鍋さん

Dsc01960
PINE=オリーブは、何だか和の食器にも合うような気がする
こっくりした緑が、織部焼のような・・・・・

Dsc01962

今のところ、長めのアスパラ等の野菜の蒸し煮や
私の昼食の窯揚げうどんやひとり鍋に利用中

いつか、相方が獲ってきた伊豆の猪肉で本格テリーヌを焼いてやろうと
思うのだが・・・

フライングしたとはいえ、プレゼントは絶賛受付中につき
今夜もアピールは怠らないわよ!

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへにほんブログ村 にほんブログ村 花ブログ 小さな庭へ にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七福神の小皿と日の丸皿@修善寺

母子旅@修善寺 での出逢い
昼食にお邪魔した蕎麦屋「独鈷蕎麦 大戸」さんで
「このあたりに骨董を扱うお店はありますか?」と尋ねて
教えてもらった「生村民芸館」に行ってみた

P3227_4

P3227_3

P3227_2

上記三枚の画像は観光案内のHPから拝借
温泉街のメインストリート?沿いにあって教えていただいたお蕎麦屋さんから
徒歩数分

100円から見つかる骨董品てキャッチフレーズの気さくに入れるお店
美しいお2人のお姉さまが対応してくださった

西洋、東洋の大物から御猪口やアクセサリーまで店内にいっぱい
Dsc01945

で・・・・・出逢いの二品がこれ!
不思議な日本国国旗が描かれた皿と七福人の小皿

Dsc01942

Dsc01943
漫画チックな七福神の小皿は5枚セットで2,500円
お正月や雛祭り・・・おめでたい時にいいなぁと思い、お迎え

Dsc01948
一枚しかなかったのだが
とてもユーモラスな中皿¥2000
Dsc01947
日の丸と桜の模様
海軍の御用達?かと思ったわ
矢絣に桜ってすごく和だし・・・

Dsc01946
デデンと真ん中に鶴亀!

なんとも目出度いこと!

さて、、、何を盛ろうかな・・・

本当は、平安堂の素敵な漆器の揃えがあって
朱塗りの銘々重みたいな・・・
卵型で蓋をとると中仕切りと下部の碗との3点に分かれる仕組み
模様も松と松ぼっくり・・・かわいい!と思ったけど
3万円也はちょっと無理だったので・・・断念
でも、元値は5万だったから、買えばよかったかなぁぁぁ・・・

車飛ばして行こうかな・・・・・

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南伊豆は桜満開

Dsc01970
伊豆半島の南端・・・下田よりももっと南に
賀茂郡南伊豆町がある

青野川の川べりに河津桜の並木道があって
相方と毎年訪れている

日曜日、開花情報を毎日チェックしていた相方が
「今日しかないぞ、来週には散り始めてる」と、訴えるので
体調はすぐれない中、無理してでかけた
Dsc01967
先週まで、鹿や猪を追っかけ回して伊豆の山々を庭のようにしている相方ゆえ
普通の国道を通らない
林道を(くにゃくにゃ曲がりくねって、やたら狭い、片側は谷底)
走りたがる
お蔭で、すっかり気持ち悪くなってしまった私

Dsc01964

でも、快晴の春の伊豆の風にふれたら
すっかり気分も晴れた(薬のお蔭でもある)
Dsc01973

観光客が多い九条橋より上流の湯けむり橋方面の桜の方が
なんだか花付きが良い・・・

Dsc01974

Dsc01975
河川敷にも人影少なく、オススメ

Dsc01969
かなりの風が吹いていたので、もう、花びらがハラハラと散り始めて・・・
「泊りで夜桜も愛でてみたいね」
「いつかね・・・」

近くでいつでも来ることができるから・・・
娘との母子ふたりの 修善寺旅行 と同じセリフ

行きたいときに行くのが一番よね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母子旅@修善寺 二日目

娘に誘われて一泊の修善寺旅行
昨日に引き続き、好天の二日目

今日は、娘の提案で吉奈温泉の東府や リゾート&スパ の
Bakery&Table に美味しいパンを求めて・・・

足湯しながら美味しいカフェメニューをいただける人気スポット
素晴らしい藤棚に花が咲く季節は特におすすめ

Img_bakery01

Img_bakery03Img_bakery02

Dsc01917

あいにく、足湯は満席、オマケにタイツの娘は入湯は無理なので
テラス席で早めのランチ

もう、選びきれない美味そうな大人のパンのオンパレードで
土産にいっぱい買いこんで・・・・・・

Dsc01915

実は、ホテルの朝食をガッツリ頂いたので
あまりお腹も空いていなくて・・・竹炭のサンドイッチを・・・

Dsc01928
腹ごなしにホテルの敷地内を散策

大正館 芳泉で噂のソフトクリームを頂こうと開店を待ち・・・
レトロな趣の和と洋の不思議な雰囲気の館
Dsc01930

Dsc01933
カフェの中はこれまたレトロ・・・

Dsc01935
テーブルも椅子もいろいろな物が・・・
好きな席を選ぶ楽しみ
Dsc01936

Dsc01937

Dsc01938
二階への階段は、予約のゲストしか入れないようで・・・見たかったな・・・

Dsc01939
もと、旅館だった建物をリノベーションしているので
不思議な雰囲気の館内
小窓の目隠しもトワルジョイのカーテンが・・・

Dsc01940
ネオンサイン・・・懐かしくて何だかタイムスリップしたみたい

Dsc01932
これがラングドシャのコーン(というのかな)にミルク濃厚なソフトクリーム
こっくり、甘くておいしゅうございました(ボケボケ画像(^^ゞ)

大正館芳泉の前身だった「芳泉荘」というお宿が
みょうに心に引っかかり、ちょっと調べてみた

かわいい骨董の土産話と芳泉荘についての詳細は後日・・・

早春の伊豆の旅はあっという間の楽しい二日間
娘よ、こんな企画ならいつでも付き合うわよ!

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チョコっと

娘が張り切って手作りしたチョコケーキ
お毒見に一切れまわってきた

Cake
濃厚なチョコレートケーキにエスプレッソ

昼食後のデザートにぺろりと・・・・・

娘、この他にも三種のマカロンを力作
てっきり意中の殿方が!!と喜んだのもつかの間

「めったに逢えなくなっちゃう○○ちゃんとその彼氏に
 お餞別かわりだよ」・・・・・・○o。.

娘が本気で心伝えたい殿方ができるのはいつのことだろう・・・

にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«母子旅@修善寺